【帰宅ラッシュ】丸ノ内線の夕方・夜の混雑する時間帯・区間を調査

夕方の丸ノ内線

東京メトロ丸ノ内線の夕方と夜の帰宅ラッシュの混雑を時間帯・区間ごとに調査した。ピークは18時から19時までの1時間前後。

方向別でそれぞれの電車の混み具合を5段階で評価。職場や学校から自宅に帰る人が集中するが、座れる可能性は果たしてあるのか。

池袋方面、荻窪方面のいずれも区間ごとによっても事情は大きく異なる。


夕方以降の時間帯ごとの混雑状況

帰宅ラッシュの時間帯ごとの混雑状況
時間帯 混み具合
16:00-17:00 3
17:00-18:00 4
18:00-18:30 5
18:30-19:00 5
19:00-20:00 4
20:00-21:00 4
21:00-22:00 3
22:00-23:00 2

※調査場所:東京駅

混雑の目安については以下になる。

レベル 視覚的ランク 混雑の目安
5 ★★★★★ 電車のドア付近では圧迫感あり
スマホの操作可否は微妙
4 ★★★★ 車内奥なら吊革か手すりにつかまれる
スマホの操作は車内全域で可能
3 ★★★ 車内奥にも立っている人がいる
ドア付近は人口密度高い
2 ★★ 座れる人の方が多い
ドア付近は立っている人がいる
1 確実に座れる
座席にいつても座れる状態

参考:【丸ノ内線】混雑はどれくらいのレベル!? 朝ラッシュはどうか?

18~19時はピークで乗車率150%?

夕方の帰宅ラッシュもまたかなり混雑するものの、朝とは違って早く帰る人と遅く帰る人がいるため、混雑度は分散されるのは確か。

ピークの時間帯は18:00~19:00の1時間くらい。乗車率は公表されている統計情報はないものの、感覚的には150%程度に達すると思われる。

電車の中でスマホの操作がやっとできるというレベルである。

新聞や雑誌を広げて読めるようなレベルではないものの、スマホの操作ならどうにか他人に迷惑をかけずにできる。

一方でリュックを背負って乗るのは不可能。ドア付近では荷物がほかの乗客に触れるレベルにはなる。

19時以降は落ち着く

19時以降の夜の時間帯になると、丸ノ内線でも混雑は緩和されてくる。

池袋駅、東京駅、銀座駅、霞ケ関駅のような大量の乗車客がいる駅の時点では、19時以降になると夕方および夜の帰宅ラッシュは徐々に落ち着いてくる。

20時以降になるとドア付近でも空間に余裕が出るほど混雑が解消に向かう。

ダイヤの乱れ等がない限り、20時以降なら手荷物が他の乗客に触れる心配もほとんどない。ドア付近でもスマホの操作は余裕でできる。新聞や雑誌も読めるレベルになる。

このころに電車に乗る人といえば、仕事で残業した人、あるいは仕事帰りに夕食や飲み会に行った人が多くなるが、定時退勤で即帰路に就く人よりも割合的に少ない。

長時間残業を強いられる企業が多いことが社会的な問題になっているものの、それでも社会全体での割合で見ると20時以降に帰宅する人は多数派ではないのも事実。

ただし、これ以降は混雑が一方的に空いていくというわけではない。全員が座れるのは日中の閑散時に限られる。

区間・列車種別ごとの混雑

丸ノ内線

丸ノ内線の区間ごとの混雑状況について解説する。

東京駅から霞ケ関駅のかけてを折り返し地点として混雑する方向が変わる。

ただ、丸ノ内線は都心部を走るのがメインということもあって、郊外型の路線に長い距離に渡って混雑が続くわけではない。

また、遅延が生じてダイヤの乱れが発生した時はさらに混雑する。

>>丸ノ内線で遅延が多い原因を調査! 主要な理由は2つ

荻窪方面行(外回り)

荻窪方面の区間ごとの混雑状況
区間 混み具合
池袋 ★★
新大塚 ★★
茗荷谷 ★★
後楽園 ★★
御茶ノ水 ★★★
淡路町 ★★★
大手町 ★★★
東京 ★★★★
銀座 ★★★★
霞ケ関 ★★★★★
国会議事堂前 ★★★★★
赤坂見附 ★★★★★
四ツ谷 ★★★★
新宿三丁目 ★★★★
新宿 ★★★★
西新宿 ★★★★
中野坂上 ★★

各段階ごとの混雑率の目安
:150%以上
★★★★:120%
★★★:100%
★★:80%
★:50%

荻窪方面行の電車は「外回り」とも呼べる。

池袋駅を発車する時点では比較的空いている。座れない人も多数いるが、荷物が触れ合うようなレベルではない。

大手町駅または東京駅までは比較的混雑が緩めの状態が続く。

霞ケ関駅付近から一気に混雑が激しくなる。四ツ谷駅や新宿駅にて乗客の入れ替えが発生する。

西新宿駅から先はひたすら降りていく一方。

池袋方面行(内回り)

池袋方面の区間ごとの混雑状況
区間 荻窪行
荻窪
東高円寺
新中野 ★★
中野坂上 ★★
西新宿 ★★★
新宿 ★★★
新宿三丁目 ★★★
四ツ谷 ★★
赤坂見附 ★★★
国会議事堂前 ★★★
霞ケ関 ★★★
銀座 ★★★
東京 ★★★★
大手町 ★★★★★
淡路町 ★★★★★
御茶ノ水 ★★★★★
本郷三丁目 ★★★★★
後楽園 ★★★★★

各段階ごとの混雑率の目安
:150%以上
★★★★:120%
★★★:100%
★★:80%
★:50%

池袋方面行の電車は「内回り」とも呼べる。

荻窪駅を発車する時点ではガラガラ。全員が座れるほど空いている。西新宿駅辺りから徐々に混んでくる。

それいでも霞ケ関駅または銀座駅までは比較的混雑が緩めの状態が続く。

東京駅または大手町駅付近から一気に混雑が激しくなる。後楽園駅では乗客の入れ替えが発生するが、ここからは乗車客の方が多い。

終点の池袋駅までは混雑が続く。

どこの駅から座れる?

基本的に主要駅に到着すればある程度の乗客が降りていくため、着席できる機会が豊富。

丸ノ内線は郊外のJR・私鉄と相互直通運転を行うわけではないため、回転が早い。東京駅や銀座駅、霞ケ関駅、四ツ谷駅、新宿駅などでは大量に降車客が発生。

そこまでは満員になっていても、ちょっとしたら座る機会がやってくる。

起点から終点まで一貫して座れないということはまずありえない。

おすすめ記事