【朝ラッシュ】東急田園都市線の混雑の時間帯のピークは何時頃か!?

東急田園都市線の朝ラッシュ

東急田園都市線の朝ラッシュにおける混雑のピークを迎える時間帯とは何時頃になるのか。急行・準急・各停をそれぞれ調査してみた。

上りの朝の通勤ラッシュの最混雑区間は池尻大橋→渋谷であることは多くの人が知っているが、乗車率は各種別や時刻で違いが見られる。

下りについても、上りほどは激しい混雑にはならないものの、乗車率は日中よりは高い。座れない人も多い状態が続く。




時間帯別の混雑レベル

時間帯 混雑度 時間帯 混雑度
6:00-6:30 3 8:30-9:00 5
6:30-7:00 4 9:00-9:30 4
7:00-7:30 4 9:30-10:00 3
7:30-8:00 5 10:00-10:30 3
8:00-8:30 5 10:30-11:00 2

東急田園都市線の渋谷駅に到着する電車を調査してみた結果、混雑のレベルは上のようになるだろう。

朝の通勤通学の時間帯の始まりは午前6:00をとらえてよいだろう。そして、これが終わるのは9:30~10:00頃となる。

日中の比較的閑散とした時間帯とは10時~16時頃というのが基本となっている。

なお、二子玉川~溝の口は複々線となっていて、大井町線の電車も田園都市線へ乗り入れている。

朝の時間帯は同じく大井町方面へ向かい電車が混雑するが、同時に田園都市線のバイパス路線という役割を果たしている。

参考:東急大井町線の混雑状況はどう!? 朝と夕方は座れない?

6時台から早くも混雑

早朝から混雑する田園都市線

乗客の数がもとから多い田園都市線では、早くも早朝に当たる午前6時台からすでに朝ラッシュが始まっている。

渋谷駅に到着する電車はすべて満員電車である。6時台はまだ二子玉川→渋谷間で通過駅がある急行が運転されているものの、こちらは満員状態である。

6時台後半になるといよいよ朝ラッシュの激しい混雑を象徴するような光景へと近づいてくる。7時台になればピークに近いほどの乗車率に達する。

しかし、これでもまだ朝ラッシュのピークには達していない。通勤通学客の中でも出勤や登校がかなり早い人だけが移動する頃だ。




7時台後半および8時台前半がピーク

田園都市線のピークは7時台後半と8時台前半に当たる。上りのみならず、下りの電車も結構激しく混雑する。

  • 三軒茶屋→渋谷で混雑率180~190%
  • あざみ野駅辺りから超満員電車
  • 準急・各停ともに大混雑

最大で190~200%近くの混雑率になる東急田園都市線だが、乗車率についてはさらに高い数値になるだろう。準急は遠距離利用者が使う優等列車のため、各停よりも乗車率が高い。

予想としてはピークの8時台前半の時間帯で200%に確実に達すると考える。各駅停車も180%は超えていると思われる。

下りについても、この時間帯は上りと同じように急行の運転はすべて準急となっている。しかし、混雑は準急に集中する傾向が見られる。

二子玉川から先の神奈川県内は通過駅の設定があるため、長距離を移動する人が殺到する。乗車率も120%には確実に達するだろう。

9時台も混雑は続く

満員電車が続く田園都市線の急行

東急田園都市線では9時台になっても超満員電車の状態は続く。混雑は10時台になってからようやく緩和されてくると考えてよい。

混雑率は150%以上にはなるものと思われる。ピークはあくまでも8時台前半だが、9時台になっても上りの渋谷方面へ向かう人の移動は絶えない。

二子玉川→渋谷間は各駅に止まる準急が運転されるのは7時台後半から8時台いっぱいで、9時台になると急行に変わる。

二子玉川→渋谷間の停車駅は三軒茶屋のみということで、所要時間は大幅に短縮化される。しかし、急行へ乗客が殺到することもあり、混雑はかなり激しい。

10時台になると混雑率は100%以下に収まる。ここから日中のオフピークの時間帯が始まる。

おすすめ記事