【帰宅ラッシュ】東海道線(東京口)の夕方・夜の混雑する時間帯・区間を調査

東海道線

JR東海道線(東京口)の夕方から夜にかけての帰宅ラッシュの混雑状況を時間帯・区間ごとに調査。

全体的には17~21時までが帰宅ラッシュのコアタイム、ピークは18時から20時までの2時間前後。

ほとんどの列車は上野東京ラインとして運転されている。東京駅や新橋駅、品川駅で満員となるものの、上野駅以北でも座席は満席になっている。

普通列車であっても、東海道線は京浜間では快速としての役割を果たしている。京浜東北線や横須賀線よりも停車駅が少なく、所要時間が短いこともあり、長距離利用者は東海道線の列車に殺到する。

並行して走る京浜東北線や横須賀線はあくまでも東海道線の電車が止まらない小さな駅を利用する人が主流。


夕方以降の時間帯ごとの混雑状況

帰宅ラッシュの時間帯ごとの混雑状況
時間帯 混み具合
16:00-17:00 3
17:00-18:00 4
18:00-18:30 5
18:30-19:00 5
19:00-20:00 5
20:00-21:00 4
21:00-22:00 4
22:00-23:00 3

※調査場所:品川駅
※平日の16~23時までの夕方と夜の帰宅時間帯の混雑傾向を表示。

混雑の目安については以下になる。

レベル 視覚的ランク 混雑の目安
5 ★★★★★ 電車のドア付近では圧迫感あり
スマホの操作可否は微妙
4 ★★★★ 車内奥なら吊革か手すりにつかまれる
スマホの操作は車内全域で可能
3 ★★★ 車内奥にも立っている人がいる
ドア付近は人口密度高い
2 ★★ 座れる人の方が多い
ドア付近は立っている人がいる
1 確実に座れる
座席にいつても座れる状態

参考:東海道線(JR東日本)の朝ラッシュの混雑状況を時間帯・区間ごとに調査

18~20時がピーク

東海道線の夕方の帰宅ラッシュもまたかなり混雑する。

ピークの時間帯は18:00~20:00の2時間くらい。遠距離利用者も多いこともあり、混雑する時間帯はやや長め。

乗車率は公表されている統計情報はないものの、感覚的には朝と同じく180%程度。

帰宅ラッシュ時も最混雑区間は品川→川崎の区間。

電車の中でスマホの操作はドア付近では完全に不可能。車内奥でも他の乗客と押し合うほどのレベルなら不可能。

手足を自由に動かせることすら難しい中、スマホ操作は物理的に無理。

>>満員電車でスマホは使ってOK!? マナー的に迷惑にならないのか?

混雑率の調査の1つの目安として利用される「新聞や雑誌を広げて読める」という項目は100%満たさない。

リュックを背負って乗るのは当然不可能。物理的に無理。

>>満員電車でリュックを背負うのがOK/NGの基準

20時台はドア付近でも空間に余裕あり

電車でスマホを操作する人

20時以降になると車内空間に余裕が出るほど混雑が解消に向かう。

乗客同士が押し合うレベルではなく、荷物が触れ合う程度までには緩和される。

ダイヤの乱れ等がない限り、20時以降なら乗客同士が押し合うほどにはならない。

ドア付近でもスマホの操作ができるくらいになる。

その一方、新聞や雑誌を読めるほどの余裕はない。カバンから新聞や雑誌を取り出せる空間はない。

リュックを背負って乗ることも難しい。

21時台

21時以降になると、スマホの操作は車内のどこに立っていたとしても可能。

新聞や雑誌を読むことも車内奥ならどうにかできるかもしれない。

ただし、ドア付近だと荷物が他の乗客に触れあうレベルではある。

まだリュックを背負って乗れるほどではない。遠距離利用者が多い通勤快速は特に困難。

22時台

22時台に入るといよいよ深夜の時間帯に突入。

東海道線でもこの時間帯に電車に乗る人はかなり遅い帰宅に当たる。

ようやくドア付近でも乗客同士が触れ合うほどではなく、荷物も触れにくい。

リュックを背負って乗れる電車がほとんど。

区間・列車種別ごとの混雑

東海道線の混雑区間

東海道線の区間ごとの混雑状況について解説する。

下りの熱海方面へ向かう電車が圧倒的に混雑。

逆に上りの東京方面へ向かう電車は比較的空いている。乗客同士が触れ合うほどにはなりにくい。

一方、遅延が生じてダイヤの乱れが発生した時はさらに混雑する。

>>東海道線(JR東日本)で遅延が多い原因を調査! 主要な理由は3つ

熱海方面(下り)

下り列車の区間ごとの混雑状況
区間 混み具合
東京 ★★★
新橋 ★★★★
品川
川崎
横浜
戸塚
大船
藤沢 ★★★★
辻堂 ★★★★
茅ケ崎 ★★★
平塚 ★★★
大磯 ★★
二宮 ★★
国府津
鴨宮
小田原 ★★
早川 ★★
根府川
真鶴
湯河原

各段階ごとの混雑率の目安
:150%以上
★★★★:120%
★★★:100%
★★:80%
★:50%

上記は東海道線の熱海方面へ向かう電車の区間ごとの混雑状況を示した表。

東京駅以北は上野東京ラインを参照。

東京方面(上り)

上り列車の区間ごとの混雑状況
区間 混み具合
熱海
湯河原
真鶴
根府川
早川
小田
鴨宮
国府津
二宮
大磯
平塚
茅ケ崎
辻堂
藤沢 ★★
大船 ★★
戸塚 ★★
横浜 ★★★
川崎 ★★★
品川 ★★★
新橋 ★★★★

各段階ごとの混雑率の目安
:150%以上
★★★★:120%
★★★:100%
★★:80%
★:50%

東海道線の東京方面へ向かう電車の区間ごとの混雑状況を示した表。

18~20時頃までは乗車率180%程度?

東海道線の夕方

平日の帰宅ラッシュのピークは18~20時頃までの2時間程度。東海道線の下り方面は、特に京浜間で混雑が激しい。

最も混雑するのは品川→川崎の区間。ここでは、乗車率は180%くらいにはなると考えられる。

ドア付近に立つとつり革や手すりにはつかまれない。また、他の人と体の一部が触れることもある。

夕方・夜の混雑は朝と比べて幾分分散されるものの、運転本数も少ないことから、1つの列車の乗車率の違いはそれほど大きな違いがない。

下りは大船から先は降りていく一方

横浜駅と大船駅は乗り換え駅ということもあり、まとまった数の乗客の入れ替えが起こる。

降りていく人も一定数いるものの、乗ってくる人も多いため、出発すると再び混雑する。

大船駅を出れば、あとはひたすら降りていく一方となる。

東京や横浜の郊外の地域に入るため、乗ってくる人よりも降りていく人の方が圧倒的に多い。

東海道線には、行き先として熱海・小田原・平塚の3駅が主流だが、それぞれに大きな違いは見られない。

利用者層のほとんどは平塚駅より都心側であることから、どの電車も混雑することには変わりない。

上りは横浜→東京が混雑

上り電車の場合、大船より手前ではそれほど混雑しない。小田原方面から乗ってくる人は少なく、東海道線単独区間の利用者は、夕方の上りはいない。座席に座れる可能性も大きい。

ただし、横浜駅以北では帰宅ラッシュの影響が表れる。横浜市や川崎市は工場が多く立地しているためである。

横浜駅では根岸線やみなとみらい線、京急線からの乗り換え客が集まる。川崎駅では南武線から乗客が流れてくる。

横浜駅に到着すると、上り電車でも座席に空席は完全にゼロとなる。朝ほど混雑が激しくはならないものの、立っている人の方が多くなる光景も決して珍しくはない。

東海道線の夕方の上りは、本数はそれほど多くはない。1時間当たり6~8本しか運転されていないため、乗車機会が少ない。

乗車率は、ピークとなれば100%に達すると思われる。ドア付近だとたた圧迫感を感じるかもしれない。


広告

他の路線に関して(首都圏)

おすすめ記事