コストコが青森県内に出店する計画を分析!

コストコ

コストコの青森県内の出店計画に関しては、概ね青森市・八戸市のどちらか。

ただし、条件でどうしてもクリアできない内容がある。それが人口規模。

半径10km以内に人口50万人以上ことが前提。それでも、例外として山形かみのやま、富山射水の2店舗がある。


コストコ出店条件を満たす

コストコ出店条件 八戸都市圏 青森都市圏
半径10km=人口50万人以上 人口=32万人 人口=31万人
車のアクセスの良い物件 余裕でクリア クリア
敷地面積=10,000坪以上 あり あり

>>【地区別】全国のコストコの出店計画の一覧! 候補地を調査

すでにコストコが出店されている地域を見ると、人口が多くて近くに高速道路があって車での交通アクセスが良いところに立地している。

青森市も八戸市も東北自動車道または八戸自動車道という高速道路がある。

ただし、人口規模が小さいのが難点。

青森市と八戸市は距離的にかなり離れていること、両者を繋ぐ道路網が乏しいこともあって、青森県の人口規模はコストコの出店は慎重と言わざるを得ない。

県内の都市間交通の便の良い場所がない

青森県内の道路網

コストコの例外と言える山形県のかみのやま倉庫店と富山県の射水倉庫店はいずれも以下のような特徴がある。

  • かみのやま倉庫店:山形県南北の高速道路が開通してアクセスが良好に
  • 射水倉庫店:東西のアクセスが良好

いずれも各県内の人口密集地を商圏として抑えているのが特徴。

青森県は人口密集地が少ない

青森県の人口密集地は青森都市圏と八戸都市圏に分離される。

しかし、両者の間には八甲田山があるなどして、立派な道路網がない。

東北新幹線こそは通っているものの、コストコに行く人は基本的にはマイカー。

2都市間を行き来する人も少なく、コストコができたとしてもも思うように集客ができない可能性が大きい。

今後も東北地方の中でも青森県内への出店の可能性は低いのが現状。

おすすめ記事