【帰宅ラッシュ】武蔵野線の夕方・夜の混雑する時間帯・区間を調査

武蔵野線

JR武蔵野線の夕方から夜にかけての帰宅ラッシュの混雑状況を時間帯・区間ごとに調査。

全体的には17~21時までが帰宅ラッシュのコアタイム、ピークは18時から20時までの2時間前後。まとまった数の乗客が降りていき、座席に座れるような駅はどこなのか。

武蔵野線は府中本町から西船橋より南船橋・海浜幕張方面へ行く電車と東京駅まで乗り入れる電車の2パターンがある。

いずれも夕方の帰宅ラッシュの時間帯となると混雑して立っている人の方が多い状態になることには変わりない。ただ、多少は乗車率には違いがみられる。


夕方以降の時間帯ごとの混雑状況

帰宅ラッシュの時間帯ごとの混雑状況
時間帯 混み具合
16:00-17:00 3
17:00-18:00 4
18:00-18:30 5
18:30-19:00 5
19:00-20:00 5
20:00-21:00 4
21:00-22:00 4
22:00-23:00 3

※調査場所:西船橋駅
※平日の16~23時までの夕方と夜の帰宅時間帯の混雑傾向を表示。

混雑の目安については以下になる。

レベル 視覚的ランク 混雑の目安
5 ★★★★★ 電車のドア付近では圧迫感あり
スマホの操作可否は微妙
4 ★★★★ 車内奥なら吊革か手すりにつかまれる
スマホの操作は車内全域で可能
3 ★★★ 車内奥にも立っている人がいる
ドア付近は人口密度高い
2 ★★ 座れる人の方が多い
ドア付近は立っている人がいる
1 確実に座れる
座席にいつても座れる状態

参考:武蔵野線の朝ラッシュの混雑状況を時間帯・区間ごとに調査!

18~20時がピーク

武蔵野線の夕方の帰宅ラッシュもまたかなり混雑する。

ピークの時間帯は18:00~20:00の2時間くらい。東京駅等からの遠距離利用者も結構発生することもあり、混雑する時間帯はやや長め。

乗車率は公表されている統計情報はないものの、感覚的には朝と同じく150%程度。

帰宅ラッシュ時も最混雑区間は南浦和→東浦和間の区間。

電車の中でスマホの操作はドア付近では完全に不可能。車内奥でも若干ではあるが他の乗客と押し合う。

スマホを操作すると自分の手が他人に当たってしまう可能性が大きく、とても可能な状況とは言えない。

>>満員電車でスマホは使ってOK!? マナー的に迷惑にならないのか?

混雑率の調査の1つの目安として利用される「新聞や雑誌を広げて読める」という項目は100%満たさない。

リュックを背負って乗るのは当然不可能。物理的に無理。

>>満員電車でリュックを背負うのがOK/NGの基準

20時台はドア付近でも空間に余裕あり

電車でスマホを操作する人

20時以降になると車内空間に余裕が出るほど混雑が解消に向かう。

ダイヤの乱れ等がない限り、20時以降なら乗客同士が押し合うほどにはならない。

ドア付近でもスマホの操作ができるくらいになる。

その一方、新聞や雑誌を読めるほどの余裕はない。カバンから新聞や雑誌を取り出せる空間はない。

21時台

21時以降になると、スマホの操作は車内のどこに立っていたとしても可能。

新聞や雑誌を読むことも車内奥ならどうにかできるかもしれない。

ただし、最混雑区間だとドア付近だと荷物が他の乗客に触れあうレベルではある。

まだリュックを背負って乗れるほどではない。特にドア付近だとリュックを背負えない区間がやや長くなる。

22時台

22時台に入るといよいよ深夜の時間帯に突入。

武蔵野線でもこの時間帯に電車に乗る人はかなり遅い帰宅に当たる。

武蔵浦和駅での埼京線、南浦和駅での京浜東北線、新松戸駅での常磐線、西船橋駅での総武線や東西線からの乗り換えでも、22時台は遅い時間ならではの特徴が出てくる。

ようやくドア付近でも乗客同士が触れ合うほどではなく、荷物も触れにくい。

リュックを背負って乗れる電車がほとんど。

区間・列車種別ごとの混雑

武蔵野線の混雑区間

武蔵野線の区間ごとの混雑状況について解説する。

朝と同じく東半分が特に混みやすい。

遅延が生じてダイヤの乱れが発生した時はさらに混雑する。

>>武蔵野線で遅延が多い原因を調査! 主要な理由は4つ

府中本町方面(西行)

西行(府中本町方面)の区間ごとの混み具合
区間 混み具合
西船橋 ★★★★★
船橋法典 ★★★★★
市川大野 ★★★★
東松戸 ★★★★
新八柱 ★★★★
新松戸 ★★★★★
南流山 ★★★★
三郷 ★★★★
新三郷 ★★★
吉川美南 ★★★
吉川 ★★
越谷レイクタウン ★★
南越谷 ★★★
東川口 ★★
東浦和 ★★★
南浦和 ★★★
武蔵浦和 ★★★★
西浦和 ★★★
北朝霞 ★★★★
新座 ★★★
東所沢 ★★
新秋津 ★★★
新小平 ★★
西国分寺 ★★
北府中

各段階ごとの混雑率の目安
:150%以上
★★★★:120%
★★★:100%
★★:80%
★:50%

上記は武蔵野線の府中本町方面へ向かう電車の区間ごとの混雑状況を示した表。

東京→西船橋、海浜幕張→西船橋の区間は京葉線の部にて解説。

西船橋方面(東行)

東行(西船橋方面)の区間ごとの混み具合
区間 混み具合
府中本町
北府中
西国分寺 ★★★★
新小平 ★★★
新秋津 ★★★
東所沢 ★★
新座 ★★
北朝霞 ★★
西浦和 ★★
武蔵浦和 ★★
南浦和 ★★★★★
東浦和 ★★★★★
東川口 ★★★★
南越谷 ★★★★
越谷レイクタウン ★★★★
吉川 ★★★
吉川美南 ★★★
新三郷 ★★★
三郷 ★★
南流山 ★★★
新松戸 ★★★★
新八柱 ★★★★
東松戸 ★★★
市川大野 ★★★
船橋法典 ★★★

各段階ごとの混雑率の目安
:150%以上
★★★★:120%
★★★:100%
★★:80%
★:50%

武蔵野線の西船橋方面へ向かう電車の区間ごとの混雑状況を示した表。

東京発府中本町行が最も混雑

府中本町行の武蔵野線

京葉線の東京駅発の武蔵野線が、線内では最も混雑が激しい。

東京駅や新木場駅から多数の乗客が乗ってくる。さらに、東京ディズニーリゾートの最寄り駅である舞浜駅からも乗客が乗ってくる。

西船橋駅を出発する時点が最も混雑する。ここでは、さらにJR総武線や地下鉄東西線からも乗客が乗り換えてくる。

したがって、西船橋→船橋法典間が夕ラッシュの最混雑区間となっている。ここからはしばらくの間は降りていく一方となる。

ただ、武蔵野線は都心から放射状に郊外へ延びる通勤路線とは違って、首都圏をぐるっと回るような路線である。

途中にはいくつもの乗り換え駅が存在する。そうした乗り換え駅ではまとまった数の乗客の入れ替えが起きるのと同時に、大量の乗客が乗ってくる。再び混雑が激化するところが複数点あるのが特徴。

武蔵野線は主に他のJR線との乗り換え駅で、再び大量の乗客が乗ってくる。新松戸・南浦和・武蔵浦和・西国分寺がその例である。

西船橋・新松戸・南浦和・武蔵浦和から大量に乗ってくる

西船橋・新松戸・南浦和・武蔵浦和の4駅では、まとまった数の乗客が降りていくものの、夕方の時間帯はそれ以上に多数の乗客が乗ってくる。

再び車内は満員電車となり、乗車率も100%を超えるところが多い。しかも、上下線問わずどちらの方向も混雑する。目安として、100~150%の乗車率となる。

武蔵野線はどちらかが都心方面へ向かうというわけではない。東京駅発着もあるが、こちらは京葉線へ乗り入れて都心とを行き来しているため、武蔵野線単体というわけではない。

JR線と接続する主要駅は、すでに乗っている場合には座席に座るチャンスである。まとまった数の乗客が入れ替わるため、座りたいのであれば狙い目である。

これを逃すとまた長い時間座れない状態が続くだろう。乗車率が再度アップするため、このタイミングで座りたいところだ。

京葉線内はどのくらい混雑する?

武蔵野線のほとんどは京葉線と行き来する。全体の半分は東京駅方面と、残りの半分は南船橋または海浜幕張方面と行き来している。

南船橋方面では、夕方の時間帯となれば満員電車になるのは確かだが、それでもやや余裕が見られる。ドア付近でも人と人が接するほど混み合うことはあまりない。

舞浜駅で混雑する武蔵野線

一方の東京駅方面の場合は混雑が激しくなる傾向にある。始発駅の東京駅、東京メトロ有楽町線とりんかい線との乗り換え駅である新木場駅、そして東京ディズニーリゾートのある舞浜駅から大量に乗客が乗ってくる。

特に舞浜駅からは夜遅い時間帯になっても大勢の乗客が乗ってくる。「ディズニーラッシュ」の影響は武蔵野線内へも大きく残る。

舞浜駅から武蔵野線の府中本町方面へ行く電車は、ドア付近だと人と人が接するくらいまで混雑することが多い。特に土日祝日の混み具合がひどい傾向にある。

他の路線の帰宅ラッシュ時の混雑状況


広告

おすすめ記事