HP(ヒューレットパッカード)が壊れやすい理由を考察

壊れやすいHPのパソコン

HP(ヒューレットパッカード)のパソコンは全体的に壊れやすい。評判サイトを見ても、購入者からの低評価が目立つ。

海外メーカーは全体的に国内メーカーよりも故障に弱い傾向にあるが、特にHPは故障頻度ランキングでも上位に来る。

理由として考えられるのが、生産国・品質管理の指針・価格の安さの3つである。ブランドとして重視するポイントが、壊れやすい現状を生み出していると考える。


HPが壊れやすい原因

主な原因 詳しい内容
生産が海外で実施 基本的には中国で生産される。精密機器のため、技術力に差が出やすい。
品質管理への考え方に問題 品質維持のための管理が行き渡っていない可能性あり
輸送中のダメージ 海外から輸入されるため、輸送中にダメージを受ける確率が上がる
※すべての海外メーカーに当てはまるわけではない

HPのパソコンが全体的に壊れやすい現状の理由として、上の3つが想定される。

生産国が中国が拠点となっていて、品質管理の徹底度が他社に比べて劣っているためだと考えられる。さらに、本体を輸入することで輸送中の破損に遭うリスクが上がる。

>>海外メーカーのPCは壊れやすい!? その原因を分析

中国で生産

中国で生産されるPC

日本HPの一部のパソコンは東京で生産されている。組み立て作業も日本国内で行われているものもあるのは確か。

とはいえ、それでも多くは今も中国で行われている。他の海外メーカーのPCと同じようにHPも人件費が安くて豊富な労働力がある中国などで生産されている。

単なる電化製品であれば特に問題はないのだが、パソコンのような精密機器になると人の腕た正確性が求められる。

生産コストとは引き換えて、どうしても中国国内で生産されるパソコンの品質は日本国内で生産された製品よりも劣ってしまう。

生産工程の正確さに問題か?

HPの生産工程

生産工程に問題がある可能性も否定できない。パソコンというカテゴリーではどこのメーカーも同じで、作られるまでの道筋は会社によってさまざまである。

使われている部品も多少異なる。ここにメーカーごとの特色が現れる。OSやCPU、メモリ、ストレージが同じでもここで差が出る。

HPの場合はアメリカでは老舗PCメーカーだが、今日では他社に劣ってしまうのかもしれない。

評判サイトを見ても、実際のところは日本国内のPCメーカーと比べて評価が低めになっている。何かしらの理由が存在するのは否定できない。

低価格路線も影響

値段が安いHP

低価格路線も大きな影響を及ぼしている可能性がある。HPのパソコンが全体的に安い理由は、余計なソフトがインストールされていないからだけではない。

生産コストも他社より下げて安く済ませていることも考えられる。使う部品を安いが質の悪いものを使ったり、生産技術が雑だと安くできる一方で製品の品質が下がる。

消費者にとっては確かに値段が安いことは歓迎される内容だが、実際に使用することを考えると長期的にはメリットとしては薄くなってしまう。

HPをはじめとする海外メーカーのパソコンを購入するにあたっては、このようなデメリットも考慮しなければならない。

他社のPCはどんな感じ?

本拠地の国 メーカー
日本 ドスパラマウスコンピューター
アメリカ DELL
中国 LENOVO

広告

おすすめ記事