【帰宅ラッシュ】有楽町線の夕方・夜の混雑する時間帯を調査

有楽町線

東京メトロ有楽町線の夕方と夜の帰宅ラッシュの混雑を時間帯ごとに調査した。朝と同じように満員電車が続く。

最頂点のピークを迎えるのは18:00~19:00の1時間くらいである。とはいえ、混雑した電車は17時頃から始まり、夜遅くになっても立っている人が多い状態はまだ続く。




夕方以降の時間帯ごとの混雑レベル

―(池袋駅にて調査)―
時間帯 混雑レベル
16:00-17:00 2
17:00-18:00 4
18:00-18:30 5
18:30-19:00 5
19:00-20:00 4
20:00-21:00 3
21:00-22:00 3
22:00-23:00 2

混雑の目安については以下になる。

5 ★★★★★ 電車のドア付近では圧迫感あり
4 ★★★★ つり革がすべて埋まる程度
3 ★★★ ドア付近だけ立っている人が多い
2 ★★ 座れる人の方が多い
1 確実に座れる

18~19時はちょうど帰宅ラッシュのピーク

有楽町線のみならず、東京メトロの路線すべてで帰宅ラッシュのピークは18~19時頃がちょうどピークになる。

多くの職場の終業時刻が17~18時に設定されているため、これを過ぎると一気に自宅へ帰る人が大移動する。朝ラッシュと同じように再び満員電車になる。

区間別では、最も混雑が激しいのは飯田橋→池袋間となる。ドア付近だと他の人と接するくらいになることもあり、中間車両の4~6号車辺りが一番混む。

新木場方面へ行く電車も混雑する。こちらも混雑は豊洲駅辺りまで続く。京葉線との乗り換え駅である終点の新木場駅まで行く人も結構いる。

乗車率も朝と大差ない。公式データがあるわけでないものの、感覚的には180%程度になる。本数が朝よりも少ないため、夕方も地獄のラッシュになるのは避けられない。

参照:有楽町線の朝ラッシュ、どれくらい混雑するのか!? レベルは何級?

区間別での混雑の大きさも朝ラッシュと同じと考えてよい。単純に朝の通勤ラッシュの逆バージョンである。




20時以降は空いてくる

夜の時間帯の有楽町線の混雑の目安は次のようになる。

  • 19時台:18時台より1~2割減
  • 20時台:ピークから3割減

19時以降になると夕方および夜の帰宅ラッシュは徐々に落ち着いてくる。20時以降になるとレベル的には「ちょっと混雑」した程度にまで混雑度が下がってくる。

和光市・小竹向原方面も新木場方面も混雑が和らいでくる。地下鉄はどの駅でも乗り降りする乗客が結構多いことから、途中駅から座れる可能性も高くなる。

20時以降になって帰宅する人といえば、仕事で残業した人、あるいは仕事帰りに夕食や飲み会に行った人が多くなるが、定時退勤で即帰路に就く人よりも割合的に少ない。

ただし、これ以降は混雑が一方的に空いていくというわけではない。21時を過ぎても混雑の目安は20時台と大差ない。

電車の運行本数も減っていくため、乗客の総数こそは少なくても、1編成辺りの混み具合は変わらない。




帰宅ラッシュが分散する

帰宅の時間帯は混雑が結構分散される。早い時間に自宅に帰る人もいれば、遅い時間になってから帰る人も多い。

すべての人が17~18時に職場を後にするわけでなく、誰もが18時台に電車に乗るわけでもない。残業などで19時、あるいは20時以降まで残る人も少なくない。

朝の通勤ラッシュ(有楽町線)

出典:www.youtube.com/watch?v=MXNfEiSqrfg

朝ラッシュの場合は7~8時に混雑が集中する。企業や官公庁の始業時刻が8~9時になっていることで、これに合わせて誰もが一斉に移動するからだ。

始まりの時刻は固定だが、終わりの時刻は変動制である。家に戻るのがバラバラであるため、帰宅ラッシュが分散されるというわけだ。

おすすめ記事