九州新幹線のおすすめの座席! 目的ごとに一覧化

九州新幹線のおすすめの座席

九州新幹線のおすすめの座席について調査してみた。みずほ号、さくら号、つばめ号それぞれを目的ごとに号車・番・列まで一覧化。

博多駅~鹿児島中央駅を走る路線で、8両編成と6両編成の列車がある。車両の種類はN700系(8両)と800系(6両)の2つがある。

乗車駅・降車駅、コンセントの有無、窓からの景色、階段やエスカレーターの場所のどれを取るかでさまざま。指定席・自由席それぞれおすすめの座席はそれらによって変わる。


みずほ号・さくら号|おすすめの座席

みずほ号は全列車N700系での運転である。

さくら号は山陽新幹線へ直通列車(新大阪駅~鹿児島中央駅間を運行)と九州新幹線完結型(博多駅~鹿児島中央駅を運行)の2タイプが存在する。

前者はN700系、後者は大部分が800系で運転されている。

参考:【山陽・九州新幹線】さくら・みずほの違いとは!? 2つだけある!

N700系(みずほ全便、さくらの一部)

N700系
<N700系のみずほ号、さくら号>
目的別項目 号車 番・列
途中駅を乗降 すべて可 指定席:B席、C席(通路側)
自由席:C席、D席(通路側)
コンセントの有無 すべて可 指定席:A席、D席(窓側)
自由席:A席、E席(窓側)
景色 すべて可 指定席:A席、D席
自由席:A席、E席
階段・エスカレーター 4-6号車 すべて可
電話がかかってくる すべて可 デッキに近い番号
指定席:B席、C席(通路側)
自由席:C席、D席(通路側)
寝る すべて可 指定席:A席、D席(窓側)
自由席:A席、E席(窓側)
トイレによく行く すべて可 指定席:B席、C席(通路側)
自由席:C席、D席(通路側)

さくら号は山陽新幹線直通列車と九州新幹線内完結型の2種類が存在する。

山陽新幹線と九州新幹線を相互乗り入れするみずほ号、さくら号はどちらもN700系(8両編成)という車両が使われている。

みずほ号・さくら号の差に関しては、座席による違いはまったくない。

自由席は1~3号車、指定席は4、5号車、6号車の半分、7,8号車である。

6号車のもう半分はグリーン車となっている。

窓側の座席にはコンセントが付いている。指定席・自由席のいずれにもコンセントが設置されている。

また、座席の配置も普通車指定席と自由席では異なる。

自由席となる1~3号車は3+2列(海側3人掛け、山側2人掛け)であるが、指定席となる4~6号車は2+2列である。通路を挟んで両側ともに2人掛け。

>>山陽新幹線のおすすめの座席! 目的ごとに一覧化

800系(さくらの一部)

800系
<800系のみずほ号、さくら号>
目的別項目 号車 番・列
途中駅を乗降 すべて可 B席、C席(通路側)
コンセントの有無
景色 すべて可 A席、D席(窓側)
階段・エスカレーター 3,4号車 すべて可
電話がかかってくる すべて可 デッキに近い番号
B席、C席(通路側)
寝る すべて可 A席、D席(窓側)
トイレによく行く すべて可 B席、C席(通路側)

九州新幹線内完結型のさくら号の大半は800系(6両編成)で運転されている。

一部はN700系(8両編成)もあるが、朝夕の山陽新幹線直通列車の間合い運転に限られている。

自由席は1~3号車、指定席は4~6号車である。800系はグリーン車は連結無し。

800系のデメリットと言えるのがコンセントが設置されていない点。N700系が窓側の座席ならコンセントが整備されているが、800系はまったくない。

座席の配列は1~6号車まですべて2+2列となっている。自由席・指定席のいずれも違いはない。

東海道山陽新幹線の各車両のように3人掛けのところは800系にはない。

自由席のおすすめ車両

みずほ号さくら号の自由席のおすすめ車両・座席~

  • 1号車:ふつう(推奨)
  • 2号車:ふつう(推奨)
  • 3号車:混雑しやすい

山陽新幹線ののぞみ号と同じく、みずほ号、さくら号の自由席は1~3号車に設定されている。

3号車は階段やエスカレーターに近い駅が多いこともあって、自由席で最も混雑する車両になる。1,2号車は「ふつう」に該当し、3号車と比較すると空いている。

したがって、自由席に座るのであれば1,2号車のいずれかがおすすめである。

>>【新幹線】さくら号の自由席・指定席の混雑状況を時間帯ごとに調査

つばめ|おすすめの座席

<800系のみずほ号、さくら号>
目的別項目 号車 番・列
途中駅を乗降 すべて可 B席、C席(通路側)
コンセントの有無
景色 すべて可 A席、D席(窓側)
階段・エスカレーター 3,4号車 すべて可
電話がかかってくる すべて可 デッキに近い番号
B席、C席(通路側)
寝る すべて可 A席、D席(窓側)
トイレによく行く すべて可 B席、C席(通路側)

同じ区九州新幹線内完結型のつばめ号もほとんどが800系(6両編成)で運転されている。

朝夕の一部はN700系(8両編成)での運転もあるが、レアケースに過ぎない。基本は800系が割り当てられている。

自由席は1~3号車、指定席は4~6号車である。800系はグリーン車は連結無しということで、つばめ号のほとんどはグリーン車なしの運用である。

つばめ号のおすすめの座席については、そもそも全体的に空いていることもあって、自由席・指定席ともに「どこでもOK」なのが本音。

通路側の座席が埋まることは朝夕の一部を除いてはあまりなく、基本的には窓側の座席に座ることになるだろう。

800系はコンセントが設置されていない。窓側の座席ならコンセントが整備されているのはN700系に限られる。この点で窓側・通路側を選ぶ基準にはならない。

座席の配列は1~6号車まですべて2+2列となっている。自由席・指定席のいずれも違いはない。

ただし、N700系は自由席の1~3号車は3+2列の配列になっている。



広告

おすすめ記事