電車の定員は何名!? 主な車両ごとに一覧化

通勤電車の乗車定員

鉄道の電車の乗車定員は1両当たり130~160人ほどである。各車両や座席の種類によっても異なるが、これくらいが一般的である。

通勤型車両とも呼ばれるタイプで、座席数と吊革の数を合計した数値が「乗車定員」に該当する。

JR・私鉄の違いはほとんどない。あくまでも車両の規格ごとに違う。ロングシートと転換クロスシートでも多少の差がある。


ロングシートの車両

ロングシートの乗車定員
<ロングシートの車両の乗車定員>
車両 先頭車 中間車
E233系 40(座席)+95(立)
合計135名
54(座席)+106(立)
合計160名
E231系 33(座席)+114(立)
合計147名
54(座席)+106(立)
合計160名
E721系 56(座席)+81(立)
合計137名
313系(静岡地区) 48席(座席)+98(立)
合計146名
56(座席)+100(立)
合計156名
323系 35(座席)+105(立)
合計140名
49(座席)+104(立)
合計153名
321系 44(座席)+98(立)
合計142名
52(座席)+104(立)
合計156名
207系 50(座席)+100(立)
合計150名
58(座席)+105(立)
合計163名

ロングシートは首都圏のほとんどの路線と東海地区、関西地区の短距離路線で使用されている。

JR以外だと、大部分の私鉄と地下鉄で使われている。

「通勤電車」といえばまずはロングシートを連想する人もかなり多いはず。

立席の定員が多い

ロングシートとは、進行方向に対して横向きに座るタイプの座席。

通勤型電車では最も主流なパターンである。

座席が車両全体に占めるスペースの面積が小さくて済むのが特徴で、通勤ラッシュが非常に激しい首都圏ではどの路線でも主流である。

立ち席の乗客を多く載せられることから、乗車定員もやや多めである。

運転席がある先頭車で135~140名、中間車で150~160名前後が主流である。

ただし、JRの近郊型車両の場合だとトイレが設置されているため、トイレのある車両だとそのスペース分の乗車定員が少なくなる。

なお、1両の片側のドア数はあまり関係ない。「3ドア」と「4ドア」があるが、どちらもほとんど同じのため、乗車定員には影響しない。

ドア数はあくまでも乗り降りにかかる時間の違いしかない。

>>【レベル別】鉄道の混雑率の目安! 数値ごとの体感

転換クロスシートの車両

転換クロスシートの乗車定員
<転換クロスシートの車両の乗車定員>
車両 先頭車 中間車
313系(名古屋地区) 56席(座席)+90(立)
合計146名
56(座席)+100(立)
合計156名
223系(京阪神地区) 48+補助16(座席)+70(立)
合計134名
56+補助16(座席)+73(立)
合計145名
223系(阪和線) 44(座席)+88(立)
合計132名
52(座席)+91(立)
合計143名
225系(京阪神地区) 44+補助16(座席)+73(立)
合計133名
56+補助16(座席)+72(立)
合計144名
225系(阪和線) 34(座席)+100(立)
合計134名
46(座席)+99(立)
合計145名
227系(広島地区) 44+補助16(座席)+73(立)
合計133名
56+補助16(座席)+72(立)
合計144名

転換クロスシートの代表的な車両といえば、JR東海の名古屋地区を走る313系、JR西日本の京阪神地区を走る223系や225系だろう。

JR西日本所属の車両には「補助席」も設置されている。

座席数はロングシートと大差ない。違うのは座っている人の快適性にある。

>>転換クロスシートのマナーとは!? 首都圏の人は知らない!

立席の定員が少なめ

転換クロスシートとは、進行方向に向いて座るタイプの座席である。新幹線や特急列車と同じタイプ。

終着駅では座席を進行方向に向けて転回する。折り返し運転の場合だと、乗客自身が行うことになる。

座席数そのものはロングシートの車両とほぼ同じだが、座席が車両全体に占めるスペースが大きいため立ち席の数が少ない。

運転席がある先頭車で130~140名、中間車で140~155名前後が主流である。

乗車定員ではそれほど大きな違いがないものの、超満員電車の場合に無理矢理乗客が乗り切れないというデメリットがある。

また、転換クロスシートは通路が狭いため、駅での乗り降りにも時間が長くなりやすい。

こうした背景から、乗客が多い首都圏ではマイナーとなっている。

まとめ

<通勤電車の乗車定員の目安>

ロングシート|先頭車=140名 中間車=160名

転換クロスシート|先頭車=135名 中間車=150名

通勤電車の乗車定員をまとめると、上記のようになる。

1つにまとめるのであれば、1両当たり140名前後と考えてよい。

参照:新幹線の定員は何名!? 主な車両ごとに一覧化


広告

おすすめ記事