半蔵門線はどれくらい混雑する!? 朝と夕方は超満員になるのか?

東京メトロ半蔵門線の混雑状況

東京メトロ半蔵門線の混雑はどれくらいのレベルに達するのか。朝ラッシュと夕方、夜のピークを中心に時間帯および区間ごとに混み具合を調査してみた。

直通先と同じように超満員といわれるほどの激しさに達する。特に東急田園都市線の影響が大きい。

半蔵門線といえば、東急田園都市線と東武スカイツリーラインと相互直通運転を実施している地下鉄として知られている。線内を走るすべての電車は10両編成で運転され、地下鉄の中では最長である。

渋谷駅から永田町・大手町などを経由して押上駅まで走る区間が東京メトロ半蔵門線となっている。渋谷駅から神奈川県側は東急田園都市線に入る。押上駅からは東武スカイツリーラインへ入る。



時間帯ごとの混み具合

<表参道駅にて調査>
時間帯 混雑度 時間帯 混雑度
6:00-6:30 2 8:30-9:00 5
6:30-7:00 3 9:00-9:30 4
7:00-7:30 4 9:30-10:00 4
7:30-8:00 5 10:00-10:30 3
8:00-8:30 5 10:30-11:00 3

半蔵門線は渋谷駅や表参道駅に8:30~9:00頃に到着する電車が最も混雑する。したがって、東急田園都市線内では8:00~8:30頃に走っている電車が朝のピークになる。

8:00~9:00が朝ラッシュのピーク

朝ラッシュのピークは、都心から放射状に延びる路線では7時台後半8時台前半にやってくる。半蔵門線は都心部を走る地下鉄のため、ピークはそれよりも若干遅い。

8:00~9:00が1日のピークに達する時間帯。この時間帯は1日の中で最も乗客数が多くなる時である。超満員電車となって、地獄の通勤ラッシュの典型的な画になる。

半蔵門線のみならず、ほかの東京メトロや都営地下鉄の各線も同じような時間帯に朝の最混雑を迎える。

なお、半蔵門線の混雑の最大の要因は東急田園都市線からの乗客が多い点にある。渋谷駅は起点だが、すべての電車が中央林間方面からの直通列車である。

田園都市線沿線に住んでいる乗客が半蔵門線内に入る時間帯が8時半ごろの電車が1日のピークになるわけだ。

東武スカイツリーライン側に当たる押上駅側も混雑の規模は若干違いがあるが、時間ごとの混み具合の変化の様子は基本的に同じである。



6時台と7時台前半はまだ余裕

一方で早朝の時間帯に当たる6時台と7時台はまだまだ車内空間に余裕がある。

6:00~7:00はまだ大都市圏の鉄道各線は空いている。7:00~7:30は郊外の路線だと朝ラッシュならではの混雑が始まる一方、都心部はまだ余裕が見られる。

半蔵門線は都心部を走る路線のため、7時台はまだ超満員ではないが、相互直通先の東急田園都市線と東武スカイツリーラインではすでに激しい通勤ラッシュである。

ただし、昼間のオフピークと比べるとはるかに乗客数が多いのは確か。立っている人が多い状態にはすでになっている。

ドア付近に立っていても、ほかの人と体が接するほどの超満員電車にはならないが座れないのは間違いない。

>>【朝ラッシュ】東急田園都市線の混雑状況を時間帯・区間ごとに調査!

>>東武スカイツリーラインの混雑状況、朝と夕方のラッシュは!?

区間ごとの混雑

区間 押上方面行 渋谷駅面北行
渋谷~表参道 ★★★★★ ★★★
表参道~青山一丁目 ★★★★★ ★★★★
青山一丁目~永田町 ★★★★★ ★★★
永田町~半蔵門 ★★★★ ★★
半蔵門~九段下 ★★★★ ★★★
九段下~神保町 ★★★ ★★★★
神保町~大手町 ★★★ ★★★
大手町~三越前 ★★ ★★★★
三越前~水天宮前 ★★ ★★★★★
水天宮前~清澄白河 ★★ ★★★★★
清澄白河~住吉 ★★★★★
住吉~錦糸町 ★★★★
錦糸町~押上 ★★★

最混雑区間の渋谷→表参道を★5とした場合、ほかの区間の混雑状況は上のようになる。

満点だと車内はすし詰め状態で、ドア付近だとほかの人と接する勢いになるほどの混み具合を示す。

★1つなら乗客のほぼ全員が座れるくらいの乗車率になる。

乗車率は最大で170%とかなり高い!

混雑率170%にもなる半蔵門線

東京メトロ半蔵門線の朝ラッシュの時間帯の混雑率はかなり高い数値を記録している。国土交通省の調査によると午前8:00~8:30の間は混雑率が170%にも達するとされている。

半蔵門線では渋谷~押上間を走る電車はすべて各駅停車のため、「混雑率=乗車率」と考えてよい。

最も混雑する区間は渋谷~表参道間である。表参道駅は銀座線と同一ホームで乗り換えができるということで、この駅で半蔵門線から銀座線の電車に乗り移る人が多く見受けられる。

乗車率がピーク時に190%にも達する東急田園都市線からの乗客がそのまま乗り入れ先である半蔵門線まで続けて乗る例が多い。

そのため、田園都市線のみならず半蔵門線の区間においても超満員の状態が続く。

渋谷駅で降りる乗客は確かに多いが、逆に東横線や京王井の頭線、JR湘南新宿ラインから半蔵門線に乗り換えるという人も多い。これにより、渋谷駅より都心側でも混雑する結果となっている。

渋谷~表参道間の混雑率170%という数値は、東京メトロの路線では東西線、千代田線に続く第3位となっている。

夕方の時間帯ごとの混雑

<夕方・夜の帰宅ラッシュの時間別混雑度>
時間帯 混雑レベル 時間帯 混雑レベル
15:00-16:00 1 18:30-19:00 5
16:00-17:00 2 19:00-19:30 4
17:00-17:30 3 19:30-20:00 4
17:30-18:00 5 20:00-21:00 3
18:00-18:30 5 21:00-22:00 3

東京メトロ半蔵門線の帰宅ラッシュの時間帯ごとの混み具合はこのようになる。

朝と同じく基本的にはほかの地下鉄路線とほぼ一致する。東急田園都市線・東武スカイツリーラインへの直通運転のため、混雑が続く距離には違いがある。

帰宅ラッシュは17時半~19時がピーク

夕ラッシュの混雑

夕方の時間帯もまたかなり混雑する。帰宅ラッシュのピークは、半蔵門線は17:30~19:00までである。

半蔵門線内から田園都市線へ走っている電車はすでに表参道駅当たりから満員になっている。

渋谷駅に到着するとさらに乗客が乗り込んでくる。

中央林間方面に行く下り電車が渋谷駅を出発する頃にはもう超満員となっているケースが多い。夕方は朝よりは混雑状況が緩やかになるというイメージを持っている人は多いだろう。

実際他の路線については、夕方のラッシュの時間帯はそれほどキツイ状態にはならないことが多い。しかし、半蔵門線及び東急田園都市線に限っては例外である。夕方から夜間にかけての時間帯でも乗車率が高くて混み合っている状態が続く。

東武鉄道側はあまり混まない

一方で、東武鉄道との境界駅である押上駅側はあまり混雑度は激しくならない。朝の通勤通学のピーク時であっても東武スカイツリーラインからの乗客はそれほど多くない。車内に立っている人がいるのは事実だが、それでもスペースには余裕がある。

その理由は、東武鉄道から都心部へ行く人の多くは北千住駅から日比谷線を利用して都心へ向かうという人が多いためである。

東武鉄道自体の乗客はかなり多い。人数については東急田園都市線とあまり大差はない。東武スカイツリーラインにおいて混雑率に余裕があるのは複々線区間が長くて列車の本数が多く、輸送力が高いからである。

ただ、東武線内から押上駅を経由して半蔵門線で都心へ向かうよりも日比谷線や千代田線い一度乗り換えた方が所要時間が短い。北千住駅から大手町駅まで行くとしても千代田線利用時の方が早い。

半蔵門線直通の電車に乗り続けるメリットとしては、ただ乗り換えが1回もいらないというくらいしかない。朝ラッシュの時間帯は時間に余裕がない人が多いこともあり、東武線と半蔵門線を使うという人はあまりないというわけである。

あくまでも混雑率が高くて超満員電車となっているのは渋谷駅側のことであるのが半蔵門線ならではの特徴といえる。

他の路線の混雑状況

接続駅 路線
東急田園都市線直通>
渋谷 山手線埼京線湘南新宿ライン

東急東横線銀座線副都心線京王井の頭線

表参道 千代田線、銀座線
青山一丁目 都営大江戸線、銀座線
永田町 有楽町線南北線丸ノ内線
九段下 東西線都営新宿線
神保町 都営三田線、都営新宿線
大手町 東西線、千代田線、丸ノ内線
三越前 銀座線、総武線快速
水天宮前 日比谷線、都営浅草線(人形町駅)
清澄白河 都営大江戸線
住吉 都営新宿線
錦糸町 総武線快速中央総武線各駅停車
押上 都営浅草線、京成押上線
東武スカイツリーライン直通>

おすすめ記事