IKEAが青森県に出店する可能性を分析!

IKEAの青森県への出店計画に関してはよく話題に上がる。具体的な候補地は青森市にはなる。

ただし、IKEAは基本的に大都市近郊にしか出店がない。

大型店はともかく、小型店舗でさえもできる可能性は薄い。将来はわからないが、現時点では可能性は低い。


出店条件には満たない

出店条件 青森都市圏
周辺に政令指定都市 なし
車のアクセスの良い物件 余裕でクリア
敷地面積や自治体の姿勢 要検証

※IKEAの既存店の出店条件をもとに算出

>>【地区別】全国のIKEAの出店計画の一覧! 候補地を調査

広い敷地面積の確保は特に大きな問題はない。

一方、青森県内は交通の便が良いとは言えない。新幹線が通っているが、道路網は東西のアクセスで悪い。

IKEAが出店しているのは言うまでもなく大都市圏かつ交通の便(道路網)が良いところだが、青森県はこれに非該当。

人口規模も少なく、まとまった顧客が獲得できないのがデメリット。

小型店舗について

小型のIKEAとしては原宿店のようなところがある。

青森県の場合は、まず駅前にできるということはあり得ない。

一方でイオンモール等のショッピングモールのテナントとしてできる可能性はある。

それでも、今のところか事例に乏しい。まずは首都圏のような大都市部からスタートし、その後仙台周辺の東北地方へ広まっていき、最後に青森県に進出する形になるだろう。

人口減少、少子高齢化では困難

人口減少

青森県内は全域にて人口減少とそれに伴う少子高齢化が深刻。

東北新幹線および北海道新幹線が開業したとはいえ、人口増加はまったくない。

・本県の人口は、自然・社会動態の両面で減少局面に入っており、人口減少幅が拡大傾向にある。
・自然動態は少子・高齢化の進展から平成11(1999)年に減少に転じ、以降、減少幅が拡大している。
・社会動態は大きな変動があり、それが人口動態に大きな影響を及ぼしているが、転出超過が続いている

引用:青森県「青森県における人口の動向について

自然減もあるが、さらに転出者数も多い状態。

新幹線が開業したことで、首都圏や宮崎県から青森県へ転入してくる人より、青森県から仙台や首都圏へ流出する方が多い。

産業の発達もうまくは行っていない。

岩手県の場合だと、釜石港が整備されたこと、道路網が整備されたことで新規工業団地が新設されるなどして地域活性化が進んでいるが、青森県はその傾向が薄い。

都会にしかないIKEAが今後青森県に出店する可能性をますます下げる社会的な背景があるのは否定できない。