やまびこ号の自由席の車両の場所! 何号車になる?

やまびこ号の自由席

東北新幹線やまびこ号の自由席の場所は各車両ごとにとって大きく違う。基本的には1~5号車だが、付属編成の有無によって変動する。特に10両編成と16・17両編成では事情が異なる。

やまびこ号にはE5系・H5系、E2系、E3系、E6系が使用されている。

基本編成は10両編成のE5系・H5系またはE2系を使用。付属編成は6・7両編成のE3系またはE6系が使用されている。後者は秋田新幹線または山形新幹線で使用されている車両で、東北新幹線単独運転用に併結されている形。

やまびこ号は100%自由席が設定されているものの、どの車両に割り当てられているかは、列車それぞれで異なるため注意が必要。ここがほかの新幹線と大きく違う部分。


車両型式ごとの自由席の場所

車両型式 自由席の場所
E5系/H5系(10両編成) 1-5号車
E2系(10両編成) 1-7号車
E5/H5系E3系(16両編成) 1-5号車、12-16号車
E2系E3系(17両編成) 1-4号車、7号車、16-17号車
E3系は「つばさ(山形新幹線)」
E5/H5系E6系(17両編成) 1-5号車、12-17号車
※付属編成部分は基本的に普通車は自由席(つばさ号併結時除く)
※曜日・時期によって一部の車両が指定席になる場合あり。

気になる各乗車駅での自由席の混雑状況

>>東北新幹線の乗車駅ごとの自由席の座れる確率! 混雑状況を調査

やまびこ号は基本編成になる1~10号車がE5系・H5系、E2系、付属編成になる11~16・17号車がE3系、E6系のいずれかが使用されている。

自由席はこれらの車両によって何号車になるか違ってくる。

基本的には1~5号車、12~17号車は自由席に設定されている。ほとんどはE5系単独、またはE5系とE6系・E3系を併結した車両で運転されている。

これでも、一部はE2系で運転されている。E2系だと自由席の場所がやや違ってくる。

>>東北新幹線「やまびこ号」の自由席の混雑状況を時間帯ごとに調査!

E5系(10両編成)

E5系単独(10両編成)の自由席の場所

E5系単独の10両編成のやまびこ号の自由席は1~5号車の5両分。

残りの車両はすべて普通車指定席もしくはグリーン車指定席、グランクラス指定席となっている。

他のやまびこ号と比べると自由席の車両数が少ない分、混雑しやすい傾向。

平日・土日祝いずれも日中の時間帯は10両編成での運転が多い。

E2系(10両編成)

E2系単独(10両編成)の自由席の場所

E2系単独の10両編成のやまびこ号の自由席は1~7号車の7両分。

E5系に比べると2両分多く設定されている。

近年は東北新幹線でのE2系の運用が減少していているものの、やまびこ号では引き続き割り当てられている。

混雑に関しては、E5系10両編成に比べると緩やかではあるが、付属編成を連結した列車に比べると混雑しやすい。

E5/H5系+E3系(16両編成)

E5/H5系+E3系(16両編成)の自由席の場所

E5系10両編成とE3系6両編成が連結された16両編成のやまびこ号の自由席は1~5号車、12-16号車の10両分。

付属編成側に当たるE3系の普通車はすべて自由席に設定されている。

10両編成のやまびこ号に比べると自由席の混み具合は緩やかで、満席にはなりにくい。

朝夕の利用者が多くなる時間帯で特に運用されることが目立つ。

E2系+E3系(17両編成)

E2系+E3系の自由席の場所

E2系10両編成とE3系7両編成が連結された17両編成の場合はやまびこ号と山形新幹線つばさ号を併結した列車で、やまびこ号に当たるのは1~10号車だが、自由席の場所がほかの列車と大きく異なる。

自由席は1~4号車、7号車の5両分。E2系単独では自由席の5、6号車は指定席になる。

付属編成側に当たるE3系は山形新幹線つばさ号に該当するため、やまびこ号ではない。自由席は16・17号車。

自由席の混雑のしやすさでは、やまびこ号側の1~4号車、7号車は比較的緩やかだが、つばさ号側はほとんど満席。

E5/H5系+E6系(17両編成)

E5/H5系+E6系(17両編成)の自由席の場所

E5系10両編成とE6系7両編成が連結された17両編成のやまびこ号の自由席は1~5号車、12-17号車の11両分。

付属編成側に当たるE6系の普通車はすべて自由席に設定されている。

E3系併結時のやまびこ号とほぼ同じだが、E6系は1両分多いところが若干異なるポイント。

10両編成のやまびこ号に比べると自由席の混み具合は緩やかで、満席にはなりにくい。

おすすめ記事