Suicaグリーン券として使える/使えない交通系ICカード一覧

Suicaグリーン券と交通系ICカード

JR東日本の在来線普通列車のグリーン車に乗る際の「Suicaグリーン券」として使える・使えない交通系ICカードの一覧。

ホーム上などにあるグリーン券売機にて購入できるかできないかがポイントだが、交通系ICカードは全国相互利用サービスが2013年に始まった。

しかし、Suicaグリーン券の機能はすべてで使えるわけではない。JR東日本と深い関わりのある一部のものに限られている。


交通系ICカードごとのSuicaグリーン券の利用可否

交通系ICカード Suicaグリーン券機能の有無
Suica
PASMO
Kitaca
SAPICA ×
icsca ×
TOICA
manaca ×
ICOCA ×
PiTaPa ×
PASPY ×
SUGOCA ×
nimoca ×
はやかけん ×

〇が付いてものは例外なくSuicaグリーン券としての機能が使える。ホーム上にあるグリーン券売機にてすでにチャージしてある金額を使ってグリーン券を買える。

×はSuicaグリーン券として利用できない交通系ICカードを指す。

この場合はグリーン券が付いていないため、改札の外にある券売機で磁気きっぷを購入しなければならない。

磁気きっぷのグリーン券

磁気きっぷのグリーン券は改札内では購入できない。

つまり、一度改札に入ってしまうと事前料金で購入できず、割高な料金に設定されている車内で買うしかなくなる。

Suicaグリーン券の機能が付いていない交通系ICカードで電車に乗る人は特に注意が求められる。

>>在来線普通列車のグリーン車にお金をかけてまで乗るメリットとは!?

PASMOは使える

首都圏の私鉄各社で導入しているPASMOはJR東日本の在来線普通列車のグリーン車用のSuicaグリーン券として完全に使える。

地域的にSuicaエリアと同じであるため、グリーン券として利用する人も多い。

私鉄系の交通系ICカードの中では唯一利用可能な種類でもある。

Kitaca、TOICAも使える

JR北海道のKitaca、JR東海のTOICAもまた、JR各社が出している交通系ICカードの中ではSuicaグリーン券として使える数少ないものに該当する。

中でもグリーン車が付いている東海道線はJR東海が管轄する熱海~沼津間にも乗り入れている。ここはTOICAエリアに入る。

隣り合うエリアという事情もあり、Kitaca、TOICAならSuicaやPASMOと同じように駅ホーム上にあるグリーン券売機にて駅発売価格でグリーン券を購入できる。

利用できない交通系ICカード

Suicaグリーン券で使えない交通系ICカード

代表的な交通系ICカードでも、Suicaグリーン券としては使えないものが以下になる。

  • ICOCA
  • PiTaPa
  • manaca
  • SUGOCA
  • nimoca
  • はやかけん

いずれも主要都市の鉄道事業者が出している交通系ICカードである。しかし、JR東日本の在来線普通列車のグリーン券に関しては、Suicaとの互換性がない。

交通系ICカードの全国相互利用サービスが開始されているものの、あくまでも通常の運賃の支払いを意味する「乗車券」としての機能にとどまる。

なお、車内でグリーン券を購入すると割高な料金に設定されている。

グリーン券の料金

営業キロ 事前料金 車内料金
平日 ホリデー 平日 ホリデー
50kmまで 770円 570円 1,030円 830円
51km以上 980円 780円 1,240円 1,040円

Suica、PASMO、Kitaca、TOICAにて駅のホーム上にあるグリーン券売機で「Suicaグリーン券」を購入した場合は、上の表の事前料金が適用される。

一方でグリーン車に乗ってから購入するパターンが車内料金に当たる。

一度改札に入ってからグリーン券を購入することができない。

ICOCA、PiTaPa、manacaなどのSuicaグリーン券が使えない交通系ICカードを利用している場合には注意が必要である。

>>【JR東日本】グリーン券の車内購入、Suicaでも割高な料金になるのか!?



広告

おすすめ記事