新幹線のはやぶさ・はやてに自由席がない、その理由とは!?

東北新幹線及び北海道新幹線の「はやぶさ」と「はやて」には自由席がまったくない。全車指定席になっているため、乗車する際には指定席特急券が必要となる。なぜ1両も自由席がないのか。それには理由がある。




はやぶさ号もはやて号も、東北新幹線の中では速達列車という位置づけになっている。ほとんどの列車が、大宮~仙台間はノンストップで、大きな駅にしか停車しない。

運転区間も、一部を除いては新青森駅や新函館北斗駅まで走る。首都圏と東北地方北部の地域を結ぶ列車という位置づけになっている。

自由席がないはやぶさ

はやてが登場したのは2002年、はやぶさが登場したのは2010年のことであるが、当初からこれら2種類の列車では全車指定席制をとっている。

指定席券は運賃が高いので利益も良い

自由席特急券と比べて指定席特急券は、料金そのものが高い。そのため、自由席の車両を設定するよりも全車指定席にした方が鉄道会社によっては大きな利益が確保できる。

東北新幹線の中でも、近年開業した盛岡以北では未だに建設コストの返済分が残っている。この部分は、「整備新幹線」として建設されたため、正確にはJRではなく鉄道運輸機構という独立行政法人が線路を所有していて、JR側は借りているという構図になっている。

JRは鉄道運輸機構に対して使用料を支払っている。当然ながら、自社で所有していて、しかも開業してから年月が大きく経過している盛岡以南と比べて維持費は高くついている。

さらに、利用者数も首都圏に近い南部と比べて少ない。運賃収入そのものが少ない部分となっている。

盛岡以北の区間へ乗り入れるはやぶさ号とはやて号の運賃単価を高く維持するため、これらの種別では格安な値段になっている自由席がないのだ。




仙台までの利用者をやまびこへ誘導するため

はやぶさ号とはやて号は、大宮~仙台間はノンストップで運転されている。また、東北新幹線の乗客の利用区間について、東京~仙台を移動する人がかなり多い。

はやぶさ・はやてに自由席があると、仙台駅と東京・上野・大宮駅を移動する人が、停車駅が多いやまびこ号を避けて速達性の高いはやぶさ号とはやて号に殺到してしまう。

E2系

仙台駅以南の部分だけを使う乗客をなるべくやまびこ号へ誘導し、はやぶさ号とはやて号は東北地方の北部の駅を乗り降りする人を多く使ってもらう目的としても、自由席を設置せず全車指定席にしている理由だろう。

近距離利用者を停車駅が多い種別へ誘導させるために速達型を全車指定席にしている例は、北陸新幹線にもみられる。

停車駅が多いはくたか号とあさま号には自由席があるが、最速のかがやき号には自由席がない。

東北新幹線・北海道新幹線についてもこれと同じシステムとなっている。

おすすめ記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です