コストコが岩手県内に出店する計画を分析!

コストコ

コストコの岩手県内の出店計画に関しては、盛岡市内への建設が最も有力。

ただし、条件でどうしてもクリアできない内容がある。それが人口規模。

半径10km以内に人口50万人以上ことが前提。盛岡都市圏でもこの条件を満たさないため、出店計画が頓挫している。


コストコ出店条件の詳細と現状

コストコ出店条件 盛岡都市圏 盛岡市(単独)
半径10km=人口50万人以上 人口=47万人 人口=29万人
車のアクセスの良い物件 クリア クリア
敷地面積=10,000坪以上 あり あり

>>【地区別】全国のコストコの出店計画の一覧! 候補地を調査

盛岡都市圏の範囲

  • 盛岡市
  • 滝沢市
  • 矢巾町
  • 紫波町
  • 雫石町
  • 岩手町

盛岡都市圏は交通アクセスと広い土地の有無の面では特に問題はない。

すでにコストコが出店されている地域を見ると、人口が多くて近くに高速道路があって車での交通アクセスが良いところに立地している。

岩手県内の人口最大都市である盛岡市も東北自動車道をはじめ、道路網自体は充実している。新規工業団地の誘致もある。

一方で、人口規模が小さいのが難点。

盛岡都市圏に加えて北上都市圏を加えて、辛うじて50万人を突破する程度。盛岡と北上は約50km離れているため、コストコの商圏に入るのは難しい。

岩手県の人口規模はコストコの出店には慎重になってしまうのが現状。

出店の可能性はゼロではない

コストコの岩手県内出店構想

それでも、岩手県内へのコストコの出店の可能性がゼロかというと、そうではない。

類似例

基本的に「半径10km=人口50万人以上」を満たすことが出店条件となっているコストコでも、これを満たさない倉庫店もある。

それが「かみのやま倉庫店」「射水倉庫店」の2つ。

かみのやま倉庫店の場合、立地する上山市の人口は約3万人、隣接する山形市は約25万人。

立地する上山市の人口は約3万人、隣接する山形市は約25万人。

これだけでは出店条件を満たさない。

しかし、村山地方の人口は合計すると約54万人になる。一定の人口規模がある。

盛岡市なら東北地方の次の候補地として有力

コストコはこれまでに山形県と宮城県内に出店しているが、次に東北地方で出店するなら盛岡市周辺が最も有力。

盛岡市の人口規模は山形市よりも多い。都市圏としても、山形県の村山地方と事情はよく似ている。

さらに、最近では東日本大震災の復興事業として釜石港と内陸部をつなぐ道路が整備されるなどして、盛岡都市圏や北上都市圏に進出する企業が増加。

コストコが進出を検討する時期が来るのも不思議ではない。

地元自治体の誘致も必要

ただし、コストコの出店には地元自治体の積極的な誘致活動も必須。

山形県のかみのやま倉庫店の場合は、地元自治体である上山市が誘致活動を行った経緯がある。

上山市では「みはらしの丘の宅地分譲に弾みがつくほか、広域からの集客や新規雇用にもつながる」として出店を後押しする方針で、12月上旬に予定されている県や近隣市町村との広域調整…

山形コミュニティ新聞社「大型会員制DS「コストコ」都市再生機構と立地契約/上山出店へ 来冬開業目指す」、2013年11月22日掲載

コストコが出店計画されていた当時、このような新聞記事があった。

地元経済や雇用推進の面から、地元自治体が積極的にコストコの出店を後押ししたため、人口規模では微妙に条件を満たさないかみのやま倉庫店が実現した。

その一方で、地元の商店街をはじめとする既存の商業施設にダメージが出るとして消極的な自治体も存在。そういう地域では、地元の反対が大きくなりやすく、コストコの出店が断念されやすい。

おすすめ記事