【帰宅ラッシュ】都営新宿線の夕方・夜の混雑する時間帯・区間を調査

都営新宿線

都営新宿線の夕方と夜の帰宅ラッシュの混雑を時間帯ごとに調査。最頂点のピークを迎えるのは18:00~19:00の1時間ほど。

朝ラッシュの逆バージョン。最混雑区間は住吉→西大島。

夕方から夜にかけては、朝とは違って職場へ出勤する時間帯が特定の時間帯に集中しない。


夕方以降の時間帯ごとの混雑状況

帰宅ラッシュの時間帯ごとの混雑状況
時間帯 混み具合
16:00-17:00 3
17:00-18:00 4
18:00-18:30 5
18:30-19:00 5
19:00-20:00 4
20:00-21:00 4
21:00-22:00 3
22:00-23:00 3

※調査場所:岩本町駅
※平日の16~23時までの夕方と夜の帰宅時間帯の混雑傾向を表示。

混雑の目安については以下になる。

レベル 視覚的ランク 混雑の目安
5 ★★★★★ 電車のドア付近では圧迫感あり
スマホの操作可否は微妙
4 ★★★★ 車内奥なら吊革か手すりにつかまれる
スマホの操作は車内全域で可能
3 ★★★ 車内奥にも立っている人がいる
ドア付近は人口密度高い
2 ★★ 座れる人の方が多い
ドア付近は立っている人がいる
1 確実に座れる
座席にいつても座れる状態

参考:都営新宿線の朝ラッシュの混雑状況を時間帯・区間ごとに調査!

18~19時はちょうど帰宅ラッシュのピーク

18時頃の帰宅ラッシュ

都営新宿線のピークは18~19時の約1時間。東京23区内の路線すべてで帰宅ラッシュのピークはちょうどこの辺り。

多くの職場の終業時刻が17~18時、これを過ぎると一気に自宅へ帰る人が大移動する。

区間別では、最も混雑が激しいのは住吉→西大島。

公式データがあるわけでない。感覚的には、150%程度になる。

ドア付近では手荷物が他人に触れるほど。スマホの操作は躊躇するレベル。新聞や雑誌を広げて読むことはできない。

区間別での混雑の大きさも朝ラッシュと同じ。単純に朝の通勤ラッシュの逆バージョンである。

本八幡方面へ向かう電車の方が、新宿方面へ向かう電車よりも混雑が激しい。

20時以降は空いてくる

20時頃の都営新宿線

19時以降になると夕方および夜の帰宅ラッシュは徐々に落ち着いてくる。

20時以降になるとドア付近でも空間に余裕が出るほど混雑が解消に向かう。

ダイヤの乱れ等がない限り、20時以降なら手荷物が他の乗客に触れる心配もほとんどない。

ドア付近でもスマホの操作は余裕でできる。手を動かせないほどの満員電車には基本的にならない。

ただし、これ以降は混雑が一方的に空いていくというわけではない。21時を過ぎても混雑の目安は20時台と大差ない。

電車の運行本数も減っていくため、乗客の総数こそは少なくても、1編成辺りの混み具合は変わらない。

区間・列車種別ごとの混雑

都営新宿線

都営新宿線の区間ごとの混雑状況について解説する。

全体的に千葉方面の区間にて混雑しやすい。

西側の新宿側は京王線との直通運転があるものの、本当に混み合うのは京王線内から。都営新宿線内はそれほど混まない。

なお、ダイヤの乱れた場合はこの限りではない。朝ラッシュかそれ以上の超満員電車になる。

>>都営新宿線で遅延が多い原因を調査! 主要な理由は2つ

本八幡方面(東行)

本八幡方面の混雑状況
区間 混み具合
新宿
新宿三丁目 ★★
曙橋 ★★
市ヶ谷 ★★
九段下 ★★★
神保町 ★★★
小川町 ★★★
岩本町 ★★★★
馬喰横山 ★★★★
浜町 ★★★★
森下 ★★★★★
菊川 ★★★★★
住吉 ★★★★★
西大島 ★★★★★
大島 ★★★★★
東大島 ★★★★
船堀 ★★★★
一之江 ★★★
瑞江 ★★
篠崎 ★★

各段階ごとの混雑率の目安
:150%以上
★★★★:120%
★★★:100%
★★:80%
★:50%

上記は都営新宿線の本八幡方面へ向かう電車の区間ごとの混雑状況を示した表。

新宿方面(西行)

新宿方面の混雑状況
区間 混み具合
本八幡
篠崎
瑞江
一之江
船堀
東大島
大島 ★★
西大島 ★★
住吉 ★★
菊川 ★★
森下 ★★
浜町 ★★
馬喰横山 ★★
岩本町 ★★
小川町 ★★★
神保町 ★★★
九段下 ★★★
市ヶ谷 ★★★
曙橋 ★★★
新宿三丁目 ★★★
新宿 京王線へ直通

各段階ごとの混雑率の目安
:150%以上
★★★★:120%
★★★:100%
★★:80%
★:50%

こちらは都営新宿線の新宿方面へ向かう電車の区間ごとの混雑状況を示した表。

他の路線に関して(首都圏)