【病気?】会社に行きたくないと感じるのは私だけ!? どうすればいい?

「会社に行きたくない」と毎日感じている人は多いのではないでしょうか。朝起きた瞬間、今日も出勤しなければならないという現実を認識した瞬間、とても憂鬱な気分になると、あなたもこれに当てはまる人の1人ではないだろうか。

会社に行きたくないと感じる理由としてあげられる代表的なものは4つある。近年はうつ病が社会的に蔓延しているが、うつまではいかなくても出勤することへのマイナスな気持ちになる人はかなり割合的に多いのは確かだろう。

理由は4つ! もう会社に行きたくない

  1. 人間関係が悪い
  2. 仕事内容が大変
  3. 朝起きるのがつらい
  4. 何のために働いているのかわからない

まず最初に挙げられるのが人間関係である。退職する理由のトップに常にランクインする要因である。毎日顔を合わせる他人と上手くいかないと毎日会社に行くのはかなり精神的につらいことであろう。

上司から叱責されたり過剰に扱きをつかわれたりするのも人間関係的な理由といえる。毎日自分を否定されたり、一生懸命頑張った仕事が評価されない状態が続くと、もう明日から会社にいくのが嫌になるのは避けられない。

次に考えられる理由は、仕事内容である。自分が好きではないきらいな仕事であると会社に行きたくなくなるのはあるだろうが、仕事自体が激務で大変なものの場合はさらに重症だ。体力的にキツイ場合、もう体がもたなくなってしまう。

仕事内容がキツイ状態となれば、当然ながら会社に行くのは嫌になるのは当たり前なこと。そして、これもまた退職する理由の1つとして有名なケースだ。

3つ目は、朝起きるのがつらいという理由である。こちらの場合は会社自体に何か嫌なことがあるというよりは、単に朝早く起きるのが大変という事例だ。朝なかなか起きられない場合も会社に行きたくないと思うだろう。

とはいえ、一旦目覚めれば出勤するのはけっして大変では感じなくなる。朝の一瞬の時間だけがマイナスな気持ちになってしますだけであるため、問題はかなり軽症だ。

最後は、そもそも「何のために働いているのかわからない」というケースだ。やりがいを感じていないことが理由で会社へ行きたくないと思うのは必然的といえる。

仕事なの内容が自分に合ったものではなかったり、給料などの待遇の面が悪い場合、このように感じてしまう。毎日行く場所であるのが職場であるため、不満な面が多ければそこに足を踏み入れることがつらくなる。

こうした4つの理由のどれかに当てはまる人が多いため、「会社に行きたくない」と思っている人が多いのである。

【自転車】車道を走ると邪魔! 危険が多いのが今の現状

自転車は原則として車道を走りなさいと道路交通法で定められていて、警察などの行政もそれを強く推進している。しかし、実際問題としてクルマのドライバーから見ると邪魔であると感がえている人が大きな割合を占めている。

確かにモータリゼーションが進む前の昔は、車の数の少なく、自転車が車道を走っても邪魔になることは今よりは少なく安全であった。しかし、車社会が行き渡った現在、自転車が車道の端を走るのは危険な例がほとんどである。

特に、路肩がほとんどなくて自転車が走れるスペースがないような道路においては、追突や接触事故が起きる可能性が高くかなり危険な状態となっている。日本の道路は狭いところが多いので、自転車が歩道を走りたがる理由は誰でも理解できるだろう。

ドライバーから見ると邪魔

出典:www.cycling-ex.com

出典:www.cycling-ex.com

道路の車道を走っている車両のほとんどは乗用車やトラックである。自転車は少数派。そのため、ドライバーからは車道を走る自転車は「邪魔な存在」として受け止めることが多い。

クルマを運転している人から見れば、自転車は歩道を走ってもらいたいと思いたいくらい邪魔であるとっ感じるのはけっして不思議なことではない。

いくら自転車が危険な車道を走っていたとしても、もし対自転車の事故が発生すればクルマ側が悪くなってしまう。だからこそ、安全を確保するためにも歩道を走ってもらいたいという考えにたどり着く。

特に問題とされるのがロードバイクという競技型の自転車である。ロードバイクはスピードが出るのが特徴であるが、車道をスピードを出して走る人が多いということで、より交通事故に発展する可能性が大きい存在だ。

当然ながら、ドライバーの本音を語れば、「自転車は歩道を走ってほしい!」という結論に至る。

道路の整備が不十分!

では、どうして自転車の歩道走行はやめるべきだと警察は主張しているのか。それは、自転車対歩行者の事故が後を絶えないからである。歩道とは本来は歩行者のための道路である。

そこに自転車が加われば、接触事故が起きる可能性が出てくる。歩道は歩行者が優先であるが、自転車を利用している人にしたら歩行者は邪魔な存在であると認識する。ベルを鳴らして「どけ!」と合図する人が一部いるのもそれが理由だ。

しかし、歩道は歩行者のためのものということで、自転車を車道に出せば事故は起きなくて歩行者の安全を守ることができると考え、行政は自転車の車道走行を推奨するようになった。そして今度は自動車とトラブルになっているのだ。

クルマからも歩行者からも邪魔であると思われてしまうような状態になっているのが現状だ。も一番好ましいのは、車道の脇に自転車専用レーンを設置することである。自転車のための道があれば、クルマとも歩行者とも危険な事故が起きる可能性は低くなる。

ところが、自転車専用レーンがある場所はほとんどない。つまり、道路の整備が不十分なのだ。現在は専用レーンの設置を行政が一部進めているが、それでも道幅が狭いなどで実現不可能な場所が多い。

自転車対クルマ・歩行者の攻防はこれからも続く。

おすすめ記事

自転車で信号無視! すると罰金はいくら取られる?

自転車で信号無視をすると警察に捕まる可能性がある。赤切符を切られてしまうとのちに検察から出頭命令が来る。そして、事情聴取をされてその後起訴するかどうかが審理される。起訴されると多くは略式裁判となり、有罪になると罰金が取られることになる。

ただし、罰金とはいっても金額はどれくらいかかるのか、疑問の持っている人は多いのではないだろうか。特に毎日自転車に乗って移動している人にとってはけっして他人事ではない。交通違反をするとどんな刑罰が待っているのか。

罰金は約5,000円!?

裁判

自転車における信号無視で、実際に裁判を通じて有罪になると5,000円前後の罰金という判決が出る。軽車両である自転車ということで、刑罰は原付やオートバイ、クルマよりは軽い。そのため、罰金の金額も自動車よりは安い。

普通自動車の場合は9,000円の罰金が取られる。一方、自転車自体には免許制度がなく、しかも歩行者に次ぐ「交通弱者」と呼ばれる部類に入るため、信号無視をしてもその重度はかなり低い。このためクルマよりも金額が低い。

ただし、自転車の場合は青切符という制度がない。いきなり赤切符が交付されることとなるため、有罪になると前科がついてしまう。

つまり、たかだか交通違反とはいえ犯罪歴と同じものが記録として残ってしまうわけである。「あなたは過去に信号無視しました!」という黒歴史が公のデータベースに載ってしまうことになるのだ。

もちろん、信号無視という交通違反であるため、前科がついたからといって何か社会的に不利益を被ることはゼロに等しい。窃盗や障害、殺人などの犯罪歴とは全く別物だ。とはいえ、気分的には快くはない。

初犯は有罪にはならない?

なお、自転車における信号無視の場合、赤切符が交付されたとしても初犯であれば、たとえい信号機が赤色であったにも関わらずそれを守らなかったという事実を認めたとしても、起訴はされない可能性が高い。

本人が速やかに道路交通法違反をしたということを認めて、反省の態度が表れていると検察側が判断した場合、今後同じことを繰り返す可能性が低いと判断した場合には不起訴にする。

悪質なケースや2度目の交通違反者が主に起訴される傾向にある。裁判所自体も1日で裁判をする回数には限度がある。悪質な犯罪者から優先的に開かれるため、軽微な法律違反である信号無視はかなりの確率で不起訴になる。

交通違反の中でも起訴されやすいのは、飲酒運転や死亡事故加害者(過失致死)が中心である。道路上の標識や信号機を守らないことは違反は違反であるが、軽微なことであるのも確かである。

おすすめ記事

【自転車】交通違反で捕まった時に否認したらどうなる?

近年は自転車の事故が後を絶えないということで交通違反者に対して赤切符を交付する取り締まりを警察が強化している。

しかし、違反時の検挙に対して不服がある場合も少なくはないだろう。もし否認したらどうなるのだろうか。下手すると逮捕されるのではないかと不安になるかもしれないが、容疑を認めない場合はどうなるのか気になるという人も多いのでは。

しかし、事実ではない疑いをかけられたら否認するのが一番なのは間違いない。交通違反をしていないにもかかわらず警察に捕まった場合、どうどうと否認するべきだ。

否認したのに切符切られたら?

信号無視や一時不停止、遮断機が下りている踏切への侵入などが、交通違反で自転車が検挙される理由であるケースが多い。いずれも現場の警察官の目視によって取り締まりが行われている。

自転車取り締まり

しかし、警察官が見たものと自分の認識が食い違うということは少なくない。信号機が青だったが交差点への侵入と同時に赤になり、「信号無視」で捕まるという可能性も否定できない。

この場合、青信号で交差点へ侵入しているので信号無視には当たらない。たが、警察官が多くから見ていた場合には信号を無視しているように見えて停車させられることになる可能性もある。

もし事実とは違うことで検挙された場合は絶対に否認するのが好ましい。もし認めてしまったら、交通違反をしたということになってしまう。最悪の場合、罰金がとられるということにもなりかねない。

仮に切符が切られたとしても、サインは拒否するべきである。サインしないといことは否認するという意味である。たとえ強要されたとしても、事実ではないことに対してははっきりと否認して正しいことを主張するのが一番ベストな策である。

検察から呼び出しが来る!?

赤切符が交付されると、サインを有無を問わず後日検索から呼び出しが来る。つまり、「出頭」を求められるというわけである。

この出頭要請を無視すると最悪の場合は逮捕される可能性も出てくるため、可能な限りは検察へいくことが求められる。

呼び出しが来て実際に検察庁へ行くと、担当の検察官からいくつか質問をされることになる。「何月何日にどこどこで○○という交通違反があったと警察官が供述しているが、この事実を認めますか?」といった内容であるのだが、もし否認するのであれば「そのようなことは一切身に覚えはありません」、「まったくしていません」と答えればよい。

自転車の交通違反の場合はほとんど証拠がないため、本人の供述が起訴されるかされないかの判断基準となる場合が多いようだ。自白がなければ、重大な事故などを除いては起訴される可能性は低い。また、軽微な交通違反であれば、最初の1回目は不起訴になる見込みが大きい。

おすすめ記事

【ららぽーと豊洲】駐車場の混雑状況! 土日は満車?

ららぽーと豊洲の駐車場の混雑状況についてであるが、特に土日の午前午後はかなり満車に近い状態となり、外でも渋滞が発生して待ち時間も長くなる。

平日に関しては一日中空車になっていることがほとんどであり、外に駐車場に入る車の列ができることもほとんど見受けられない。

ららぽーと豊洲

土日祝日の多くの人が休みの日となるとかなり混雑度が激しい。晴海通りまで駐車場へ入庫する車の列の最後尾が来ることもよくある。お昼前後にはピークに達する。最後尾に並んでから実際にマイカーを駐車できるまでにかかる時間は30~40分くらいは要する。

夕方になると、入庫待ちの車はいなくなり、待ち時間なしで駐車できるようになりが、今度は変える人々で混雑する。出口に行列ができるようになり、なかなか列が進まない。

外に出ると至る所に信号機があることから、信号待ちの車が連なることによって渋滞が発生する。16時以降になるみんな一斉に帰路につくため、もし早めに帰るのであればそれまでにはららぽーと豊洲を離れるのがよいだろう。

夕方の帰宅ラッシュが落ち着くのは19時くらいになってからだ。夜になれば、ほとんどの人がショッピングを終えるため、ららぽーと豊洲に残るのは夕食を食べてから帰る人たちのみだ。

土日祝日はどこのショッピングモールも混雑する。しかし、ららぽーと豊洲は江東区の中では最大規模の大きさを誇るため、それだけ来店する客もかなり多くなる。

もし駐車場へ空いている時間帯に入りたいのであれば、10:30までにはららぽーと豊洲に到着できるように家を出るのがよいだろう。

寿命はどれくらい? クローザープラスの評価!

クローザープラス

パナレーサーの自転車用タイヤ「クローザープラス」は、値段的に非常に安いのに重量は軽いのが特徴的であって良い評価のポイントとなっている。一方、耐久性は低い傾向にあり、寿命が比較的短い。

2,000~2,500円ほどで買えるため、自転車にはあまりお金がかけられない人には非常におすすめのタイヤであることは間違いない。一度買ってみる価値は十分に高い。

スリックタイヤで転がり係数が低い!

「クローザープラス」の最大の特徴と言えば、値段が安いのに重さが軽いという点である。スリックタイヤであるため、漕ぎ出しがかなり軽く、グリップの性能も良い。

転がり係数が低いため、特に発進時に小さなエネルギーでも自転車が動き出すような感覚を味わうことができる。

山道の登坂時にも、溝がたくさんあって重いタイヤと比べてらくらく坂を上ることができるのも、「クローザープラス」ならではのメリットであり、評価できる点である。

太さの種類には、23C・25C・28Cがある。ロードバイクまたはクロスバイクに使うのが良いだろう。長距離のサイクリング時はもちろんのこと、通勤通学、あるいはちょっとしたポタリングに利用できる。

ただし、溝がないことから、雨の日に走るタイヤとしては不適である。路面がぬれている状態でスリックタイヤを履いた自転車で道路を走るのはかなり危険である。そのため、晴れの日限定として考えるのが賢明だ。

寿命は何km?

ただし、「クローザープラス」は自転車用のタイヤとしては寿命が短い方である。後輪(リアタイヤ)の場合、2,000~3,000kmほど走るとすり減りが激しいものとなり、交換の時期となる。フロントについても、4,000~5,000kmほどが交換の目安となるだろう。

実際には、23Cと25C、28Cの場合とでは、すり減りの早さに違いはあるものの、概ねこれくらいの走行距離を目安にしながらタイヤの交換時期を考えるのが良いだろう。

パンクの頻度に関しては、各個人の乗り方によって大きく左右される。しかし、溝がたくさんある耐久性の高いタイヤと比較すると、どうしてもパンクしやすいという点は否定できない。

推奨空気圧も高い傾向にある。そのため、600kPa未満の低い空気圧で自転車に乗りたいのであれば、他のものにするのが良い。あくまでも、高い空気圧にして高速走行を重視する人に向いているタイヤであるのは確かである。

おすすめ記事

クロスバイク通勤・通学、雨の日はみんなどうする?

近年はスポーツタイプの自転車が注目を浴びていることから、その代表格で使いやすいクロスバイクに乗って仕事先への通勤や学校への通学に使っている人が多い。

しかし、気になるのが悪天候の時の移動手段である。雨の日はどうするべきなのだろうか。晴れの日と同じようにクロスバイクで通勤・通学に利用するべきなのか、それとも自転車の利用は控えて電車やバスなどの公共交通機関を使うべきなのだろうか。

この判断はとても難しいだろう。物理的には、雨が降っている場合でもスポーツタイプの自転車で仕事先や学校のある場所に行くことは可能である。しかし、荷物がぬれたり、衣服が汚れたりする可能性は否定できない。

雨の日の路面状況はとても滑りやすいため、スポーツタイプの自転車だと危険性がアップすることも否定できない。

このようなことから、クロスバイクを日々使っている人は、雨の日は一体どうするできなのだろうか。

装備があれば問題なし!

結論から言うと、雨天時のための装備がしっかりしていれば問題はない。レインウェアを用意し、バッグなどの鞄は防水処置が施されているものを使うのであれば、雨の日であってもクロスバイクで通勤・通学をすることは可能だ。

ただし、クロスバイクにはママチャリとは違って、デフォルトでは泥除けがついていない。そのため、路面の水が飛び散る。なので、多少は汚れても良いような装備でなければならない。

特に背中に背負うリュックを使う場合には、跳ねた水が簡単にふき取ることができるようなものでなければならない。防水になっているバッグであればそれができるが、メッシュ記事などは御法度である。

また、安全性についても、晴れの日よりは転倒などの危険性が増すのは事実である。したがって、普段ほどスピードを出すわけにもいかない。

雨の日もクロスバイクで通勤や通学に使う場合であっても、できるだけゆっくりと走れるようにするために、普段よりも時間に余裕を持って自宅を出発することが求められる。悪天候だからこそ、慎重な運転を心がけるのが大切であるのは、言うまでもない。

もし、雨の日のための対策ができないのであれば、クロスバイクで移動するのはあきらめて、電車やバスといった公共交通機関を使って目的地まで移動するしかない。

おすすめ記事

【Giant Escape】高校や大学への通学にはピッタリか?

Giant Escapeシリーズには、r3やRX3、AIRなどの車種があるが、どれもクロスバイクとしては品質が良く、数あるメーカーや種類がある中でも特に高い人気を誇っている。




高校や大学への通学用の自転車としてもピッタリであり、非常に使いやすい。値段がそれほど高くはないが、重量が10kg台以下と軽いため、少ない体力でも長距離の移動が楽になるのが、Giant Escapeシリーズのクロスバイクならではの特徴である。

中学校の場合は学区による制限があって、自宅から学校までの距離が短く、しかも自転車の種類に制限を設けているところが多いこともあって、銀色のふつうの軽快車が一般的である。

Giant Escape R3

出典:ジャイアントストア公式HP giant-store.jp/sakai/bike/1849/

しかし、高校以上となると、学区の制限がなくなり、自宅から学校までの距離が長くなる傾向になる。そうなると、自転車通学を行うにあたっても、より疲労感を少なるできるような種類の自転車が求められる。

そんな要望に応えているのがクロスバイクであり、特にコストパフォーマンスに優れているGiant Escapeシリーズはその定番の例であるというわけだ。だからこそ、通学の自転車としては非常におすすめなのである。

5万円、なんて高すぎる!

ただ、値段は決して安いとは言えないだろう。「自転車は1万円以下で買うのが常識!」と考えているような人にとっては、特に値段が一番の欠点となるのではないだろうか。

クロスバイクをはじめとするるぽーつタイプの自転車の場合は、どうしても価格が高くなり、ルック車ではなくて性能の良い車種となると、5万円くらいはかかることとなる。

2,3万円で店で売っているものもあるが、そういった安いクロスバイクはルック車であり、ギア数が少なく、しかも重量が14kgくらいあったりして重い。決して、少ない体力で通学するという目的を果たすことができない。

金銭的な余裕がない人にとっては、Giant Escapeシリーズをはじめとするクロスバイクを買うハードルは多少高いかもしれない。

とはいえ、それでも電車やバスなどの交通手段を続けて使うよりは安上がりとなる。定期券代を何年も払い続けると、その金額はクロスバイクの購入費をはるかに上回ることだろう。そう考えると、決して高価な贅沢な買い物ではないと思える。

おすすめ記事




高校生に人気! クロスバイク通学

今、高校生の間で少し値段が高いスポーツタイプの自転車が人気となっている。それの代表格がクロスバイクである。

ここ2、3年で、通学手段としてクロスバイクを使って学校に登校する人を良く街中で見かける。重量が軽く、巡航速度が速く、より少ない体力で短時間で移動できることから、話題の的となっているのだろう。

実際、クロスバイクに乗ってみると、加速力もスピード力も素晴らしい。今までママチャリにしか乗ったことがない人であれば、初めてクロスバイクに乗ると一種の感動を抱くことであろう。それだけ、性能の面で優れているのである。



なぜ高校生も購入するのか?

高校に入学すると、それまでの中学校よりも通学距離が格段に伸びる場合が多い。中学校は地元の公立のところに行っていたため、自宅から学校までの距離はそれほど長くはなかったが、高校は隣町にあることで家からの距離が長いという例はよくある。

高校に入ると、自転車通学をする場合でも距離が何kmも遠くなってしまうのだ。そんな中で、遠い道のりを毎朝自転車で通うのは決して楽なことではない。

距離があればあるほど、乗っている時間も長く、使う体力も大きい。ママチャリであれば、重量が重いため、スピードや加速力が遅く、とても不便を感じる。

しかし、クロスバイクであれば、ママチャリほど苦労はしない。同じ距離であっても、スピードの速さが全然違うため、従来の自転車よりも学校までの所要時間を短縮することができる。

朝は時間に余裕がないという高校生も多いことであろう。そうした事情に応えられる移動手段こそが、同じ「自転車」であるが性能が違うクロスバイクというわけなのだ。

荷物に限界がある!

ただし、高校への通学手段としてのクロスバイクには多少のデメリットがある。自転車の前にカゴが付いていない点がその1つだ。

カゴがないということは、荷物を入れているバッグは身に着けるしかない。カゴに乗せるようなタイプの鞄では無理というわけだ。

荷物がどうしても多くなる運動部などに入っている人にとっては、これは致命的な欠点となるだろう。あくまでも、リュック1つに入るほどの荷物しか持たないでも高校に通学できる人が移動手段として使えるのがクロスバイクである。

さらに、そもそも学校でスポーツタイプの自転車による通学を認めていないところも存在する。たとえば、銀色の内装3段ギアの自転車(軽快車)しか許可していない高校の場合、クロスバイクは校則の面で問題が発生する。

校則が厳しい学校であれば、高校生として毎朝クロスバイクなどのスポーツ自転車で登校することはできない。これもまた、一部の地域や学校に通う人にはデメリットである。



おすすめ記事

カテゴリー: life

クロスバイクで通学する大学生、今大流行!

ロードバイク

ここ数年、学校への通学の際にクロスバイクを利用する大学生が増えている。自宅や下宿先のアパート・マンションからスポーツタイプの自転車で大学のキャンパスまで行くのが一種の流行となっているといっても過言ではない。

軽さが人気のポイント

クロスバイクは、従来のママチャリとは違って、重量が軽いことから、少ない体力で疲れずに目的地まで行くことができる。そのため、楽に大学までの通学ができるようになるわけだ。

特に、坂道が多い場所となると、重量の軽いクロスバイクを使うことで大きなメリットを受ける。ママチャリの半分ほどの力で坂道を登ることができ、さらに、ギア比も低いことから、立ちこぎをせずにキツイ坂を登ることも可能だ。

値段はママチャリよりも高く、たとえば定番の「Giant r3」の場合、価格は5~6万円と高価であり、従来の自転車が1万円以下買えることを考えると、値段が高いのは事実である。

とはいえ、性能の面では水準が高い。フラットハンドルのため、楽な姿勢で乗ることができ、加速やブレーキの性能もスポーツタイプの自転車として良い。

原付や二輪車のように、税金や車検などのランニングコストもほとんどかからないことから、節約志向が高まる今の時代にもぴったりとあった乗りものであるといえるだろう。



カゴがない

ただし、クロスバイクは従来の自転車余は違って、前にカゴがついていないのが特徴である。そのため、カゴに荷物を入れて移動することはできない。

ママチャリ・ユーザーの大学生は、通学に使うバッグをカゴに入れて自転車に乗る人が多い。通学だけでなく、コンビニやスーパーで買ったものをカゴに入れて移動する場合もあるだろう。

しかし、クロスバイクではこうした使い方ができないため、バッグはリュックやショルダーバッグなどを利用することが求められる。実際、クロスバイクで通学する大学生の9割はリュックを背負っている。

トートバッグなどを愛用しているのであれば、クロスバイクは決しておすすめできる自転車ではない。あくまでも、カゴを必要としない乗り方をする人向けの自転車の種類であるということも、購入する前に理解しておかなければならない。

おすすめ記事

カテゴリー: life