コストコの神奈川県内の出店予定、小田原市・平塚市が候補

コストコ

コストコの神奈川県内の出店計画に関しては、小田原市内や平塚市内への建設が比較的有力。

人口規模「半径10km以内に人口50万人以上」という条件を満たす。特に平塚市の場合はこれを満たすため、出店が実現する可能性が残る。


コストコ出店条件の詳細と現状

コストコ出店条件 平塚市 小田原市
半径10km=人口50万人以上 人口=25万人(茅ヶ崎市と合わせて50万人) 人口=20万人
車のアクセスの良い物件 クリア クリア
敷地面積=10,000坪以上 なし なし

>>【地区別】全国のコストコの出店計画の一覧! 候補地を調査

平塚市はコストコの商圏に必要な人口規模の面では問題はない。小田原市も周辺市町村を考慮すれば、比較的条件に近い数値にはなる。

人口が多くて近くに高速道路があって車での交通アクセスが良いところに立地しているが、この点でも特に問題はない。

場所がない

一方で、土地がないのが難点。

正確に言うと、以前には開発できる場所があってコストコの建設には十分な土地があったが、別の計画に使用されることとなった。

平塚市・小田原市ともに工業団地はすでに計画が決まっていて、どこかの企業の撤退などがないと新規で店舗を建設できない。

ツインシティ計画で共にする寒川町でも、土地はすでに飽和状態。

以前に存在した出店構想

再開発地区

以下は過去に存在していた、平塚市内と小田原市へのコストコの出店構想。

  • 平塚市:大神地区(→イオンモールに決定)
  • 小田原市:JT工場跡地(→イオンタウンに決定)

大神地区、倉見地区

平塚市と寒川町ではツインシティ計画がある。

これは、寒川町倉見地区と、相模川を挟んだ平塚市大神地区とを新たな道路橋で結び、両岸に環境共生都市(再開発地区)を形成する計画のことを指す。

すでにイオンモール平塚は出店することとなっている。

コストコもここに出店するのではないかという情報が以前は存在していた。

しかし、すでに病院や住宅、企業が相次いで進出することが確実となっていて、コストコがこれから店を建設できる余地が残っていない。

小田原市久野(JT小田原工業跡地)

こちらもまた過去の話にはなる。

コストコがJR小川町工場があった小田原市久野に出店するのではないかとの情報が存在した。

しかし、結局イオンタウンが建設されることとなり、コストコ案は消滅した。

おすすめ記事