名鉄名古屋本線の混雑はどう!? 朝と夕方の乗車率は何%になる?

名鉄名古屋本線といえば利用者数が一番多い路線であるが、朝と夕方はどれくらい混雑するのか。平日のラッシュのピークの時間帯は何時頃となっているのか。そして、乗車率は何%程度になるのか。

名鉄名古屋本線の乗客の中でも目的地として一番多くの乗客が目指すのは名鉄名古屋駅もしくは金山駅である。

朝ラッシュの場合は、豊橋側も岐阜のどちらも名古屋の中心部方面へ行く電車が最も混み合う。夕方から夜にかけての帰宅ラッシュの時間帯は逆に名鉄名古屋駅を起点に岐阜方面と豊橋方面が混む。

快特と特急は知立~神宮前、国府宮~名鉄名古屋が最混雑区間

名鉄の快速特急

名鉄名古屋本線の中でも、通過駅が多くて速達性が高いのが快速特急と特急である。停車駅が少ないものの、遠距離利用者で混雑するのは避けられない。知立~金山と国府宮~名鉄名古屋は特に乗車率が高い。

乗車率については、どちらも概ね130%くらいになると考えられる。速達性が高い列車であるのが快特と特急だが、どちらもラッシュの時であっても本数はそれほど多くはない。15~20分間隔でしか運転されていないため、1本の電車に乗客が集中する。

朝ラッシュのピークの時間帯は、どの駅も7時半~8時半までの1時間である。ちょうど通勤や通学で移動する人が殺到する頃のため、乗車率が1日の中でも最大クラスになる時間帯となる。

快速特急と特急の停車駅はかなり限定されている一方、1つの駅を出発すると次の駅まで10分以上もノンストップとなる区間がいくつか存在する。そのため、一度満員電車になってしまうと結構長い時間窮屈な空間に耐えなければならない。

回転率も悪い。夕方のラッシュは名古屋市内の中心部を抜ければ駅に止まるたびに人々が降りていくが、快特と特急は長い距離を使う人が多いため、長い距離を乗っていないと座席が空かない。

急行はさらに混雑する

混雑する名鉄名古屋本線の急行

出典:名古屋鉄道公式HP

一方で少し速達性がある急行については快特や特急よりもさらに混雑する傾向にある。通過駅があるとがいえ、こまめに停車する。乗降人数が多い駅には必ず停車するため、主要駅からも中規模な駅からも多くの乗客が殺到する。

急行の場合は名鉄一宮~名鉄名古屋~金山~知立の区間ではどこも混雑度が高いのが印象的だ。朝の時間帯では途中駅についても乗客が乗ってくる一方で、座席に座れる可能性はかなり小さい。

各駅停車しか止まらない駅から乗る人は、急行との接続駅にて乗り換えてくることもかなり多い。各停を補完する役割があるのも急行といえる。

乗車率については、朝ラッシュでは最大で150%くらいまで達するのではないだろうか。夕方の帰宅ラッシュでも120%程度までなると思われる。特にドア付近に立っていると身動きをとるのが簡単ではないというレベルだ。

各駅停車はそれほど混まない

名鉄

各駅停車は、あくまでも急行や準急などが停車しない駅を乗り降りする人のための列車という性質を持っている。そのため、長い区間に渡って混雑状態が続くということはほとんどない。

通過駅のある列車との接続駅に到着すれば、車内にいる乗客の入れ替えが起きるケースが多い。立っている場合でもそれらの駅に到着すれば座席に座れるだろう。

ただし、乗客の総数に対してはあまり空いているとはいえない。名鉄の場合は各停は2~4両編成と短いため、座席数も相対的に少ない。その分、座れない確率が自然と高くなる。

おすすめ記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です