IKEAの栃木県に出店する可能性を分析!

IKEA

IKEAの茨城県への出店計画についてはよく議論されることがある。具体的な候補地はつくば市・土浦市・ひたちなか市など。

大型の外資系商業施設としてよく比較されるコストコがすでに2店舗も進出しているため、近い将来にはIKEAもオープンするとの意見が少なくない。

ただし、1つだけ懸念材料がある。郊外型の家具・インテリア小売店「ニトリ」がすでに広く進出していること。これがIKEAの出店計画を阻んでいる。


出店条件はクリアするが、市場が取れない

出店条件 栃木県の各地域
人口規模 宇都宮都市圏:112万人
小山都市圏:21万人
車のアクセスの良い物件 余裕でクリア
敷地面積や自治体の姿勢 要検証

※IKEAの既存店の出店条件をもとに算出

>>【地区別】全国のIKEAの出店計画の一覧! 候補地を調査

広い敷地面積の確保は特に大きな問題はない。

新4号国道

出典:光洋建設HP

北関東自動車道のインターチェンジ近くを中心に新規用地確保の余地はある。新4号国道(茨城西部・宇都宮広域連絡道路)や国道408号線の常総宇都宮東部連絡道路「宇都宮高根沢バイパス」「鬼怒テクノ通り」の沿線も有力な候補地にはなるかもしれない。

上記の点から道路網も特に問題はない。高速道路網も充実しているため、懸念点はない。

一方で家具・インテリア小売店の市場に欠点がある。実際のところIKEAは郊外の店舗で苦戦している。

IKEAが出店に前向きになる要素に乏しい。

郊外で苦戦するIKEA

出店計画が凍結状態のIKEA

一部店舗で苦戦するIKEAは、すでに以下の店舗のオープンをためらっている。

2014年の方針では2020年には14店舗体制を予定していたものの、その大部分が凍結状態。

未完成のIKEA

  • IKEA広島(広島県広島市):用地取得済み
  • IKEA前橋(群馬県前橋市):用地取得済み
  • IKEA札幌(北海道札幌市)
  • IKEA原宿(東京都):WITH HARARJUKU(ウィズ原宿)→完成

しかしすでに用地買収が完了している群馬県前橋市でさえもIKEAの建設は凍結状態。

コストコは隣接している(オープン済)ものの、IKEAの方がだけがストップ。

 イケア・ジャパンは、群馬県のショッピングモール「パワーモール前橋みなみ」に隣接する土地を取得し、群馬県初となるイケアストアを出店する計画を2013年に発表。当初は2015年頃の開業を予定していたが、未だ更地のままだ。広島駅北口エリアの計画地も現在は時間貸し駐車場となっており、新店舗の開業時期は未定だという。

同社の広報担当者によると「当初の計画発表時より顧客の購買傾向とニーズが変わってきている」とし、現在は顧客がより便利な場所やタイミングで買い物ができる方法として、オンラインストアと都市型店舗の出店を強化。東京都内および大阪エリアにおいては、新たな都心型店舗や法人向け店舗の展開を検討しているという。広島と群馬の店舗については開業計画が頓挫したわけではなく、出店の方針に変更はないとしている。

引用元:FASHIONSNAP.COM「「イケア」広島と群馬の店舗は7年経ってもオープン未定 都心出店強化の狙いとは」、2020年03月04日

要約すると以下のようになる。

出店中止は決定していないが、オンラインストアと都市型店舗に重点を置く!

大型店に関しては少なくとも地方には出店しないとの方針と解釈できる。

このような状況下で栃木県への出店も積極的にはならない。

小型店舗について

小さいIKEA

小型のIKEAである原宿店のような形態がイオンモール等のショッピングモールのテナントとしてできる可能性はある。

直ちにこのような形式がスタートするとは考えにくいが、永久にあり得ないことはない。

「都市型店舗の出店を強化」に重点を置いているとIKEAも公表しているため、このような小型店舗が今後は主流になることが想定される。

宇都宮市でさえも人口減少

人口減少

栃木県の市町村の中で人口が最大の宇都宮市でも今後は人口減少とそれに伴う少子高齢化が深刻になると推定。

2017年の518,460人でピークを迎えてからは年々減少する見込み。2030年には498,323人、2050年には449,595人まで減少すると計算されている。

<参考資料:宇都宮市「人口減少,少子化,超高齢化の進行への対応」>

IKEAの今後の顧客が減少していることを間接的に意味する。

下野市・小山市・栃木市に関しても基本的には人口減少が進む予定。

再び郊外型の店舗の出店に積極的になれば、栃木県内でもIKEAの有力な候補地になるかもしれないが、現状では困難と言わざるを得ない。