【帰宅ラッシュ】中央線快速の夕方・夜の混雑する時間帯・区間を調査

夕方の帰宅ラッシュの中央線快速

中央線快速のの夕方と夜の帰宅ラッシュの混雑を時間帯・区間ごとに調査した。

全体的には17~21時までが帰宅ラッシュのコアタイム、ピークは18時から19時までの1時間前後。

方向別でそれぞれの電車の混み具合を5段階で評価。職場や学校から自宅に帰る人が集中するが、座れる可能性は果たしてあるのか。

高尾方面(下り)、東京方面(上り)のいずれも区間ごとによっても事情は大きく異なる。ふつうの快速、通勤快速の2種類が運転されているが、それぞれでも混み具合は異なる。


夕方以降の時間帯ごとの混雑状況

帰宅ラッシュの時間帯ごとの混雑状況
時間帯 混み具合
16:00-17:00 3
17:00-18:00 4
18:00-18:30 5
18:30-19:00 5
19:00-20:00 4
20:00-21:00 4
21:00-22:00 3
22:00-23:00 3

※調査場所:新宿駅
※平日の16~23時までの夕方と夜の帰宅時間帯の混雑傾向を表示。

混雑の目安については以下になる。

レベル 視覚的ランク 混雑の目安
5 ★★★★★ 電車のドア付近では圧迫感あり
スマホの操作可否は微妙
4 ★★★★ 車内奥なら吊革か手すりにつかまれる
スマホの操作は車内全域で可能
3 ★★★ 車内奥にも立っている人がいる
ドア付近は人口密度高い
2 ★★ 座れる人の方が多い
ドア付近は立っている人がいる
1 確実に座れる
座席にいつても座れる状態

参考:【朝ラッシュ】中央線快速の混雑状況を時間帯・区間ごとに調査!

18~19時がピーク

中央線快速の夕方の帰宅ラッシュもまたかなり混雑する。

とはいえ、朝とは違って早く帰る人と遅く帰る人がいるため、混雑度は分散されるのは確か。完全に乗り切れない積み残しが起こるほどではない。

新宿駅の時点では、ピークの時間帯は18:00~19:00の1時間くらい。

乗車率は公表されている統計情報はないものの、感覚的には150~180%程度。中央線快速の帰宅ラッシュ時の最混雑区間は新宿→中野の区間。快速・通勤快速のいずれも同じ。

いずれも電車の中でスマホの操作は、車内奥なら可能かもしれないが、ドア付近では不可能。

ドア付近ではスマホの操作を行うだけの空間すらない。手足を自由に動かせることすら難しいなか、スマホ操作は物理的に無理。

>>満員電車でスマホは使ってOK!? マナー的に迷惑にならないのか?

当然ながら、どの車両でも新聞や雑誌を広げて読めるようなレベルではない。

もちろん、リュックを背負って乗るのは当然不可能。物理的に無理。

19時以降は落ち着く

19時以降の夜の時間帯になると、若干ながら混雑は緩和されてくる。

新宿駅の時点では、19時台はピーク時の18時台よりもやや緩やか。

19時30分以降は特に乗客同士が押し合うほどではない列車が出てくる。

ドア付近でのスマホの操作もギリギリ行えることが多い。

その一方、19時台前半はまだまだ乗客同士が接するおそれが高い。

20時台はドア付近でも空間に余裕あり

電車でスマホを操作する人

20時以降になるとドア付近でも空間に余裕が出るほど混雑が解消に向かう。

乗客同士が押し合うレベルではなく、すし詰め状態になるのは遅延の場合などの異常時のみ。

ダイヤの乱れ等がない限り、20時以降なら手荷物が他の乗客に触れることが減ってくる。

ドア付近でもスマホの操作は余裕でできる。

その一方、新聞や雑誌を読めるほどの余裕はない。カバンから新聞や雑誌を取り出せる空間はない。

リュックを背負って乗ることも難しい。

21時台

21時以降になると、最混雑区間(新宿→中野)でもドア付近も空間に余裕がさらに出る。

スマホの操作は車内のどこに立っていたとしても可能。快速・通勤快速どちらも可能。

リュックを背負っての乗車も、車内奥かつ空いている車両であれば可能な範囲。

>>満員電車でリュックを背負うのがOK/NGの基準

ただし、一部の車両ではまだリュックを背負って乗れるほどではない。遠距離利用者が多い通勤快速は特に困難。

22時台

22時台に入るといよいよ深夜の時間帯に突入。

中央線快速でもこの時間帯に電車に乗る人はかなり遅い帰宅に当たる。

快速・中央特快が運転される。

ドア付近でも乗客同士が触れ合うほどではなく、荷物も触れにくい。

区間ごとの混雑

中央線快速の混雑区間

中央線快速の区間ごとの混雑状況について解説する。

快速と通勤快速(22時以降は中央特快)の2種類の列車種別が運転されている。

ピーク時の乗車率の違いは目立たないものの、通勤快速は混雑が続く距離が長く、立川駅以遠でも混雑が続きやすい。

上り線は相対的に空いている。快速では座れる人も結構いて、中央特快でも立っている人と座っている人が同数くらいに収まる。

ただし、遅延時は除く。(『中央線快速で遅延が多い原因を調査! 主要な理由は3つ』にて詳細解説)

高尾方面(下り)

下り列車の区間ごとの混雑状況
区間 快速 通勤快速
東京 ★★ ★★★
神田 ★★★ ★★★★
御茶ノ水 ★★★★★ ★★★★★
四ツ谷 ★★★★★ ★★★★★
新宿 ★★★★★ ★★★★★
中野 ★★★★★ ★★★★★
高円寺 ★★★★★
阿佐ヶ谷 ★★★★
荻窪 ★★★★ ★★★★★
西荻窪 ★★★★
吉祥寺 ★★★★ ★★★★★
三鷹 ★★★★ ★★★★★
武蔵境 ★★★
東小金井 ★★★
武蔵小金井 ★★★
国分寺 ★★★ ★★★★
西国分寺 ★★★
国立 ★★★
立川 ★★ ★★★
日野 ★★ ★★★
豊田 ★★
八王子 ★★
西八王子 ★★

各段階ごとの混雑率の目安
:150%以上
★★★★:120%
★★★:100%
★★:80%
★:50%

>>【レベル別】鉄道の混雑率の目安! 数値ごとの体感

上記は中央線快速の高尾方面へ向かう下り電車の区間ごとの混雑状況を示した表。

東京方面(上り)

上り列車の区間ごとの混雑状況
区間 快速 中央快速
高尾
西八王子
八王子
豊田
日野
立川 ★★★
国立
西国分寺
国分寺 ★★ ★★★
武蔵小金井 ★★
東小金井 ★★
武蔵境 ★★
三鷹 ★★ ★★★★
吉祥寺 ★★
西荻窪 ★★
荻窪 ★★
阿佐ヶ谷 ★★
高円寺 ★★
中野 ★★ ★★★★
新宿 ★★★ ★★★
四ツ谷 ★★★ ★★★
御茶ノ水 ★★ ★★
神田 ★★ ★★

各段階ごとの混雑率の目安
:150%以上
★★★★:120%
★★★:100%
★★:80%
★:50%

こちらは中央線快速の東京方面へ向かう上り電車の区間ごとの混雑状況を示した表。

どこの駅から座れる?

座れる駅

下りは快速は武蔵境駅付近までにて満員電車が続く。三鷹駅以西では基本的に降りていく一方だが、少しずつ乗客が降りていく感じになる。

途中駅にて降りていく人の空いた座席を狙うことになるが、最初に大規模なチャンスがやってくるのは立川駅。

ここまでは座れない可能性が高い。

その先もひたすら降りていく一方になる。

通勤快速は全線を通して混雑しやすい。立川駅でも座れない人が発生し、終点の高尾駅まで座れない可能性もある。

ふつうの「快速」は立川まで混雑

ふつうの快速の場合、混雑するのは立川駅辺りまでである。その先の高尾方面については、比較的空いている。

座席はすべて満席となっていることが少なくないものの、それでも乗客は降りていく一方になるため、座れる機会が多い。

中央線快速の始発駅である東京駅の時点ですでに満席だが、ここでは並べば簡単に座れる。新宿駅で大量の乗客が乗ってくる。

新宿→中野が帰宅ラッシュの最混雑区間となっている。ここでは、乗車率は150%近くにはなると感じられる。

ドア付近だと他の人と接することが大いにあるレベル。

夕方と夜の場合、快速は近距離利用者が多い。長距離利用者は停車駅の少ない中央特快や通勤快速に流れるため、種別ごとの混雑の違いも存在。

中央特快・通勤快速はほぼ全区間混雑

中央特快

停車駅が少なく抑えられている中央特快と通勤快速に関しては、ふつうの快速と比べると混雑が続く区間が長い。

遠距離利用者がこれらに集中するため、すでに乗っている乗客はなかなか降りない。ほとんどの電車の終点は高尾駅だが、東京→高尾間のほぼ全区間で満員電車の状態が続くことが多い。

中央特快も通勤快速も立川以西は各駅に停車する。ふつうの快速と停車駅が同じだが、これらも同じく立川駅を過ぎると乗客は降りていく一方となる。

しかし、高尾駅から先の山梨県側へ向かう人も乗っていることから、大量に降りていって100%確実に座れるというレベルではない。

ただし、乗車率の最大値はふつうの快速と同じくらいである。最も混雑が激しい新宿→中野間でも150%程度である。あくまでも回転率が悪いというわけだ。

まとめ

区間 快速 中央特快・通勤快速
御茶ノ水→新宿 ■■■□□ ■■■□□
新宿→中野 ■■■■■ ■■■■■
中野→三鷹 ■■■■■ ■■■■■
三鷹→立川 ■■■■□ ■■■■□
立川→八王子 ■■□□□ ■■■■□
八王子→高尾 ■□□□□ ■■□□□

新宿駅では、下り電車でも降りていく人は一定数はいる。しかし、それ以上に大量の乗客が乗ってくる。

東京~新宿間にて座れない場合には、そこから先もしばらくは座れないと考えてよい。立川駅を過ぎるとようやく座れる可能性が高まる。

三鷹~立川間でも降りていく一方となるのは確かだが、まだ乗客が多い区間である。座席が空いてもすぐに他の人に取られてしまうことが多い。

行き先として、夕方と夜は武蔵小金井行や立川行などのように終点が早い電車の方が、長距離まで行く便よりもやや空いている。


広告

他の路線に関して(首都圏)

おすすめ記事