四つ橋線の混雑はどれくらいの規模!? 座れる可能性は?

大阪市営地下鉄四つ橋線の混雑はどのくらいの規模になるのか。朝の通勤通学ラッシュとなると、満員になるのはどこの区間なのか。また、座れる可能性は他の路線と比べてどの程度となっているのか。




もともとは御堂筋線のバイパス路線として建設されたということで、西梅田から大国町までの区間は完全に南北に並行して走っている。

御堂筋線の激しい朝ラッシュの混雑緩和が実現できるのではないかと期待されているが、実際には利用者はどのくらい多いのだろうか。

混雑率は最大で約90%

四つ橋線

四つ橋線の朝ラッシュ時のピークの時間帯のなる午前8時から9時までの混雑率は最大でおよそ90%というデータが公表されている。混雑率に関しては、大阪市営地下鉄野中では今里筋線に次いで2番目に低い数値となっている。

最混雑区間は難波~四ツ橋間の北行の電車である。意外にも西梅田~肥後橋間の南行の電車はこれよりも混雑は緩やかなようだ。

一方の並行する御堂筋線の場合は、混雑率は最大で110~120%程度で毎年推移している。最混雑区間は梅田~淀屋橋間の南行で、難波~心斎橋間の北行よりも混雑する。

四つ橋線の朝ラッシュの輸送力に限れば、100%を下回っているということで十分な供給力を持っていると判断できる。運転本数を限界まで増やしても超満員電車の状態となっている御堂筋線とは対照的だ。

ただし、西梅田~難波の区間は、日中の時間帯は他の路線と比べると乗客数が多い。座れる可能性という点ではやや低い。大阪市の中心部を走るエリアとなっているため、昼間も乗客数は多い。

御堂筋線とは並行しない大国町から住之江公園までの区間もまた、混雑は決して激しいものではない。こちらの地域に入ると住宅街が広がっていることもあり、利用者は沿線に住む住民が中心となる。



西梅田駅は乗り換えが不便

四つ橋線の朝ラッシュが比較的緩やかな理由は、西梅田駅での他路線との乗り換えの不便なためだと考えられる。

御堂筋線の梅田駅はJR大阪駅や阪急梅田駅、阪神梅田駅へのアクセスが良い。特にJR線との乗り換えは改札同士が近いこともあり、歩く距離が短くて利便性が高い。

四つ橋線の西梅田駅

四つ橋線の西梅田駅は、JR大阪駅や阪急梅田駅からは離れている。乗り換えができないというほどの距離ではないものの、実際に歩いてみると結構遠く離れている。

JRや阪急から地下鉄に乗り換えるという点では、御堂筋線の梅田駅の方が圧倒的に便利だ。

西梅田駅は阪神梅田駅には近いものの、阪神電鉄では阪神なんば線という、神戸方面と難波を結ぶ路線を別に保有していることもあり、阪神から梅田駅にて地下鉄に乗り換えるという人は多いとは言えない。

乗り換えが不便だという理由が、並行して走る御堂筋線よりも四つ橋線の方が空いている実態へと結びついている。

おすすめ記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です