【帰宅ラッシュ】東武東上線の夕方・夜の混雑する時間帯・区間を調査

混雑する東武東上線の急行

東武東上線の夕方から夜にかけての帰宅ラッシュの混雑状況を時間帯・区間ごとに調査。下り小川町方面の電車を中心に、ピークは18時過ぎ。

急行、準急、各駅停車(上りは快速急行)が走っているが、通過駅が少ないほど乗車率が高くて混み合う。

池袋駅発着以外にも東京メトロ副都心線・有楽町線からの直通列車がある。

TJライナーは、混雑する場合でも乗車率は100%に留まる。有料座席定員制となっているため、満席になればそれ以上は物理的に乗れない。


夕方・夜の時間帯別での混雑度

帰宅ラッシュの時間帯ごとの混雑状況
時間帯 混雑レベル 時間帯 混雑レベル
15:00-16:00 2 18:30-19:00 5
16:00-17:00 2 19:00-19:30 5
17:00-17:30 3 19:30-20:00 4
17:30-18:00 4 20:00-21:00 4
18:00-18:30 5 21:00-22:00 3

※調査場所:和光市駅
※平日の16~22時までの夕方と夜の帰宅時間帯の混雑傾向を表示。

混雑の目安については以下になる。

レベル 視覚的ランク 混雑の目安
5 ★★★★★ 電車のドア付近では圧迫感あり
スマホの操作可否は微妙
4 ★★★★ 車内奥なら吊革か手すりにつかまれる
スマホの操作は車内全域で可能
3 ★★★ 車内奥にも立っている人がいる
ドア付近は人口密度高い
2 ★★ 座れる人の方が多い
ドア付近は立っている人がいる
1 確実に座れる
座席にいつても座れる状態

参考:東武東上線の朝ラッシュの混雑はどれくらいの規模になる!?

帰宅ラッシュが始まるのは17時頃。そして、ピークは18時からスタート。

18:00~20:00は夕ラッシュのピークといえる時間帯になる。

18~19時のピークのレベルとは?

18:00~19:00までの時間帯では、乗車率は150%程度になると推測。

正確なデータは公表されていないため、帰宅ラッシュの混雑度を知る方法はないが、目視で確認するとこのくらいが妥当といえる。

通過駅のある急行ではドア付近では手荷物が他人に触れる可能性もある。スマホの操作はドア付近では躊躇するレベル。

準急は急行に比べてとやや空いているが、それでもドア付近では吊革にも手すりにもつかまれない。

20時台

20時頃の目黒線

20時を過ぎると混雑はやや緩やかになってくる。乗客同士あるいは手荷物が他人に接するレベルではない。

しかし、それでもまだまだ満員電車に近い状態が続く。

急行を中心にリュックを背負って乗ることも難しい。

ただし、遅延時はこの限りではない。異常時だと通常よりも大幅に混雑する。

>>東武東上線で遅延が多い原因を調査! 主要な理由は2つ

21時台

21時になると乗客数は少なくなってくる。

どの列車でも着席客と立ち客の人数が拮抗するレベルには収まってくる。

スマホの操作は車内のどこに立っていたとしても可能。

急行でも車内奥であればリュックを背負って乗れる程度にまでは解消。

区間・列車種別ごとの混雑

下り列車

区間 急行 準急 各駅停車
池袋 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★
北池袋 ★★★★
下板橋 ★★★
大山 ★★★
中板橋 ★★
ときわ台 ★★
上板橋 ★★
東武練馬
下赤塚
成増 ★★★★★ ★★★★★ ★★
和光市 ★★★★★ ★★★★ ★★★
朝霞 ★★★★ ★★★
朝霞台 ★★★★ ★★★★ ★★★
志木 ★★★★ ★★★ ★★
柳瀬川 ★★★ ★★
みずほ台 ★★★ ★★
鶴瀬 ★★
ふじみ野 ★★★ ★★★ ★★
上福岡 ★★ ★★
新河岸 ★★ ★★
川越 ★★★ ★★
川越市 ★★★ ★★
霞ヶ関 ★★ ★★
鶴ヶ島 ★★
若葉 ★★
坂戸 ★★
北坂戸 ★★
高坂
東松山
森林公園
つきのわ
武蔵嵐山

各段階ごとの混雑率の目安
:150%以上
★★★★:120%
★★★:100%
★★:80%
★:50%

※快速急行、各駅停車の一部は和光市駅より東京メトロ副都心線東京メトロ有楽町線から直通。

上記は東武東上線の森林公園・小川町方面へ向かう電車の区間ごとの混雑状況を示した表。

上り列車

区間 快速急行 急行  準急 各駅停車
小川町
武蔵嵐山
つきのわ
森林公園
東松山
高坂
北坂戸
坂戸 ★★ ★★
若葉 ★★
鶴ヶ島 ★★
霞ヶ関 ★★
川越市 ★★ ★★
川越 ★★ ★★
新河岸
上福岡
ふじみ野 ★★
鶴瀬
みずほ台
柳瀬川
志木 ★★★ ★★ ★★
朝霞台 ★★★ ★★
朝霞 ★★
和光市 ★★★ ★★
成増 ★★★ ★★
下赤塚
東武練馬
上板橋
ときわ台
中板橋
大山
下板橋 ★★
北池袋 ★★

※快速急行、各駅停車の一部は和光市駅より東京メトロ副都心線東京メトロ有楽町線へ直通。

各段階ごとの混雑率の目安
:150%以上
★★★★:120%
★★★:100%
★★:80%
★:50%

上記は東武東上線の池袋方面へ向かう電車の区間ごとの混雑状況を示した表。

急行は大混雑、 乗車率150%以上に

帰宅ラッシュ時の下りの場合、最も混雑するのは急行である。池袋~川越間で通過駅の設定がある電車だが、長距離利用者が殺到する種別であることから、17時以降になると大混雑となる。

中でも18~19時頃に池袋駅を出発する急行では、混雑は朝ラッシュの時と同じくらいになる。乗車率は150%程度になるのではないかと考える。

ドア付近に立つとなると、つり革または手すりにつかまって体を支えるのは難しい。自分の足だけでバランスをとるしかない。

発車直前に最後に電車に乗り込む人は、ドアが閉まる際に荷物がドアに挟まることがある。それくらい夕ラッシュの時間帯に運転される急行の混雑は激しい。

一番空いているのは各駅停車である。乗車するのは北池袋~東武練馬間の各駅停車しか止まらない駅を乗り降りする人がほとんど。成増駅以北と行き来する人は準急や急行に乗る。

各停でも座れない人の方が多いことには変わりないものの、回転率が非常に高く、停車駅に止まるたびに座れる機会がやってくる。

準急は志木駅まで混雑

東武東上線で終日運転される準急は、池袋~成増間だけ通過駅がある。成増駅以北は各駅停車と同じであり、中距離利用者が多く利用する種別である。

和光市駅から北側の急行が通過する駅を乗り降りする人も準急を使う。東京都内の区間だけ急行と同じく速達列車となるため、準急も池袋駅の時点で満員電車となる。

混雑の規模は急行と大差ない。帰宅ラッシュのピークとなる18~19時頃だと、池袋駅を発車する段階の乗車率は100%は軽く超える。

準急の帰宅ラッシュ

ドア付近に立つと身体を支えるためのつり革や手すりにはつかまれないだろう。リュックを背負ったまま電車に乗るのは不可能に近い。

ただし、最初の停車駅である成増駅を過ぎると、次第に空いてくる。和光市駅では地下鉄からの乗り換え客が乗ってきて混雑するものの、朝霞駅からは降りていく一方となる。

志木駅を過ぎれば、座席に座れる機会も多くやってくる。ふじみ野駅に到着すると、立っていた人でも座れる可能性が高い。ふじみ野駅では後続の急行の接続と通過待ちを行うこともあって、まとまった乗客が一気に降りていく。


広告

おすすめ記事