コストコが鳥取・島根に出店する可能性を分析!

コストコ

コストコが山陰地方の鳥取県内または島根県内の出店する可能性に関して考察。あるとしたら、鳥取市、松江市またはこれらの都市圏などが候補になり得る。

ただし、条件でどうしてもクリアできない内容がある。それが人口規模。

半径10km以内に人口50万人以上ことが前提。山陰側ではこれを満たせる地域がまったく存在しない。


コストコ出店条件は満たさない

コストコ出店条件 鳥取市 松江市
半径10km=人口50万人以上 人口=19万人
(未達成)
人口=21万人
(未達成)
車のアクセスの良い物件 達成 達成
敷地面積=10,000坪以上 あり あり

>>【地区別】全国のコストコの出店計画の一覧! 候補地を調査

鳥取県内または島根県内にコストコの出店が行われるとしたら、まず候補になるのが鳥取市周辺または松江市周辺に当たる地域。

どちらも交通アクセスは特に問題はない。

すでにコストコが出店されている地域を見ると、人口が多くて近くに高速道路があって車での交通アクセスが良いところに立地している。

山陰地方でも禁煙は、山陰自動車道をはじめ、南北を結ぶいくつかの高速道路やバイパス道路が完成しつつある。

それに伴って新規の工業団地も誘致されている。

一方、満たせない条件が人口規模。これがコストコの出店計画の難点。

広域都市圏でさえも、鳥取都市圏で24万人、松江都市圏で29万人、米子都市圏で23万人。

どれもコストコ出店には住民が少なすぎる。「半径10km=人口50万人以上」どころか、地区全域でさえ50万人に達しない。

田舎なのにコストコがある地域

コストコのある地域

基本的に「半径10km=人口50万人以上」を満たすことが出店条件となっているコストコでも、これを満たさない倉庫店もある。

「かみのやま倉庫店」「射水倉庫店」の2つが具体例だが、これらは複数の中規模都市が隣接していて、少なくとも山陰地方の各都市圏よりは総人口が多い。

山形県の場合は、山形市に加えて上山市・米沢市・天童市などのある程度の人口を持つ市町村が付近で密集。

富山県の場合も、コストコ出店が実現した射水市は県庁所在地の富山市と第2都市の高岡市と隣接。

いずれも広域都市圏では最低50万人の人口を持っている。

山陰地方は人口が少なすぎる

山陰地方

それに対して、山陰地方の鳥取県内と島根県内は人口規模が少なすぎる。

商圏に人口50万人を入れようとすると、地図上で鳥取市から松江市までの間に含まれる地域全てを合計してようやく人口50万人に到達。

コストコの商圏と考えるには無理がある。

しかも、山陰地方の東西のアクセスはあまり良くない。山陰自動車道が一部開通しているが、あくまでも「部分開通」にとどまっている。

途切れ途切れになっていることで、基本的な道路網すら十分ではない。

こうした背景により、今後も鳥取および島根の両県へのコストコの出店の可能性は低いのが現状。