【帰宅ラッシュ】京葉線の夕方・夜の混雑する時間帯・区間を調査

京葉線

京葉線の夕方から夜にかけての帰宅ラッシュの混雑状況を時間帯・区間ごとに調査。

混雑する下り列車で、千葉県方面へ向かう人達が集結する新木場駅の時点での特に満員電車に。ピークは18時から19時までの1時間前後。

京葉線は、夕方の時間帯では蘇我行と海浜幕張行に加えて、外房線へ直通する上総一ノ宮行、内房線直通の君津行が走っている。特に後者の直通列車が混み合いやすい。

さらに、上り列車を中心に舞浜駅(東京ディズニーリゾート最寄駅)からも大量に乗客が集中して混雑する。


夕方以降の時間帯ごとの混雑状況

帰宅ラッシュの時間帯ごとの混雑状況
時間帯 混み具合
16:00-17:00 3
17:00-18:00 4
18:00-18:30 5
18:30-19:00 5
19:00-20:00 4
20:00-21:00 4
21:00-22:00 3
22:00-23:00 3

※調査場所:新木場駅
※平日の16~23時までの夕方と夜の帰宅時間帯の混雑傾向を表示。

混雑の目安については以下になる。

レベル 視覚的ランク 混雑の目安
5 ★★★★★ 電車のドア付近では圧迫感あり
スマホの操作可否は微妙
4 ★★★★ 車内奥なら吊革か手すりにつかまれる
スマホの操作は車内全域で可能
3 ★★★ 車内奥にも立っている人がいる
ドア付近は人口密度高い
2 ★★ 座れる人の方が多い
ドア付近は立っている人がいる
1 確実に座れる
座席にいつても座れる状態

参考:京葉線の混雑状況を時間帯・区間ごとに調査! ピークの目安

18~19時がピーク

京葉線の夕方の帰宅ラッシュもまたかなり混雑する。特に通勤快速・快速では集中しやすい。

新木場駅の時点では、ピークの時間帯は18:00~19:00の1時間くらい。

乗車率は公表されている統計情報はないものの、感覚的には150%程度。最混雑区間は新木場→葛西臨海公園の区間。

電車の中でスマホの操作は、車内奥なら可能かもしれないが、ドア付近では難しい。

手足を自由に動かせないほどすし詰め状態ではないものの、スマホをカバンやポケットから取り出せる余裕はない。

>>満員電車でスマホは使ってOK!? マナー的に迷惑にならないのか?

もちろん、リュックを背負って乗るのは当然不可能。物理的に無理。

19時以降は落ち着く

19時以降の夜の時間帯になると、若干ながら混雑は緩和されてくる。

新木場駅の時点では、19時台はピーク時の18時台よりもやや緩やか。

19時30分以降は特に乗客同士が触れ合うほどではない列車が出てくる。

ドア付近でのスマホの操作はギリギリ行えるほどではある。

ただ、カバンなどの手荷物が他の乗客に触れるほどにはなってしまう。

快速・通勤快速・各駅停車のいずれも最混雑度はどちらもほぼ同じ水準。

20時台はドア付近でも空間に余裕あり

電車でスマホを操作する人

20時以降になるとドア付近でも空間に余裕が出るほど混雑が解消に向かう。

乗客同士が押し合うレベルではなく、すし詰め状態になるのは遅延の場合などの異常時のみ。

ダイヤの乱れ等がない限り、20時以降なら手荷物が他の乗客に触れることが減ってくる。

ドア付近でもスマホの操作は余裕でできる。

その一方、新聞や雑誌を読めるほどの余裕はない。カバンから新聞や雑誌を取り出せる空間はない。

リュックを背負って乗ることも難しい。

21時台

21時以降になると、荷物が触れ合うこともほとんどない。

スマホの操作は車内のどこに立っていたとしても可能。快速・各駅停車どちらも可能。

>>満員電車でリュックを背負うのがOK/NGの基準

一方、一部の車両のドア付近ではまだリュックを背負って乗れるほどではない。

快速は各駅停車よりもさらに困難。

22時台

22時台に入るといよいよ深夜の時間帯に突入。

この時間帯に電車に乗る人はかなり遅い帰宅に当たる。

ドア付近でも乗客同士が触れ合うほどではなく、荷物も触れにくい。

ようやくリュックを背負って乗れる電車が多くなる。

区間・列車種別ごとの混雑

京葉線の混雑区間

京葉線速の区間ごとの混雑状況について解説する。

下りの蘇我方面へ向かう電車が圧倒的に混雑。快速・通勤快速はさらに長い距離に渡って混雑が続く。

逆に上りの東京方面へ向かう電車は比較的空いている。ドア付近でも圧迫されることはない。

ただし、舞浜→新木場にかけてはディズニー帰りの人たちでやや乗車率が上がる。

また、遅延が生じてダイヤの乱れが発生した時はさらに混雑する。

>>京葉線で遅延が多い原因を調査! 主要な理由は3つ

蘇我方面(下り)

下り列車の区間ごとの混雑状況
区間 各駅停車 快速
東京 ★★★ ★★★★
八丁堀 ★★★ ★★★★
越中島 ★★★
潮見 ★★★
新木場
葛西臨海公園
舞浜
新浦安 ★★★ ★★★★
市川塩浜 ★★★
二俣新町 ★★★
南船橋 ★★★ ★★★★
新習志野 ★★
海浜幕張 ★★ ★★★
検見川浜 ★★ ★★★
稲毛海岸 ★★ ★★
千葉みなと ★★ ★★

各段階ごとの混雑率の目安
:150%以上
★★★★:120%
★★★:100%
★★:80%
★:50%

上記は京葉線の蘇我方面へ向かう電車の区間ごとの混雑状況を示した表。

東京方面(上り)

上り列車の区間・列車種別ごとの混雑状況
区間 各駅停車 快速
蘇我
千葉みなと
稲毛海岸
検見川浜
海浜幕張 ★★
新習志野 ★★
南船橋 ★★
二俣新町 ★★
市川塩浜 ★★ ★★
新浦安 ★★ ★★
舞浜 ★★★ ★★★
葛西臨海公園 ★★★ ★★★
新木場 ★★ ★★
潮見 ★★
越中島 ★★
八丁堀 ★★

各段階ごとの混雑率の目安
:150%以上
★★★★:120%
★★★:100%
★★:80%
★:50%

上記は京葉線の東京方面へ向かう電車の区間ごとの混雑状況を示した表。

どこの駅から座れる?

座れる駅

下り列車は新木場駅を出発すれば、舞浜駅を除いてはあとはひたすら降りていく一方。

新浦安駅、南船橋駅で大量の降車客が発生。ここで座れる可能性が大きい。

海浜幕張駅でさらに大量の乗客が降りていく。各駅停車を蘇我駅まで座れないことは少ない。

一方の快速電車で外房線・内房線直通は蘇我駅まで混雑しやすい。

しかも蘇我駅から大量の乗客が乗ってくるため、座れない可能性が大きい。

上り列車は基本的に空いている。座れない区間は舞浜→東京で、ここは東京ディズニーリゾートから帰宅する人たちが多い区間。


広告

他の路線に関して(首都圏)

おすすめ記事