箱根登山鉄道の混雑状況を時間帯・区間ごとに調査!

箱根登山鉄道の混雑状況を時間帯および区間ごとに、土日祝と平日のぞれぞれを調査。満員電車になりやすいのは箱根湯本~強羅間の登山区間である。

曜日に関わらず、乗客の客層は基本的に観光客である。沿線の住民も朝夕を中心に使う人もいるが、圧倒的に箱根へ遊びに行く人たちが中心なことには変わりない。

したがって通勤ラッシュというよりも「観光ラッシュ」によって乗車率が上がる構図となっている。


時間帯ごとの混雑度

時間帯別では、強羅駅方面へ向かう電車は午前中、小田原方面へ向かう電車は午後に混雑する。

反対方向はいずれも空いている。

例えば、午前中の小田原方面へ向かう電車は空いている。午後の強羅方面へ向かう電車も空いている。

土日祝

―(箱根湯本駅にて調査)―
時間帯 混雑レベル 時間帯 混雑レベル
6:00-7:00 1 14:00-15:00 3
7:00-8:00 2 15:00-16:00 4
8:00-9:00 3 16:00-17:00 5
9:00-10:00 4 17:00-18:00 5
10:00-11:00 5 18:00-19:00 4
11:00-12:00 5 19:00-20:00 3
12:00-13:00 4 20:00-21:00 2
13:00-14:00 3 21:00- 1

各段階ごとの混雑率の目安
5:満員
4:立っている人が多数
3:立っている人が少しいる
2:座れる人がほとんど
1:全員座れる

箱根湯本駅にて箱根登山鉄道の混み具合を時間帯ごとに調査したところ、土曜日や日曜日、祝日だとこのような結果になった。

乗客が集中するピークは以下の時間帯なのがわかる。

  • 強羅方面行=10:00-12:00
  • 小田原方面=16:00~18:00

これらの前後の時間帯でも立ち客が多く発生するくらいの混み具合にはなる。

都市部の通勤電車の混雑とは全く別物。日中の時間帯こそ最も乗車率が上がる。

平日

―(箱根湯本駅にて調査)―
時間帯 混雑レベル 時間帯 混雑レベル
6:00-7:00 2 14:00-15:00 2
7:00-8:00 3 15:00-16:00 3
8:00-9:00 3 16:00-17:00 3
9:00-10:00 4 17:00-18:00 3
10:00-11:00 3 18:00-19:00 2
11:00-12:00 3 19:00-20:00 2
12:00-13:00 2 20:00-21:00 2
13:00-14:00 2 21:00- 1

同じく箱根湯本駅にて箱根登山鉄道の月曜日から金曜日までの混み具合を時間帯ごとに調査したところ、このような結果になった。

平日は観光客が少ないこともあって、混雑する時間帯になる9時台から10時台、11時台にかけてもそれほど激しいものにはならない。

小田原~箱根湯本のみならず、箱根湯本~強羅の区間も座れる人が多い状態が続く。

区間ごとの混み具合

区間ごとの混み具合については、土日祝と平日それぞれ以下のようになる。

箱根登山鉄道線という1つの路線でも運転系統は箱根湯本駅を境に2つに分割されている。

小田原~箱根湯本は4両編成で運転されているため、混雑はそれほど激しいものにはならない。使われている車両も小田急の通勤電車と同じである。

箱根湯本~強羅は3両編成が多いものの、1両辺りの車両に乗れる乗車定員が少ないため、土日祝を中心に混雑する。紅葉シーズンは特に積み残しが発生する光景がよく見られる。

土日祝

区間 箱根湯本~強羅 小田原~箱根湯本
小田原~箱根板橋 ★★★
箱根板橋~風祭 ★★★
風祭~入生田 ★★★
入生田~箱根湯本 ★★★
箱根湯本~塔ノ沢 ★★★★★
塔ノ沢~大平台 ★★★★★
大平台~宮ノ下 ★★★★★
宮ノ下~小涌谷 ★★★★
小涌谷~彫刻の森 ★★★★
彫刻の森~強羅 ★★★★

平日

区間 箱根湯本~強羅 小田原~箱根湯本
小田原~箱根板橋
箱根板橋~風祭
風祭~入生田
入生田~箱根湯本
箱根湯本~塔ノ沢 ★★★
塔ノ沢~大平台 ★★★
大平台~宮ノ下 ★★★
宮ノ下~小涌谷 ★★
小涌谷~彫刻の森 ★★
彫刻の森~強羅 ★★

各段階ごとの混雑率の目安
:満員
★★★★:立っている人が多数
★★★:立っている人が少しいる
★★:座れる人がほとんど
★:全員座れる



広告

他の路線の混雑状況

接続駅 路線
小田原 東海道線上野東京ライン湘南新宿ライン

小田急小田原線(⇒特急ロマンスカー