山陽新幹線の列車/車両ごとの自由席の場所(号車)

山陽新幹線の自由席

山陽新幹線の列車・車両ごとの自由席の場所について一覧化。

のぞみ号、みずほ号、さくら号、ひかり号、こだま号それぞれで自由席に設定されている場所はやや異なる。

基本的に停車駅が多い種別ほど自由席の車両数も多く、通過駅のある速達型ほど少ない。

東海道新幹線直通、九州新幹線直通も含めて「全車指定席」の列車はなく、すべての列車で自由席が必ず存在する。


列車ごとの自由席の場所

列車名 自由席の場所
のぞみ 1-3号車(16両編成)
みずほ 1-3号車(8両編成)
さくら 1-3号車(8両編成)
ひかり 1-5号車(16両編成)
1-3号車
(N700系:8両編成)
1-5号車
(700系レールスター:8両編成)
こだま 1-3、7-8号車(8両編成)
※東海道新幹線へ直通する列車は全16両編成。
※九州新幹線直通、山陽新幹線区間運転は全8両編成。
※のぞみ、みずほ、さくらは全列車N700系で運転。

山陽新幹線では車両の種類のみならず、連結車両数も各列車ごとにまったく違う。

のぞみ号はすべて16両編成のN700系で運転されている。

ひかり号は東海道新幹線乗り入れ便は16両編成、山陽新幹線区間のみの便は8両編成で運転。

みずほ号、さくら号はすべて8両編成のN700系で運転。

こだま号はすべて8両編成の500系、700系で運転。

自由席の車両は1~3号車は種別に関係なく100%自由席である。

それ以外は各種別で異なり、山陽新幹線の区間した走らないひかり・こだまで多くの号車が自由席に割り当てられている。

のぞみ号

のぞみ号は1~3号車の3両分が自由席。全列車N700系16両編成で運転。

自由席・指定席・グリーン車の割り当ては東海道新幹線と同じ同じ。原則すべての列車は東海道新幹線に乗り入れる。

山陽新幹線の運行会社はJR西日本だが、各号車のルールはJR東海との協議で決まっている。

なお、普通車指定席はひかり号、こだま号よりも割高な料金に設定されていて、加算料金が適用される。

一方の自由席には加算料金がなく、ひかり号、さくら号、こだま号と同じ値段。このため、のぞみ号の自由席は1日を通して混雑が激しい。

>>のぞみ号の自由席の車両の場所! 何号車になる?

なお、のぞみ号に関しては山陽新幹線の区間でも8両編成の列車は臨時便を除いてはない。

みずほ号

みずほ号は1~3号車の3両分が自由席。全列車N700系8両編成で運転。

全列車九州新幹線へ直通する。

新大阪~鹿児島中央を通しで運転するが、自由席の配置は1~3号車で例外はない。

普通車指定席はのぞみ号と同じく、新大阪~博多間では加算料金がかかる(博多~鹿児島中央間は加算なし)。停車駅が同じく最小限に抑えられているため、速達料金という意味合いがある。

自由席は加算料金がないため割安感が大きいこともあり、1日を通して混雑しやすい。

>>みずほ号の自由席の車両の場所! 何号車になる?

さくら号

さくら号も1~3号車の3両分が自由席。同様に全列車N700系8両編成で運転。

全列車九州新幹線へ直通する。

自由席の配置は1~3号車で例外はない。500系や700系で運転されるさくら号はない。

のぞみ号・みずほ号とは違って新大阪~博多間でも加算料金は一切ない。停車駅がひかり号と同じ水準のため、速達性がやや薄れるため。

自由席はのぞみ号・みずほ号よりも混雑度は若干低い。

>>さくら号の自由席の車両の場所! 何号車になる?

ひかり号

ひかり号の自由席は16両編成では1~5号車、8両編成では1~3号車または1~5号車。

16両編成の列車は東海道新幹線へ直通する便であり、基本的に東京~岡山間を走る列車。

山陽新幹線の区間に当たる新大阪~博多間のひかり号は原則8両編成。そして、この8両編成は使用車両ごとに自由席の割り当てが異なる。

N700系(8両編成)で運転されるひかり号は1~3号車が自由席。

700系ひかりレールスター(8両編成)で運転されるひかり号は1~5号車が自由席。

>>ひかり号の自由席の車両の場所! 何号車になる?

こだま号

各駅停車のこだま号は山陽新幹線ではすべて8両編成で運転される。

自由席は1~3号車と7、8号車。全体の半数以上の車両が自由席に設定されていて、他の種別よりはるかに多い。

使用車両は500系と700系があるが、いずれも配置は同じ。

こだま号は東海道新幹線(東京~新大阪)でも運転されているが、山陽新幹線との相互直通運転は実施していない。

したがって、新大阪~博多間では16両編成で走るこだま号はない。

>>こだま号の自由席の車両の場所! 何号車になる?

なお、一部列車はN700系(8両編成)で運転されることもあるが、こだま号である限りは7、8号車は自由席に切り替わる。

他の新幹線の路線/種別ごとの自由席の場所

路線 種別(列車名)
東海道新幹線

山陽新幹線

九州新幹線

のぞみ
ひかり
こだま
みずほ
さくら
つばめ
東北新幹線 やまびこ
なすの
上越新幹線 とき
たにがわ
北陸新幹線 はくたか
あさま
<全車指定席列車>
東北・北海道・秋田新幹線|はやぶさこまち
北陸新幹線|かがやき

全国の新幹線の自由席の車両は何号車になるのか。各路線および列車名ごとに解説。

なお、全車指定席の列車は例外なく自由席が一切存在しない。


広告

おすすめ記事