IKEAが秋田県に出店する可能性を分析!

IKEA

IKEAの秋田県への出店計画に関しては検討化すらされていない。候補地となるような大都市がなく、空白地の状態が今後も続く。

大型店はともかく、小型店舗でさえもできる可能性は薄い。将来はわからないが、現時点では可能性は低い。

郊外型の家具・インテリア小売店「ニトリ」が進出していることも影響。市場が狭いことがIKEAの進出をますます阻んでいる。


出店条件には満たない

出店条件 盛岡都市圏
周辺に政令指定都市 なし
車のアクセスの良い物件 余裕でクリア
敷地面積や自治体の姿勢 要検証

※IKEAの既存店の出店条件をもとに算出

>>【地区別】全国のIKEAの出店計画の一覧! 候補地を調査

広い敷地面積の確保は特に大きな問題はない。秋田県内は少なくとも都市部と比べると用地確保の課題は薄い。

道路網も特に問題はない。IKEAが出店しているのは言うまでもなく交通の便(道路網)が良いところだが、秋田市や大仙市、横手市などは問題ない。

一方で人口規模はかなり少ない。まとまった顧客が獲得できないのがデメリット。IKEAのみならずコストコが未出店となっている理由でもある。

小型店舗について

小型のIKEAとしては原宿店のようなところがある。

秋田県の場合は、まず駅前にできるということはあり得ない。秋田駅や大曲駅は秋田新幹線が通る規模の大きな駅だが、首都圏の駅とは性質的に全く異なる。

どちらの駅も通勤客が多く利用する駅ではないため、駅前型IKEAの需要はまずない。

イオンモール

一方でイオンモール等のショッピングモールのテナントとしてできる可能性はある。

直ちにこのような形式がスタートするとは考えにくいが、永久にあり得ないことはない。

まずは首都圏のような大都市部からスタートし、その後仙台周辺の東北地方へ広まっていき、その後秋田県にもできる可能性は残される。

人口減少、少子高齢化では困難

少子高齢化が深刻な集落

秋田県内は全域にて人口減少とそれに伴う少子高齢化が深刻。

秋田新幹線が通っているとはいえ、人口増加はまったくない。自然減もあるが、さらに転出者数も多い状態。

それどころか、東北新幹線が新青森まで延伸し、さらに北海道新幹線も開業したこと、さらに岩手県内にて東日本大震災の復興事業が好調なことから、秋田県は市場としては魅力が少なくなっている。

地域活性化も停滞しているため、都会にしかないIKEAが今後秋田県に出店する可能性をますます下げる社会的な背景があるのは否定できない。