コストコが山口県内へ出店する計画を分析!

コストコ

コストコの山口県内の出店計画に関しては、概ね秋田市、横手市、大仙市などが候補になり得る。

ただし、条件でどうしてもクリアできない内容がある。それが人口規模。

半径10km以内に人口50万人以上ことが前提。それでも、例外として山形かみのやま、富山射水の2店舗がある。


コストコ出店条件は満たさない

コストコ出店条件 山口市 岩国市
半径10km=人口50万人以上 人口=11万人
(+防府市:30万人)
人口=13万人
車のアクセスの良い物件 達成 達成
敷地面積=10,000坪以上 あり あり

>>【地区別】全国のコストコの出店計画の一覧! 候補地を調査

山口県内にコストコの出店が行われるとしたら、まず候補になるのが岩国市周辺または山口市・防府市周辺に当たる地域。

すでにコストコが出店されている地域を見ると、人口が多くて近くに高速道路があって車での交通アクセスが良いところに立地している。

山口県内も、特に東西の行き来は山陽自動車道、中国自動車道がある。

一方、人口規模には難点がある。

山口・防府広域都市圏で30万人程度、岩国広域都市圏で20万人程度。宇部市・山陽小野田市・美祢市、あるいは下関市もそれぞれ20万人程度の人口。

これらもコストコ出店には住民が少なすぎる。

いずれも「半径10km=人口50万人以上」どころか、地区全域でさえ50万人に達しない。

田舎なのにコストコがある地域

コストコのある地域

基本的に「半径10km=人口50万人以上」を満たすことが出店条件となっているコストコでも、これを満たさない倉庫店もある。

それが「かみのやま倉庫店」「射水倉庫店」の2つ。

ただ、これらの県では複数の中規模都市が隣接しているのが特徴。

山形県の場合は、山形市に加えて上山市・米沢市・天童市などのある程度の人口を持つ市町村が付近で密集。

富山県の場合も、コストコ出店が実現した射水市は県庁所在地の富山市と第2都市の高岡市と隣接。

いずれも広域都市圏では最低50万人の人口を持っている。

山口県内は人口が少なすぎる

田舎

それに対して、山口県内は人口規模が少なすぎる。

商圏に人口50万人を入れようとすると、山口市・防府市に加えて半径50km程度の範囲を入れないと人口50万人にはならない。。

山陽新幹線が走るなど、山陽側として日本の大動脈を支えているものの、山口県内はコストコが出店できるほど需要がない。

長門市などの山陰側はもはや論外。人口10万人にも満たないため、出店はもはやあり得ない。

今後も山口県内への出店の可能性は低いのが現状。