みなとみらい線の通勤ラッシュの混雑状況を時間帯・区間ごとに調査!

みなとみらい線の混雑状況

横浜高速鉄道みなとみらい線の混雑状況を時間帯と区間ごとに調査してみた。朝と夕方・夜の通勤ラッシュの時間帯ではどれくらいの混み具合になるのか。

最混雑区間は新高島→横浜の上り線であり、混雑率はおよそ84%と国土交通省と横浜市による鉄道路線ごとの混雑率の調査の統計データで出ている。

首都圏の各鉄道路線の中でも空いている方に入り、この数値だけを見ると決して朝ラッシュの混雑が激しいレベルではまったくない。ただし、実際にはすべて東急東横線へ直通し、渋谷駅に近づくほど大きく混み合う。




時間帯ごとの混雑度

上り(横浜・渋谷方面) 下り(元町中華街方面)
始発~7時  ★★★  ★★
7~9時  ★★★★  ★★★★
9~12時  ★★★  ★★★
12~15時  ★  ★
15~17時  ★★★  ★★★
17~19時  ★★★  ★★★★
19~21時  ★★  ★★★

乗り入れ先の東急東横線や周辺のそのほかの路線と同じように、通勤ラッシュの混雑のピークを迎える時間帯は以下になる。

  • 朝:7:30~8:30
  • 夕方・夜:17:30~19:00

参照:東急東横線の朝の混雑状況を調査! 乗車率は180%にもなる!?

みなとみらい線の場合は、横浜駅が混雑の基準になる。新高島~元町中華街の駅を乗り降りする人は、東横線内の渋谷方面へ行く人は多いが、横浜駅で乗り降りする人もかなり多い。

平日は通勤特急・急行・各駅停車の3種別が運転されているが、通過駅の設定がある優東列車に混雑が集中する。

すなわち、通勤特急と急行に乗客が殺到する。しかも、横浜駅での乗客の入れ替えは、各駅停車が多い一方、優等列車は少なく東横線とみなとみらい線を通しで乗る人が結構見られる。




朝ラッシュは7:30~8:30

<横浜駅にて調査>
時間帯 混雑度 時間帯 混雑度
6:00-6:30 2 8:30-9:00 4
6:30-7:00 3 9:00-9:30 3
7:00-7:30 3 9:30-10:00 3
7:30-8:00 4 10:00-10:30 3
8:00-8:30 4 10:30-11:00 2

朝ラッシュのピークは7時台後半8時台前半にやってくる。もっと詳細に言うと、ひたすら乗客が乗ってくる一方である特に横浜駅に到着する上り電車のピークは7:30~8:15であるようだ。

ただし、下り電車も空いているわけではない。横浜駅から元町中華街方面へ行く人も結構多く、通勤特急になると満員電車になっている。

急行と各駅停車についても、全員が座れるようなガラガラのレベルでは決してない。ドア付近でも隣りの人と接するほどではないが、座れないことは確か。

夕方と夜の帰宅ラッシュは18時がピーク

帰宅ラッシュの時間帯のピークは18:00前後の時間帯になる。具体的に言うと、17:30~18:30あたりになる。この頃に横浜駅を発車する電車が頂点となる。

ここも他の路線と基本的には変わらず、ほかの路線と同じである。東横線とも同じといえる。

参照:東急東横線の夕方の帰宅ラッシュ、どれくらい混雑するのか!?

朝と同じく優等列車の混雑が激しい。通勤特急と急行の乗車率が高い。朝ラッシュの逆バージョンと考えてよい。

ドア付近だと吊革や手すりにはつかまれない人は少ないが、ゼロとまではいかないだろう。みなとみらい駅までは満員電車が続く。

帰宅ラッシュがひと段落するのは19時頃になってからだろう。さらに、20時以降になれば立っている人と座っている人の数が同じくらいにまで緩和される。

区間ごとの混雑

区間 通勤特急・急行 各駅停車
横浜~みなとみらい ★★★★★ ★★★★
みなとみらい~馬車道 ★★★ ★★
馬車道~日本大通り ★★ ★★
日本大通り~元町中華街 ★★

横浜高速鉄道みなとみらい線の区間ごとの混雑は上のようになる。

横浜駅~みなとみらい駅、通勤特急と急行が混雑

基本的に、満員電車で窮屈感を感じるのは横浜駅~みなとみらい駅の間に限られる。みなとみらい~元町中華街はそれほど乗客がいなく、1日を通して空いている部分である。

朝ラッシュの場合、横浜・渋谷方面の上り電車だとみなとみらい駅から大量に乗客が乗ってくる。この駅からようやく朝の通勤ラッシュならではの満員電車となる。

混雑率こそは84%と発表されているものの、これはあくまでも全体で見た場合の話である。計算方法も輸送力と輸送人員でしか根拠にしていない。

実際には通勤特急と急行に集中する。乗車率で言うと、種別ごとでは以下のようになるだろう。

<みなとみらい線の種別ごとの乗車率>

  • 通勤特急:150%
  • 急行:120%
  • 各駅停車:70%

これくらいの数値になると個人的には考える。

帰宅ラッシュになる夕方と夜の下りに関しても、区間と種別ごとの差は朝とまったく変わらない。

結局は優等列車である通勤特急と急行が混雑し、各駅停車は空いているという結果になる。

東横線からの電車でもすでに混み合っているが、横浜駅でいったん乗客の入れ替えが起きる。

みなとみらい線だと横浜駅から一気に乗客が乗ってきて、みなとみらい駅でまとまった数が降りていくという流れが帰宅ラッシュの構図である。

おすすめ記事