京葉線の混雑状況を時間帯・区間ごとに調査! ピークの目安

JR京葉線の混雑状況を時間帯および区間ごとに調査してみた。朝と夕方・夜の通勤ラッシュ時のいつ頃がピークを迎えるのはいつ頃なのか。10編成のうちで何両目が比較的すいているのか。

朝ラッシュを中心に上り・下りそれぞれの電車の混み具合を観察した結果、8時頃がそのピークを迎える。

東京都心から千葉方面に向かう電車としては比較的混雑度はそれほど激しくはない。総武線や地下鉄東西線があまりにもひどすぎるというのもあるが、京葉線の場合は通勤時間帯のラッシュであっても人と人が接するほどになる場所はごく短い距離だ。


時間帯ごとの混雑度

―(新木場駅にて調査)―
朝の時間帯 混雑レベル 夕方の時間帯 混雑レベル
6:00-6:30 2 15:00-16:00 2
6:30-7:00 3 16:00-17:00 2
7:00-7:30 4 17:00-18:00 4
7:30-8:00 5 18:00-18:30 5
8:00-8:30 5 18:30-19:00 5
8:30-9:00 4 19:00-20:00 4
9:00-9:30 4 20:00-21:00 3
9:30-10:00 3 21:00-22:00 3

各段階ごとの混雑率の目安
5:180%
4:120%
3:100%
2:80%
1:50%

京葉線の時間帯ごとに混雑じょうきょうを調査したところ、このような結果になった。

ディズニーランド・シーへのアクセス手段というイメージを持っている人が多い京葉線だが、朝夕では圧倒的に通勤・通学で電車に乗る人が多い。娯楽客が一部に過ぎない。

参照:【首都圏編】関東地区の鉄道路線の混雑率をランキング化!

一番混むのはいつ・どこ?

一番電車が混雑するのは朝ラッシュであるのは言うまでもない。東京駅に午前8:15~8:45前後に到着する時間帯の電車が最も混雑度が激しい。

最混雑区間は葛西臨海公園~新木場である。新木場駅は東京メトロ有楽町線と東京臨海高速鉄道りんかい線の乗り換え駅であるため、多くの人が下りていく。朝ラッシュの上り電車では車内が混み合うのは新木場までである。

新木場駅のエスカレーター・階段は5号車付近にある。そのため、4~6号車あたりが一番混んでいる。蘇我~新木場間は先頭と最後尾が比較的余裕がある。

新木場~東京は比較的空いている。真ん中あたりの車両に乗っている人のほとんどは新木場で降りていくため、ここから先は中間あたりに乗れば座れる可能性が出てくる。

夕方の時間帯はどう?

夕方は帰宅ラッシュが始める。とはいえ、朝ほどは混まない。さらに、快速も運転しているため、遠距離ユーザーは快速に流れやすい。

京葉線の快速

近距離しか乗らない人は各駅停車へ、長距離を乗る人は快速または通勤快速を使うことから、乗客が種別によって分散する。

そのため、東京駅で乗る場合は各駅停車と武蔵野線直通の電車であれば座れる可能性が高い。

各駅停車が混雑したとしても、近距離で降りる人が多いということで、座れなかったとしても途中の駅から座席を確保できる可能性も高い。

特に、快速の1本後の電車はねらい目だ。遠距離を移動する人が快速に移った直後であればなおさら座れる確率が上がる。

仕事で疲れた時には快速の1本後の各駅停車の電車を狙うのがいいかもしれない。快速が発車した直後に出発するため、東京駅や八丁堀駅なら座れるだろう。

区間ごとの混雑状況

京葉線の区間ごとの混み具合

京葉線の区間ごとの混雑状況を見ると、上り・下りともに新木場~舞浜が最も混雑するエリアである。朝ラッシュの時間帯だと実際には葛西臨海公園→新木場が最混雑区間になる。

蘇我駅に近づくほど電車が空いている。一方の東京~新木場も都心部に近い地域を走るとはいえ、まだ乗客が集中する部分にはならない。

朝ラッシュの時間帯における区間ごとの混み具合を上り・下りそれぞれ見てみた。

上り列車(東京方面)

<上り:京葉線の駅間別の混雑度>
ー区間ー 上り(東京方面)
蘇我~稲毛海岸 ★★
稲毛海岸~海浜幕張 ★★★
海浜幕張~南船橋 ★★★★
南船橋~新浦安 ★★★★
新浦安~舞浜 ★★★★★
舞浜~新木場 ★★★★★
新木場~八丁堀 ★★★
八丁堀~東京 ★★

各段階ごとの混雑率の目安
:150%以上
★★★★:120%
★★★:100%
★★:80%
★:50%

上り列車では、外房線・内房線からの直通列車、蘇我駅始発、海浜幕張駅始発の3種類がメインである。

区間ごとの混み具合では、海浜幕張駅辺りまでは比較的空いている。朝の時間帯に運転される蘇我→新木場がノンストップになる「通勤快速」以外ではまだ地獄の満員電車にはならない。

海浜幕張駅を出発すると本格的に満員電車になる。ドア付近になっているとやや圧迫感が出てくる。平常ダイヤなら車内奥はまだ余裕があり、車両のどこに立っていてもスマホの操作はできるレベルである。

新浦安駅からは地獄のスタートだ。ドア付近に立っているとほかの乗客と体が接するほどのレベルになることも少なくない。京葉線と武蔵野線からの直通列車のいずれも同じレベルに達する。

舞浜駅ではディズニーへ行く人達が降りていくものの、ここからもまた大量に通勤客が乗ってくる。まだまだドア付近はすし詰め状態だ。

葛西臨海公園→新木場で朝の上りの混雑のピークになる。ドア付近ではスマホの操作は困難。操作しようとしただけで他の人に触れる可能性が大きい。

下り列車(蘇我方面)

<下り:京葉線の駅間別の混雑度>
ー区間ー 下り(蘇我方面)
東京~八丁堀 ★★
八丁堀~新木場 ★★
新木場~舞浜 ★★★
舞浜~新浦安 ★★
新浦安~南船橋 ★★
南船橋~海浜幕張 ★★
海浜幕張~蘇我

各段階ごとの混雑率の目安
:150%以上
★★★★:120%
★★★:100%
★★:80%
★:50%

京葉線の下りの海浜幕張・蘇我方面の電車は、ほぼ全区間にわたって余裕が見られる。

ただし、舞浜駅までは下りでも座れずに立っている乗客も多い。ディズニー客が利用者の大きな割合を占めている。

東京駅の時点では座席がすべて埋まって、立っている乗客が少しいる程度になる。上りの満員電車とは光景が異なる。

新木場駅からは東京メトロ有楽町線や東京臨海高速鉄道りんかい線からの乗り換え客が殺到するため、ここでやや混雑した車内になる。

それでも他の乗客と接するようなレベルにはならない。リュックも背負ったまま乗れる混雑率に収まる。

舞浜駅から先の下り列車は空いている。朝でもガラガラの状態に近い。新習志野・海浜幕張止まりの電車は特に空いている。

ディズニーラッシュ

舞浜駅

京葉線の場合、東京ディズニーリゾートへ向かう人が多く利用する路線でもある。下り線の場合、7:00~8:00に舞浜駅に到着する電車は混雑しているが、ほとんどの乗客は舞浜駅で下車する。

つまり、多くがディズニーランド・ディズニーシーに行く人というわけである。開園時間は午前8時の場合がほとんどのため、それに合わせて朝の下りはディズニーラッシュとなる。

平日であれば通勤ラッシュに合わせて電車の本数がかなり多くなる。京葉線は朝は3~4分間隔、夕方以降は4~5分間隔で電車が走っている。

ディズニーへ向かう人を十分さばききれるほどの輸送力であり、それよりも通常の通勤・通学の利用客を輸送する方が問題となっている。

土日のディズニーラッシュは地獄

土日はもっと混雑する。通勤客はほとんど見当たらないというよりは、ディズニーに行く人々が多すぎて目立たないだけであるが、下り線の東京~舞浜はかなり混雑する。

土日祝日の休日ダイヤでは、平日よりも電車の本数が少ない。平日ダイヤだと、朝は3、4分間隔で走っているが、休日は5分以上空く。武蔵野線の電車を合わせても少ない。

したがって、平日の通勤ラッシュと同じくらい京葉線の下りは激しく混雑する。10:00を過ぎると、東京ディズニーリゾートへ向かい人は落ち着いてくるため、電車も空席が出始める。

夜になると、今度は舞浜駅から乗ってくる人が多くなる。ピークは22:00の閉園直後の時間帯である。

遊んできた人々が皆一斉に帰路につくため、電車は急に混雑する。ハロウィーンやクリスマス、バレンタインなどの特別なシーズンになるとますます人が増えるため、帰りの電車は混み合いやすくなる。

また、夏休み・冬休み・春休みの時期も子供連れの人々で混雑しやすい時期である。

>>舞浜駅の混雑状況は!? ディズニー客で入場制限がかかることも!

他の路線の混雑状況

接続駅 路線
東京 東海道線宇都宮線高崎線常磐線快速上野東京ライン

山手線京浜東北線中央線快速総武線快速横須賀線

丸ノ内線

東西線千代田線都営三田線(大手町駅)

八丁堀 日比谷線
新木場 有楽町線東京臨海高速鉄道りんかい線
市川塩浜 武蔵野線へ直通>
船橋 京成本線東武アーバンパークライン
津田沼 新京成電鉄線
蘇我 内房線外房線
内房線外房線直通>

参照:【東京編】通勤ラッシュの時間帯は何時!? 朝と夕方のピークを分析



広告

おすすめ記事