コストコの岡山県内への出店計画の全容! 実現性を考察

コストコ

コストコの岡山県内の出店計画に関しては、早島町または岡山市内への建設が最も有力。

半径10km以内に人口50万人以上ことが前提。岡山市だけでこの条件は十分に満たす。

地元自治体や地権者との協議の結果が実現を左右させる。


コストコ出店条件を十分満たす

コストコ出店条件 岡山都市圏 岡山市(単独)
半径10km=人口50万人以上 人口=150万人 人口=72万人
車のアクセスの良い物件 クリア クリア
敷地面積=10,000坪以上 要検証 要検証

>>【地区別】全国のコストコの出店計画の一覧! 候補地を調査

岡山都市圏の範囲

  • 岡山市
  • 赤磐市
  • 早島町
  • 瀬戸内市
  • 玉野市
  • 和気町

※倉敷市も広域では該当

岡山都市圏は人口規模や交通アクセスの面では特に問題はない。

交通アクセスは良好

瀬戸中央自動車道

山陽自動車道や瀬戸中央自動車道など高速道路網、さらには国道2号線岡山バイパスに関しても特に問題はなく、車での交通アクセスが良いところに立地できるのは可能。

四国地方との玄関口ともなっているため、潜在的な顧客は岡山県だけではない。

人口規模も半径10キロ圏内50万人突破

大都市の人口

人口規模は都市圏を全域合わせても150万人程度。

岡山市単独で72万人。倉敷市単独で48万人。

コストコの潜在的な顧客であり、完全に商売が成り立つ規模に入る。

地元自治体の誘致も必要

地元自治体のコストコ誘致

コストコの出店には地元自治体の積極的な誘致活動も必須。

特に地方部ではこれが大きな影響力を持つ。

確かに尼崎倉庫店や和泉倉庫店のような大都市では、コストコ側の強力な押しによって出店が実現した。

神戸倉庫店も地元自治体の斡旋よりも、地権者との単独合意の方が出店実現ができた理由ではある。

しかし、そうではなく、コストコ出店そのものに反対する地域もある。

地元経済や雇用推進の面から地元自治体が積極的にコストコの出店を後押しするところがある一方、既存の商業施設にダメージが下るとか、周辺道路が大渋滞になるという理由で反対するところもある。

岡山県内ではまだ表立っていずれの動きはないが、出店実現を左右する事情になるのは確か。