JR高崎線の朝ラッシュの混雑状況を時間帯・区間ごとに調査!

高崎線の時間帯・区間ごとの混み具合

JR高崎線の朝ラッシュの混雑状況を時間帯および区間ごとに上り・下りそれぞれ調査してみた。

首都圏北部を走る路線としては利用者数が多い路線であり、他と比較すると満員電車になる時間帯が長いのが特徴だ。そして、それはいつ頃なのか。

乗車券のみで乗れる列車は、高崎線では普通・特別快速・快速アーバン・通勤快速の4種類である。使用される車両はすべてE231系もしくはE233系のどちらかである。10両または15両編成で運転されるため、連結される車両の数はJR東日本トップクラスである。

朝や夕方・夜の通勤ラッシュの時間帯になると上り・下りはそれぞれどれくらいの混み具合に達するのかは、その時によってまったく異なる。



時間帯ごとの混み具合

<対象:大宮駅へ到達する電車>
時間帯 混雑度 時間帯 混雑度
6:00-6:30 2 8:30-9:00 5
6:30-7:00 3 9:00-9:30 4
7:00-7:30 4 9:30-10:00 3
7:30-8:00 5 10:00-10:30 3
8:00-8:30 5 10:30-11:00 3

各段階ごとの混雑率の目安

5:150%
4:120%
3:100%
2:80%
1:50%

高崎線の平日の朝ラッシュの時間帯ごとの混雑を調査すると、大宮駅到着分の結果は上のようになった。

基本的には宇都宮線と同じである。大宮駅以南の部分も高崎線・宇都宮線ともに同じと考えてよい。

これら2路線同士だけでなく、時間帯ごとの混み具合の差は他の路線と同じである。ただし、今回の調査点である大宮駅で降りる人もいれば、上野東京ラインで東京駅方面、湘南新宿ラインで新宿・渋谷駅方面まで向かう人もいる。

参照:【首都圏編】関東地区の鉄道路線の混雑率をランキング化!

朝の混雑ラッシュは7~8時半まで

朝ラッシュの8時頃の高崎線

高崎線を利用する乗客のほとんどは、埼玉県内の本庄~大宮の間の駅から大宮駅または都心へ向かう人である。そのため、朝の通勤ラッシュが始まる時間帯はやや早めといえる。

一番混雑する区間といえば宮原→大宮である。大宮駅は埼玉県の中心都市であり、しかも埼京線や京浜東北線、川越線、東武野田線へ乗り換える人が多いためかなりの数の乗客が下りる。

しかし、大宮駅より北側では途中駅で降りる人がほとんどいない。上りは乗ってくる一方である。高崎線の郊外の始発駅は高崎駅もしくは籠原駅であるが、朝の時間帯に座るのであればこのどちらかの駅から乗るしかないといってよい。

朝ラッシュの時間帯は高崎線には快速系の電車は1本も走っていないため、すべて普通電車ではあるものの、距離が長くて都心方面へ向かう乗客が多いこともあり、席取りはかなり難しいのが実情。

なお、最も混雑する列車については、東京駅に8:30頃に到着する電車である。ちょうど9時出勤の人が多く乗る電車となる。逆算して考えると、熊谷駅を7時過ぎに出発し、大宮駅を8時前後に発着するものに当たる。

ドア付近に立っていると体の一部が他の人と接することもあるレベルになる。荷物は完全に接するほどすし詰め状態にはなる。

車内奥ならまだ空間が残っていてスマホの操作ができる余力は残されている。新聞や雑誌を広げて読むのは不可能に近い。

6時台はまだ空いている

ガラガラの6時台の高崎線

一方の早朝に当たる6時台は全線を通して空いている。この時間帯に高崎線を使う人は、そもそも出勤や登校がかなり早い人に限られる。本格的に通勤通学の朝ラッシュは始まらない。

都心まで高崎線を乗り続ける人でも、大宮駅以北の区間でさえまだ電車には乗っていないころになる。

1日を通して混んでいる上尾~大宮の区間でも、座席に座れなくて立っている乗客がいることには変わりないものの、ドア付近でも隣りの人との空間には余裕がある。

ドア付近でスマホやタブレットの操作はまだできる。ただし、リュックを背負って乗るのは難しいところもある。

区間ごとの混雑

<早見表:宮・上野・新宿方面行の駅間ごとの混雑度>
区間 混雑度
高崎~本庄
本庄~深谷 ★★
深谷~籠原
籠原~熊谷
熊谷~行田 ★★
行田~鴻巣 ★★
鴻巣~北本 ★★★
北本~桶川 ★★★★
桶川~上尾 ★★★★
上尾~宮原 ★★★★★
宮原~大宮 ★★★★★
大宮~浦和 ★★★★
浦和~赤羽 ★★★★

宮原~大宮の混雑が最大値に達する区間を★5つとした場合、ほかの区間の混み具合のレベルとしては上のような形になる。

>>【湘南新宿ライン】混雑状況はどう? どの時間帯が満員に!?

>>上野東京ラインの混雑状況とは!? 朝ラッシュの時間帯の乗車率

上り(上野、新宿方面行)

<上り列車の区間ごとの混雑度>
区間 混み具合
高崎~倉賀野
倉賀野~新町
新町~神保原
神保原~本庄
本庄~岡部
岡部~深谷 ★★
深谷~籠原 ★★
籠原~熊谷
熊谷~行田 ★★
行田~吹上 ★★
吹上~北鴻巣 ★★
北鴻巣~鴻巣 ★★★
鴻巣~北本 ★★★
北本~桶川 ★★★★
桶川~北上尾 ★★★★★ 
北上尾~上尾 ★★★★★ 
上尾~宮原 ★★★★★ 
宮原~大宮 ★★★★★ 
大宮~さいたま新都心 ★★★★
さいたま新都心~浦和 ★★★★
浦和~赤羽 ★★★★
赤羽~尾久 ★★★★
尾久~上野 ★★★★

各段階ごとの混雑率の目安

★★★★★:150%以上
★★★★:120%
★★★:100%
★★:80%
★:50%

高崎線という点では同じでも、上野行の電車、そこから先の東京駅や品川駅を経て東海道線へ乗り入れる上野東京ライン、そして池袋駅・新宿駅・渋谷駅へ乗り入れる湘南新宿ラインとではそれぞれ混み具合は異なってくる。

もっとも鴻巣駅→大宮駅の部分はどの列車も例外なく混雑が激しい。中でも上尾~宮原~大宮は高崎線単独な一方で埼玉県北部からの乗客も乗るため、ここに乗客が集中する。

埼玉県の中核駅である大宮駅では大量の降車客が出る。京浜東北線や埼京線へ乗り換える人も結構いる。

それでも逆に乗ってくる人も多い。大宮駅からの乗車だと特に湘南新宿ラインの利用客が多い。

大宮~赤羽間だと埼京線よりも所要時間が短いこともあって、新宿方面への行き来は湘南新宿ラインが便利なことも影響している。

一方の上野東京ライン方面はそれほどの混み具合にはならない。赤羽駅にて降りて埼京線へ乗り換える人も多い。

大宮以南は宇都宮線と状況は変わらない。混雑率の面でもいずれも同じ程度と考えて問題ない。

下り(宇都宮、小金井方面行)

<下り列車の区間ごとの混雑度>
区間 混み具合
上野~尾久 ★★
尾久~赤羽 ★★
赤羽~浦和 ★★★★
浦和~さいたま新都心 ★★★
さいたま新都心~大宮 ★★★
大宮~宮原 ★★★★
宮原~上尾 ★★★
上尾~北上尾 ★★★
北上尾~桶川 ★★
桶川~北本 ★★
北本~鴻巣 ★★
鴻巣~北鴻巣
北鴻巣~吹上
吹上~行田
行田~熊谷
熊谷~籠原
籠原~深谷
深谷~岡部
岡部~本庄
本庄~神保原
神保原~新町
新町~倉賀野
倉賀野~高崎

各段階ごとの混雑率の目安

★★★★:120%
★★★:100%
★★:80%
★:50%

朝の下り列車の混雑はかなり空いている。上野→大宮でも満員電車にはならない。

赤羽駅と大宮駅からは大量に乗客が乗ってくるものの、混雑率は大きくても100%程度の混み具合にとどまる。

上りとは対照的に、立っている人はいて全員が座れるレベルではないものの、ドア付近でも手荷物が触れ合うほどではない。

上尾駅、北上尾駅、桶川駅のいずれかで座れる可能性が大きい。鴻巣駅までには全員が座れるくらいにまで混雑が解消する。

夕方は6時半~8時半

夕方と夜の帰宅ラッシュの高崎線

夕方のラッシュの時間帯の混雑については、6:30~8:30の時間帯が最も激しいといえる。東京駅・上野駅を6時半前後に出発する下り電車が一番混み合う。

ただし、夕方は朝の時間帯とは違って「通勤快速」という快速電車が1時間に1本走っている。遠距離を移動する人はこの通勤快速を狙って高崎線の電車に乗るため、普通電車はあまり長距離は使わないという人が多い。

もし都心から鴻巣駅よりも北側に向かうのであれば、普通電車に乗れば途中駅で座れる機会に出会える可能性が大きい。先発列車を見送ってまで次発の電車で座れるように列にわざわざ並ぶ必要はそれほどないといえる。

土日についても基本的には同じであるが、通勤快速は走っていない。代わりに「快速アーバン」という電車が走っている。こちらについては、レジャー客が遠い郊外の自宅へ帰るために使う列車であるが、座れる可能性は始発駅の上野駅を除いては小さい。

平日と同じように土日であっても快速アーバンは混雑する。どうしても座りたいのであれば、所要時間は長くなるが普通電車に乗ることをおすすめする。

他の路線の混雑状況

接続駅 路線
高崎 両毛線、上越線、吾妻線、信越本線、上信電鉄
倉賀野 八高線
熊谷 秩父鉄道
大宮 川越線埼京線京浜東北線宇都宮線

東武アーバンパークライン、ニューシャトル

赤羽 埼京線、<⇒湘南新宿ライン
上野 山手線、京浜東北線、常磐線快速

銀座線日比谷線京成本線

東京 山手線、京浜東北線、中央線快速総武線快速横須賀線京葉線

丸ノ内線

東西線千代田線都営三田線(大手町駅)

東海道線直通>

>>【東京編】通勤ラッシュの時間帯は何時!? 朝と夕方のピークを分析

おすすめ記事