【帰宅ラッシュ】東急東横線の夕方・夜の混雑する時間帯・区間を調査

東急東横線(帰宅ラッシュ)

東急東横線の夕方から夜にかけての帰宅ラッシュの混雑状況を時間帯・区間ごとに調査。平日は通勤特急・急行・各駅停車の3つの種別が運転されている。

通勤通学で乗客が最も殺到するのは18~20時の時間帯である。この時間帯となると、上下線のどちらの方向の電車も満員電車となる。

東急東横線では、みなとみらい線のほかに渋谷駅から東京メトロ副都心線などと相互直通運転を行っている。起点である渋谷駅や横浜駅から乗っても座れる可能性が低い。


夕方・夜の時間帯別での混雑度

帰宅ラッシュの時間帯ごとの混雑状況
時間帯 混雑レベル 時間帯 混雑レベル
15:00-16:00 2 18:30-19:00 5
16:00-17:00 2 19:00-19:30 5
17:00-17:30 3 19:30-20:00 5
17:30-18:00 4 20:00-21:00 4
18:00-18:30 5 21:00-22:00 3

※調査場所:渋谷駅
※平日の16~22時までの夕方と夜の帰宅時間帯の混雑傾向を表示。

混雑の目安については以下になる。

レベル 視覚的ランク 混雑の目安
5 ★★★★★ 電車のドア付近では圧迫感あり
スマホの操作可否は微妙
4 ★★★★ 車内奥なら吊革か手すりにつかまれる
スマホの操作は車内全域で可能
3 ★★★ 車内奥にも立っている人がいる
ドア付近は人口密度高い
2 ★★ 座れる人の方が多い
ドア付近は立っている人がいる
1 確実に座れる
座席にいつても座れる状態

参考:【朝ラッシュ】東急東横線の混雑状況を時間帯・区間ごとに調査!

学生が帰宅する時間帯は早い。部活動などがなくて正規授業が終わったら家に帰る人は15~17時には帰りの電車に乗る。

通学客は15時台、16時台から早くも多くなる。とはいえ、人数的には圧倒的に通勤客の方が多数派。社会人だとまだ帰宅の体制には入らない。

そのため、15~17時はまだまだ空いている。

帰宅ラッシュが始まるのは17時頃。そして、ピークは18時からスタート。18:00~20:00は夕ラッシュのピークといえる時間帯になる。

18~19時のピークのレベルとは?

18:00~19:00までの時間帯では、乗車率は160~180%程度になると推測する。

正確なデータは公表されていないため、帰宅ラッシュの混雑度を知る方法はないが、目視で確認するとこのくらいが妥当といえる。

ドア付近に立つと周囲の空間に余裕はない。通勤特急に至っては乗客同士が接することも。手荷物が他人に触れる。

スマホの操作はドア付近では困難なほど。

18時以降はほとんど通勤客で占めている。終業時刻が過ぎてちょっと残業して帰るという人が多いことを考えると、これくらいの時間帯が最も人の移動が多い時といえる。

参考:【路線別】武蔵小杉駅の混雑のレベル! 朝と夕方のラッシュの実態を調査

20時台

20時を過ぎると混雑はやや緩やかになってくる。

乗客同士が押し合うレベルではなく、どんなにひどくても荷物が触れ合う程度までには緩和される。

ダイヤの乱れ等がない限り、20時以降なら乗客同士が押し合うほどにはならない。

ドア付近でもスマホの操作ができるくらいになる。

しかし、それでもまだまだ満員電車に近い状態が続く。

新聞や雑誌を読めるほどの余裕はない。カバンから新聞や雑誌を取り出せる空間はない。

リュックを背負って乗ることも難しい。

21時台

21時になると乗客数は少なくなってくる。

武蔵小杉から下り側では、どの列車種別でも着席客と立ち客の人数が拮抗するレベルには収まってくる。

スマホの操作は車内のどこに立っていたとしても可能。

ただし、渋谷駅の時点ではドア付近だと荷物が他の乗客に触れあうレベルではある。

22時台

22時台に入るといよいよ深夜の時間帯に突入。この時間帯に電車に乗る人はかなり遅い帰宅に当たる。

渋谷駅・中目黒駅の時点でも、荷物が他人に触れることは基本的にない。

リュックを背負って乗れる電車がほとんど。

区間・列車種別ごとの混雑

東急東横線の混雑区間

東急東横線の区間ごとの混雑状況について解説する。

下りの横浜・元町中華街方面へ向かう電車が圧倒的に混雑。

逆に上りの渋谷方面へ向かう電車は比較的空いている。

なお、今回の調査対象はあくまでも平常運転の場合。ダイヤが乱れた遅延時は大幅に混雑することが予想される。

>>東急東横線で遅延が多い原因を調査! 主要な理由は3つ

下り(横浜・元町中華街方面)

下り列車の区間ごとの混雑状況
区間 通勤特急 急行 各駅停車
渋谷 ★★★★★ ★★★★★ ★★★
代官山 ★★★
中目黒 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★
祐天寺 ★★★★
学芸大学 ★★★★★ ★★★
都立大学 ★★
自由が丘 ★★★★★ ★★★★ ★★★
田園調布 ★★★★ ★★★
多摩川 ★★★★ ★★★
新丸子 ★★
武蔵小杉 ★★★★ ★★★ ★★
元住吉 ★★
日吉 ★★★★ ★★★ ★★
綱島 ★★★ ★★
大倉山
菊名 ★★★ ★★ ★★
妙蓮寺 ★★
白楽
東白楽
反町
横浜 横浜高速鉄道みなとみらい線の区間>

各段階ごとの混雑率の目安
:150%以上
★★★★:120%
★★★:100%
★★:80%
★:50%

上記は東急東横線の横浜・元町中華街方面へ向かう電車の区間ごとの混雑状況を示した表。

上り(渋谷方面)

上り列車の区間ごとの混雑状況
区間 通勤特急 急行 各駅停車
元町中華街~横浜 横浜高速鉄道みなとみらい線の区間>
横浜 ★★ ★★
反町
東白楽
白楽
妙蓮寺
菊名 ★★★ ★★
大倉山
綱島 ★★
日吉 ★★★ ★★★ ★★
元住吉 ★★
武蔵小杉 ★★★ ★★
新丸子 ★★
多摩川 ★★★ ★★
田園調布 ★★ ★★
自由が丘 ★★★★
★★★
都立大学 ★★★ ★★
学芸大学 ★★★ ★★
祐天寺 ★★★ ★★
中目黒 ★★★ ★★ ★★
代官山 ★★
渋谷 <副都心線へ直通>

各段階ごとの混雑率の目安
:150%以上
★★★★:120%
★★★:100%
★★:80%
★:50%

上記は東急東横線の渋谷方面へ向かう電車の区間ごとの混雑状況を示した表。

通勤特急が最混雑、下りは完全に満員

東横線の夕ラッシュ

東急東横線の夕方から夜にかけての最速列車は通勤特急。停車駅が少ないこともあり、長い距離を移動する人はこれに殺到する傾向にある。

そんなことから、最も混雑が激しいのは言うまでもなく通勤特急となっている。乗車率は軽く100%を超える。一部の時間帯では乗車率は150%程度まで達すると思われる。

ドア付近に立つと他の人と接する可能性がある。さらに、ドアに挟まる人も数人出てくるかもしれない。押し屋が必要なほどではないものの、朝と変わらないくらいの混み具合となる。

最も混雑するのは、中目黒→自由が丘である。下りは都心から郊外の自宅へ帰る人でいっぱいになる。中目黒駅では日比谷線からの乗客が合流するため、次の自由が丘駅まで超満員となりやすい。

東急大井町線

自由が丘駅は東急大井町線との乗り換え駅となっていることもあり、降りていく人が多い。この駅を出ると、ようやく混雑が和らいでいく。

急行は、停車駅は各停よりは少ないものの、特急系よりは多い。ただ、通勤特急を含めた列車の通過待ちはないため、遠距離利用者を中心に殺到しやすい。

乗車率は、18~20時の時間帯では同じく100%は軽く超える。しかも、急行の場合は10両編成の電車と8両編成の電車が入れ混ざっている。

8両編成だと短くて輸送力が不足している感じがする。混雑は10両編成の時よりも激しくなるだろう。最も混雑するのは同じく中目黒→学芸大学→自由が丘の区間となっている。

上りも自由が丘→中目黒が混雑

東急東横線の場合、上り側は渋谷駅だが、下り側にも横浜駅という巨大な駅がある。横浜方面から都心方面へ向かう人も多い。夕方の帰宅ラッシュも例外ではない。

他の路線だと、帰宅時間帯では上りは空いているケースが多い。しかし、東横線は上下線ともに満員電車となる。

東横線の急行

下りと同じく、上りも通勤特急が一番混む。乗車率は100%を超えるだろう。最混雑区間は自由が丘→中目黒の区間となっている。

自由が丘駅では、東急大井町からの乗り換え客が殺到する。しかも、自由が丘では緩急接続が行われる。通勤特急と各駅停車が連絡されるため、各停からの乗り換え客も多く乗ってくる。

そんな事情から、通勤特急では始発駅を除いて座れる機会が少ない。なお、菊名駅と武蔵小杉駅でもまとまった乗客の入れ替えが起きる。降りていく人は多いが、乗ってくる人も多い。

急行については、通勤特急ほどではないが同じく混雑は激しい。ただし、途中駅で降りる人も少なくはない。座れる機会に出会えることはある。他の路線との乗り換え駅に到着する時点がチャンスだ。

各駅停車は、優等列車を補完する役割となっている。速達列車が止まらない小さな駅を利用する人が利用者の中心のため、途中駅で座れる可能性が大きい。自由が丘駅や菊名駅はねらい目である。


広告

他の路線に関して(首都圏)

おすすめ記事