コストコの長野県に出店する計画とは!? 確率を分析

コストコが長野県内にも出店される計画は存在する。県庁所在地である長野市、あるいはその都市圏に位置する千曲市、上田市のいずれかに建設されるという案がもっとも有力である。

すでにコストコが出店されている地域と比べて人口規模が小さい。出店の条件である半径10km以内の人口50万人以上という項目を直ちに満たすほどではない。

それでも大規模な商業施設が混在する地域ではないため、コストコの市場規模が不足するとまではいかない。したがって実現の可能性は少なくない。都市圏の人口規模が富山県の射水市とほぼ同じ。



長野市ならコストコ出店の条件を満たす

コストコの出店条件には、人口規模としえ半径10km圏内で50万人以上、さらに近くに高速道路やバイパスが通っていて車の利便性が良い、敷地面積が1万坪以上という基準がある。

コストコ出店条件 実際の地域事情
半径10km=人口50万人以上 長野市の人口=38万

千曲市の人口=6万

上田市=15万

車のアクセスの良い 上信越道
敷地面積=10,000坪以上 候補地あり(市街化調整区域)

参照:【地区別】全国のコストコの出店計画の一覧! 候補地を調査

長野市周辺の人口を合計すると50万人にはギリギリ達する。政令指定都市のような大規模な人口ではなく、半径10kmという狭い範囲には収まらないものの、都市圏として考えると条件には達する。

長野市だけでも人口は約38万人に達する。その周辺の市町村である須坂市、中野市、上田市などを含めると合わせて人口は50~60万人になる。

大都市圏とは違い、長野都市圏エリアは車社会が定着している。商業施設の商圏もその広い地域にわたるのは確か。



長野市は反対姿勢か?

ただし、長野市をはじめその周辺の市町村はコストコの誘致には消極的な姿勢を見せている。

コストコのみならず、同じく大型商業施設である「イオンモール」の出店にも反対してきた経緯がある。

長野市へのイオンモールの出店計画

イオンモールの例

2004年ごろには長野市篠ノ井の南長野運動公園隣接地にて「イオンモール長野」を建設するという案が浮上した。

しかし、長野市は農業振興地域の変更には同意せず、すなわちイオンモールの出店を許可しなかった。結果的に、同じ長野県下の松本市に「イオンモール松本」ができた。

コストコがすでに出店されている地域を見ても、近くにイオンモールやららぽーとといった大規模なショッピングセンターが立地しているところが多い。これも背景には、大型商業施設の誘致に対する地元の姿勢が影響している。

コストコに関してもおそらく同じ姿勢を貫くものと思われる。新しいショッピングセンターよりも既存の商業施設を守るという姿勢が感じる。

都市計画の変更をはじめ、コストコの出店には地元の賛同が求められる。慎重な長野市ではコストコの出店計画が実現する可能性は今のままでは低い。

おすすめ記事