【朝ラッシュ】小田急の混雑の時間帯とは!? 上り・下りを調査

混雑する小田急の朝ラッシュ

小田急線の朝ラッシュの混雑の時間帯と各列車の種別ごとに混み具合のレベルを調査してみた。複々線化によって以前よりは緩和されたが、それでも満員電車は続く。

ピークは7:30~8:30までの約1時間である。新宿方面へ向かう上り電車が混雑するのは当たり前だが、列車の種別でも混み具合は違ってくる。

下り電車についても、朝ラッシュのピークは上りの時間帯と同じと考えてよい。レベルは上りよりは空いているものの、みんなが座れるような環境ではない。




朝ラッシュの時間帯別の混雑度

時間帯 混雑度 時間帯 混雑度
6:00-6:30 2 8:30-9:00 5
6:30-7:00 3 9:00-9:30 4
7:00-7:30 4 9:30-10:00 3
7:30-8:00 5 10:00-10:30 2
8:00-8:30 5 10:30-11:00 2

上の表は時間帯別の小田急線の混雑度を表したグラフである。

最混雑区間の起点ともいえる代々木上原駅で観察した目視での調査した結果だが、朝の通勤ラッシュの混み具合のピークは7時台後半と8時台ということがわかる。

さらに、混雑自体は早朝である6時台後半からすでに始まっている。車内はまだ空間にこそゆとりがあるものの、座れない人が多い状態には変わりない。

ピークを迎える7:30~8:30までの電車の乗車率に関しては、上りは150~160%程度である。

下りはやや空いているものの、100~120%程度にはなると見られる。快速急行および急行は特に激しい混雑になる。代々木上原~登戸駅までは少なくとも混む。




種別ごとに混雑レベルの違い

レベル 種別
(激しい) 快速急行
通勤準急(上り)、急行(下り)
通勤急行(上り)
(緩やか) 各駅停車

小田急線では朝や夕方の通勤ラッシュの時間帯を含み終日に渡って停車駅が少ない種別ほど混雑が激しい。一方の各駅停車は空いていることが多い。

朝の時間帯と定義できる7時台、8時台においては、快速急行が最も混雑し、それに続いて通勤準急、通勤急行という形になっている。

小田急の快速急行の混雑はどのレベル? 朝も昼間も空席なし!?

上り(新宿方面)の混雑

小田急の上りの混雑

上り各種別ごとの乗車率の目安は次の通りになる。

  • 快速急行:160%
  • 通勤急行:130%
  • 通勤準急:150%
  • 各駅停車:120%

通勤急行は朝の時間帯に小田急多摩線から乗り入れる電車である。停車駅は少ないものの、乗降客数が多い登戸駅を通過して成城学園前駅に停車する特殊な種別となっている。

このため、乗客数は通勤準急や同じ速達列車である快速急行よりも混雑は緩やかである。

通勤準急は登戸~代々木上原間で優等列車になり、すべて東京メトロ千代田線へ直通する。千代田線を使う人が殺到するため、登戸駅までは各駅停車となるものの混雑は激しい傾向が見られる。

各駅停車はそもそも名前の通り全駅に止まるため、所要時間が長くなるため遠距離ユーザーは敬遠する。

近距離利用者だけが使うこともあり、最終的には混雑するがその長さはかなり短い。




下り(小田原・藤沢方面)の混雑

小田急の朝の下りの混雑

下り列車については、上りとは違って朝ラッシュの時間帯での優等列車は快速急行と急行の2種類のみとなっている。

混雑度の違いという点では上りと変わらない。快速急行・急行・各停の順の混み具合となっている。

小田急の下り線の朝の乗車率は次の通りと考えられる。

  • 快速急行:120%
  • 急行:120%
  • 各駅停車:90%

優等列車の場合は新宿駅始発の場合は新宿駅にて座席は満席になる。途中駅から乗ると座れない可能性が大きい。

下りは朝でも途中駅で降りていく乗客が多いのが特徴だが、座れる機会がやってくる前に目的地に到着するかもしれない。

各駅停車については利用者層は近距離のみの移動で乗る人がメインのため、かなりの高い確率で座れる。乗車率も100%には満たないことが多い。

おすすめ記事