九州新幹線の列車/車両ごとの自由席の場所(号車)

九州新幹線の自由席

九州新幹線の列車・車両ごとの自由席の場所について一覧化。

みずほ号、さくら号、つばめ号それぞれで自由席に設定されている場所は基本的に1~3号車。

ただし、時期および時間帯によって変動する場合がある。一方で「全車指定席」の列車はなく、すべての列車で自由席が必ず存在する。


列車ごとの自由席の場所

列車名 自由席の場所
みずほ 1-3号車
さくら 1-3号車
つばめ 1-3号車
※N700系(8両編成)、800系(6両編成)どちらも自由席は1-3号車。
※博多~鹿児島中央区間運転の一部列車で3号車が指定席に。
※朝夕の一部列車は4号車も自由席に。

九州新幹線では車両の種類のみならず、1~3号車が自由席に設定されている。

8両編成のN700系、6両編成の800系の2種類の車両が使用されているが、自由席の割り当ては基本的にどちらも同じ。

みずほ号の全列車、さくら号の半数程度はすべてN700系で運転。

さくら号の残り半数とつばめ号の大半は800系で運転。

山陽新幹線との相互直通運転の有無に関わらず、九州新幹線を乗り入れる列車は100%必ず自由席がある。「全車指定席」の列車はない。

みずほ号

みずほ号は1~3号車の3両分が自由席。全列車N700系8両編成で運転。

全ての列車が山陽新幹線へ直通し、新大阪~鹿児島中央を通しで走る。

全区間において停車駅が最小限に抑えられている最速種別。

九州新幹線内(博多~鹿児島中央)の区間運転の列車が便がないため、800系6両編成が使用されることは原則ない。

ダイヤが大幅に乱れて山陽新幹線との相互直通運転が中止された場合など、異常時のみあり得るにとどまる。

>>みずほ号の自由席の車両の場所! 何号車になる?

さくら号

さくら号も1~3号車の3両分が自由席。N700系8両編成、800系6両編成のいずれかで運転。

種別はさくら号でも、山陽新幹線(新大阪駅まで)へ直通する便と九州新幹線のみ(博多~鹿児島中央)の区間運転便の2パターンがある。

山陽新幹線直通列車はすべて8両編成のN700系で運転。

九州新幹線のみの列車はほとんどが6両編成の800系で運転。

自由席の配置は1~3号車という点では同じだが、混み具合にやや差が見られる。

山陽新幹線へ直通する新大阪~鹿児島中央を走る列車にて混雑しやすい。

>>さくら号の自由席の車両の場所! 何号車になる?

なお、800系で運転されるさくら号では繁忙期を中心に3号車が指定席に切り替わることがある。普段はあくまでも自由席だが、変動する事例があるのは確か。

つばめ号

各駅停車のつばめ号は九州新幹線(博多~鹿児島中央)の区間のみ運転。

自由席は基本的に1~3号車。6両編成の800系でも8両編成のN700系でもこの点は変わらない。

山陽新幹線との相互直通運転は実施していない。

各駅停車のため、九州新幹線ではみずほ号、さくら号と比べて圧倒的に空いている。

>>つばめ号の自由席の車両の場所! 何号車になる?

休日・平日の朝の時間帯、平日のみ夕方の時間帯のつばめ号の一部列車は4号車も自由席に割り当てられる。

一方で3号車が指定席になる場合が繁忙期を中心に存在する。

他の新幹線の路線/種別ごとの自由席の場所

路線 種別(列車名)
東海道新幹線

山陽新幹線

九州新幹線

のぞみ
ひかり
こだま
みずほ
さくら
つばめ
東北新幹線 やまびこ
なすの
上越新幹線 とき
たにがわ
北陸新幹線 はくたか
あさま
<全車指定席列車>
東北・北海道・秋田新幹線|はやぶさこまち
北陸新幹線|かがやき

全国の新幹線の自由席の車両は何号車になるのか。各路線および列車名ごとに解説。

なお、全車指定席の列車は例外なく自由席が一切存在しない。


広告

おすすめ記事