特急踊り子号の混雑状況を平日と土日祝で調査! 乗車率の目安とは!?

混雑する特急踊り子号

JR東海道線・伊東線の特急踊り子号(スーパービュー踊り子含む)の混雑状況について、時間帯おとび区間ごとにその目安を調査してみた。自由席・指定席ではそれぞれの混み具合を見てみよう。

単なる「踊り子」では、普通車には自由席、指定席のいずれもあるが、満席になりやすいのは前者の方になる。「スーパービュー踊り子」は全車指定席であるため、立ち客は発生しない。

休日ダイヤで運転される土日祝と月曜日から金曜日までの平日でもそれぞれで混み具合は違う。満席になりやすいのは圧倒的に土日祝である。




土日祝の混み具合

<下り列車・横浜駅にて調査>
土日祝 平日
9時台 ★★★★ ★★★
10時台 ★★★★ ★★
11時台 ★★★ ★★
12時台 ★★ ★★

土曜日は混雑する傾向

土日祝というくくりでは同じでも、特に週末の始まりである土曜日の午前中の下り列車が混雑する。

踊り子号の場合は、伊豆急下田・修繕時方面へ向かう電車は午前中のみの運転となっているものの、特に9~10時台に東京駅を出発する列車の混雑が激しい。

自由席も指定席も満席になりやすい。特に行楽シーズンになるとあっという間に空席ゼロになりやすい。

11時以降の比較的遅い時間帯の特急列車になるとやや空いてくる。ただし、土曜日に限っては、この時間帯でも自由席は満席になってしまうこともよくある。




日曜日の午後も東京行が混雑

土日祝の特急踊り子号の混み具合

日曜日の午後になると、特急踊り子号の東京行の上り列車が混雑しやすい。こちらは、伊豆半島方面から首都圏へ帰る行楽客で混み合う。

最も混雑するのが17時台に東京駅に到着する電車である。伊豆急下田駅を15時前後に発車する列車がこれに該当する。

自由席も指定席も満席になることもたまにある。土曜日の午前中の下りほどの混雑にはならないものの、やはり特急踊り子号を乗る予定があるのであれば、事前に指定席を取っておくことを強くおすすめする。

さらに、年末年始・ゴールデンウイーク・お盆に加え、土日と祝日がセットになった三連休になると、特急踊り子号は特に混み合うことが多い。

泊まりで首都圏から伊豆半島へ旅行しに行く人が殺到するが、その主要な交通手段が特急踊り子号である。

平日はガラガラで空いている

一方の平日になると、土日祝とは対照的といってよいだろう。月~金曜日の午前中の下りでも午後の上りでも空席が目立つ。

  • 午前中の下り:ガラガラ
  • 午後の上り:ガラガラ

値段が安い自由席でも通路側の座席なら少なくとも空いている。最も乗客が多い横浜~小田原間でも、平日は行楽客が少ないため空いている。

特急列車でも、平日は通勤客や出張客などのビジネスマンの利用が結構多くなる傾向だが、踊り子号はそもそも特定の時間帯しか走っていない。

通勤ラッシュや出張に合わせた時間には運転されていない。これにより、平日で混雑しやすい時間帯はない。

ただし、大型連休では平日ダイヤという点では同じでも利用者数がかなり多くなる。このような時期は休日と同じと考えるのがよいだろう。

おすすめ記事