JR東海はなぜ発車が遅いのか? ドアが閉まってもなかなか動かない!?

JR東海の在来線の電車に乗ってみると、ドアが閉まっても発車するのが遅い。実際に列車が動き出すまでには10秒近くかかることが多い。たとえ小さな駅であってもこれくらいはかかる。




首都圏のJR東日本ではドアが閉まったら即発車する。西日本においても3秒くらいで電車のブレーキ解除音がして動き出す。一方、JR東海ではタイムラグが長い。

JR東海では車掌がドアを閉めた後安全確認を行って運転士にブザーで発車合図を出す。ブザーが鳴ると運転士はブレーキを緩めて力行を入れる。

発車が遅い理由は、車掌が行っている安全確認にかかる時間が長いからといえる。

出典:www.youtube.com/watch?v=Frpwkicw_2U

出典:www.youtube.com/watch?v=Frpwkicw_2U

他の鉄道会社の場合も車掌はドアを閉めた後はホーム上の安全確認を行う。しかし、それに時間を費やすことはない。

本来は指差し確認をして呼称を行うが、目視だけで発車合図を送る乗務員も少なくない。

JR東日本については、そもそも発車ブザーを鳴らさない。ドアが全部閉まったことを示す知らせ灯が点灯すれば即発車する。

車掌は最後尾の乗務員室に乗った状態でドアを閉め、側面についている赤色灯が消えたことが確認する程度である。

一方、JR東海の場合はかなり規則が厳しく徹底されている。車掌は列車の外からドアを閉める。

側面についている赤色灯が消えたら指差して「ドア、ホーム、オーライ」と声を出して呼称する。

その後乗務員室に乗って扉を閉めてからブザーを鳴らす。そして運転士が列車を発車させるというわけだ。

それに比べると、東と西はあまり徹底されていない。国鉄時代はもともとほとんど徹底されていなかったこともあって、しっかりと安全確認を実施できている車掌は見受けられない。

JR東海はこれとは違うのが特徴的ではないだろうか。小田急と並んで、電車の出発の際のドア閉め確認を行っているところから、今のようにタイムラグがある。

おすすめ記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です