【帰宅ラッシュ】南武線の夕方・夜の混雑する時間帯・区間を調査

南武線

南武線の夕方から夜にかけての帰宅ラッシュの混雑状況を時間帯・区間ごとに調査。

川崎駅・武蔵小杉駅・登戸駅の乗車時点で特に満員電車に。全体的には17~21時までが帰宅ラッシュのコアタイム、ピークは18時から19時までの1時間前後。

方向別では立川方面(下り)が混雑する傾向。

朝と同じく、6両編成しかないこと、沿線の人口増加という背景もあって都心へ直結していない路線としては著しく混雑する。


夕方以降の時間帯ごとの混雑状況

帰宅ラッシュの時間帯ごとの混雑状況
時間帯 混み具合
16:00-17:00 3
17:00-18:00 4
18:00-18:30 5
18:30-19:00 5
19:00-20:00 5
20:00-21:00 4
21:00-22:00 4
22:00-23:00 3

※調査場所:武蔵小杉駅
※平日の16~23時までの夕方と夜の帰宅時間帯の混雑傾向を表示。

混雑の目安については以下になる。

レベル 視覚的ランク 混雑の目安
5 ★★★★★ 電車のドア付近では圧迫感あり
スマホの操作可否は微妙
4 ★★★★ 車内奥なら吊革か手すりにつかまれる
スマホの操作は車内全域で可能
3 ★★★ 車内奥にも立っている人がいる
ドア付近は人口密度高い
2 ★★ 座れる人の方が多い
ドア付近は立っている人がいる
1 確実に座れる
座席にいつても座れる状態

参考:南武線の朝ラッシュの混雑状況を時間帯・区間ごとに調査!

18~19時がピーク

南武線の夕方の帰宅ラッシュもまたかなり混雑する。

ピークの時間帯は18:00~19:00の1時間くらい。

川崎駅からは東海道線・京浜東北線、武蔵小杉駅からは横須賀線(湘南新宿ライン含む)・東急東横線・目黒線からの乗り換え客が集まる。

乗車率は公表されている統計情報はないものの、感覚的には朝と同じく180%程度。

帰宅ラッシュ時も最混雑区間は武蔵小杉→武蔵中原の区間。

電車の中でスマホの操作はドア付近では完全に不可能。車内奥でも他の乗客と押し合うほどのレベルなら不可能。

手足を自由に動かせることすら難しい中、スマホ操作は物理的に無理。

>>満員電車でスマホは使ってOK!? マナー的に迷惑にならないのか?

混雑率の調査の1つの目安として利用される「新聞や雑誌を広げて読める」という項目は100%満たさない。

リュックを背負って乗るのは当然不可能。物理的に無理。

>>満員電車でリュックを背負うのがOK/NGの基準

19時以降は落ち着く

19時以降の夜の時間帯になると、若干ながら混雑は緩和されてくる。

武蔵小杉駅の時点では、19時台はピーク時の18時台よりもやや緩やか。

それでも乗客同士が触れ合う時間帯はまだまだ続く。

ドア付近でのスマホの操作もまだ困難。

新聞や雑誌を読むことも当然できない。大きな荷物を持っての乗車も難しい。

20時台はドア付近でも空間に余裕あり

電車でスマホを操作する人

20時以降になると車内空間に余裕が出るほど混雑が解消に向かう。

乗客同士が押し合うレベルではなく、荷物が触れ合う程度までには緩和される。

ダイヤの乱れ等がない限り、20時以降なら乗客同士が押し合うことは基本的にない。

ドア付近でもスマホの操作が完全不可から「微妙な状況」まで改善。

その一方、新聞や雑誌を読めるほどの余裕はない。カバンから新聞や雑誌を取り出せる空間はない。

リュックを背負って乗ることも難しい。

21時台

21時以降になると、スマホの操作は車内のどこに立っていたとしても可能。

新聞や雑誌を読むことも車内奥ならどうにかできるかもしれない。

ただし、ドア付近だと荷物が他の乗客に触れあうレベルではある。

まだリュックを背負って乗れるほどではない。遠距離利用者が多い通勤快速は特に困難。

22時台

22時台に入るといよいよ深夜の時間帯に突入。

南武線でもこの時間帯に電車に乗る人はかなり遅い帰宅に当たる。

ようやくドア付近でも乗客同士が触れ合うほどではなく、荷物も触れにくい。

リュックを背負って乗れる電車がほとんど。

区間・列車種別ごとの混雑

南武線の混雑区間

南武線の区間ごとの混雑状況について解説する。

下りの立川方面へ向かう電車が圧倒的に混雑。

逆に上りの川崎方面へ向かう電車は比較的空いている。乗客同士が触れ合うほどにはなりにくい。

一方、遅延が生じてダイヤの乱れが発生した時はさらに混雑する。

>>南武線で遅延が多い原因を調査! 主要な理由は3つ

立川方面(下り)

下り列車(立川方面)の区間ごとの混雑状況
区間 混み具合
川崎 ★★★★★
尻手 ★★★★★
矢向 ★★★★
鹿島田 ★★★★
平間 ★★★
向河原 ★★★
武蔵小杉 ★★★★★
武蔵中原 ★★★★★
武蔵新城 ★★★★
武蔵溝ノ口 ★★★★★
津田山 ★★★★
久地 ★★★★
宿河原 ★★★
登戸 ★★★★
中野島 ★★★★
稲田堤 ★★★★
矢野口 ★★★
稲城長沼 ★★★
南多摩 ★★★
府中本町 ★★
分倍河原 ★★
西府 ★★
谷保 ★★
矢川 ★★
西国立 ★★

各段階ごとの混雑率の目安
:150%以上
★★★★:120%
★★★:100%
★★:80%
★:50%

上記は南武線の立川方面へ向かう電車の区間ごとの混雑状況を示した表。

川崎方面(上り)

上り列車(川崎方面)の区間ごとの混雑状況
区間 混み具合
立川 ★★
西国立 ★★
矢川 ★★
谷保
西府
分倍河原 ★★
府中本町 ★★★
南多摩 ★★★
稲城長沼 ★★
矢野口 ★★
稲田堤 ★★★
中野島 ★★
登戸 ★★★★
宿河原 ★★★★
久地 ★★★
津田山 ★★★
武蔵溝ノ口 ★★★★
武蔵新城 ★★★★
武蔵中原 ★★★★
武蔵小杉 ★★★★
向河原 ★★★★
平間 ★★★
鹿島田 ★★★★
矢向 ★★★★
尻手 ★★★★

各段階ごとの混雑率の目安
:150%以上
★★★★:120%
★★★:100%
★★:80%
★:50%

南武線の川崎方面へ向かう電車の区間ごとの混雑状況を示した表。

まとめ:川崎市内は混雑率180%くらいか?

混雑率180%超の南武線

満員電車のJR南武線 出典:www.youtube.com/watch?v=T5gZn51oN2o

朝ラッシュの南武線の混雑率は190%近くに達するというのはかなり有名だ。

首都圏でも有数の混み具合となっていて、混雑緩和が重大な課題として上がっている。

参考:【考察】なぜ南武線の混雑は酷いのか? 大人の事情を解説

特に川崎市内の混雑が大きな問題となっている。

東京都内の区間に当たる登戸駅より立川方面については、そこまで酷くはない。武蔵小杉駅付近の地域の混み具合が問題となっている。

夕方の帰宅ラッシュは、これよりは低いのは事実である。

しかし、それでもドア付近に立つと人と人が接するかもしれないレベルには達する。感覚的には、混雑率は180%近くになると思う。

それくらい南武線の帰宅ラッシュの時間帯となる18時~19時半の混雑は激しいというわけだ。

工業団地の従業員が多く利用する

南武線の沿線

南武線の特徴として、武蔵小杉~川崎間では沿線にたくさんの工場が建ち並ぶ。

京浜工業地帯として、これらの工場の従業員も通勤手段として南武線を使う人が多い。

武蔵小杉が近年は住みたい街ランキングで上位に来るように、沿線の人口増加も南武線の混雑激化の理由となっているのは確かだが、工業地帯の従業員の足ということで通勤客で混雑しているのもまた事実である。

近年は産業の空洞化が全国的に問題となり、国内の産業が衰退していけば南武線沿線の工業地帯も活気がなくなり、電車の混雑が緩和されるのではないかと思う人もいるだろう。

しかし、この京浜工業地帯は首都圏でも代表的な工業地域であるため、産業の空洞化の影響が顕著になる可能性は低い。

南武線の1列車の車両数を今の6両編成から8両編成、10両編成にするなどして輸送力を増強しない限りは、今の激しい混雑が続くだろう。


広告

他の路線に関して(首都圏)

おすすめ記事