新幹線の指定席に乗り遅れたら、その後どうなる!?

新幹線の指定席の乗り遅れ

新幹線の指定席に予約して該当列車に乗り遅れたらどうなるのか。

結論を言うと、どんな場合でも手持ちの座席指定券は無効になってしまう。払い戻しもできない。予約の変更も一切できない。

一方で、正規料金であればその日に限って後続の新幹線の自由席に乗車できる。全車指定席の場合はその日の後続の立席(デッキ)に乗車できる。

ただし、企画乗車券や旅行会者のツアー(ホテル+新幹線のようなパック)だと完全無効でパーになってしまうものもある。


切符の種類・列車ごとの乗り遅れの取り扱い

<乗り遅れてしまった場合>
切符の種類 列車 取り扱い
正規料金、回数券 自由席がある列車 当日の後続列車の自由席に乗車可能
全車指定席(はやぶさ、こまち、かがやき) 当日の後続列車で立ち席または空席に乗車可能
一部の割引率が高い切符 すべて 無効
一部の旅行会社のツアー企画 すべて 無効

※乗り遅れで無効になる切符でも、乗車券・特急券ともに無効になるタイプと特急券のみ無効・乗車券は有効のタイプがある。

指定席(自由席あり列車)に乗り遅れたら

新幹線のほとんどの列車は自由席、指定席のいずれも付いている。これらで指定席の該当する列車に乗り遅れた場合、当日に限って後続の列車に乗れる。

特急券の下の方に「指定列車に乗り遅れた時は当日の自由席に乗車できます」という文面が記載されている。

予約の変更や払い戻しは一切できないものの、次の列車の自由席なら乗車できることを意味している。

駅の券売機やみどりの窓口で購入する正規料金の切符、回数券、割引のある切符なら後続の自由席に乗車できる例が多い。

ただし、どうしても指定席がよい場合だと再度指定席特急券を購入しなければならない。自由席との差額を払えばよいわけではないため、かなりの金銭的な負担になる。

旅行会社の新幹線+ホテルがセットになったツアー切符だと後続の自由席さえ乗車不可で無効になってしまうものもある。

具体的にはディズニーランドとJR、ホテルがセットになったパック、「ぶらっと〇〇」などの切符が無効になってしまう例になる。

全車指定席に乗り遅れたら

新幹線でも自由席がまったくない「全車指定席」の列車で乗り遅れたら、当日の後続の全車指定席にて立ち席で乗車できる。

立席とは、デッキのことを指すというイメージが大きいが、空席の指定席に座わってもOK。

自由席特急券で空いている指定席に着席するのはNGだが、指定席特急券で乗り遅れたら後続の指定席の空席に乗るのはOKである。

また、後続の自由席が付いている種別の自由席にも乗車できる。

今日、全車指定席となっている新幹線とは以下の種別が該当する。

  • はやぶさ(東北・北海道)
  • はやて(東北・北海道)
  • こまち(東北・秋田)
  • かがやき(北陸)

いずれも乗り遅れたら後続の同じ種別のデッキまたは普通車指定席の空席、もしくは自由席ありのの列車の自由席に乗車できる。

特急券の下の方に「指定列車に乗り遅れた時は当日の自由席・立席に限り有効」などの文面が記載されている。

>>新幹線の路線ごとの「全車指定席」を導入の有無! それらの背景も

乗り遅れたらOUTな切符

指定列車以外に乗車の際は別途乗車券・特急券の購入が必要

指定列車に限り有効。乗り遅れた場合は乗車券のみ有効

これらの文面が記載されている切符では乗り遅れたら無効になってしまう。

前者は乗車券・特急券のいずれも無効になってしまうタイプ。乗り遅れてしまったら、完全に100%パーになって無駄となってしまう。

後者は乗車券のみなら有効だが、特急券を買い直さないといけない。50%かそれ以外はパーになって無駄になる。最低でも数千円の負担になるのは明らか。

主にパックツアーなどの切符で多くみられる。旅行会社の新幹線とホテルがセットになったパックなどが該当する。

ディズニーやUSJがセットになったパックツアーもこのパターンが目立つ。

こうした乗り遅れたらOUTになってしまう企画切符で新幹線に乗るのであれば、かなり時間に余裕をもって駅に行くことを強くおすすめする。

乗り遅れの共通点

乗り遅れた場合の共通点 詳細な内容
予約変更は不可 指定席特急券で乗り遅れたら、その後はもう予約の変更はできない。次の列車に変更することが一切できない。
払い戻しも不可 払い戻し(返品のこと)も一切できない。キャンセル料100%のと同じ意味になる。正規料金でさえ払い戻しは発車時刻前に限られる。

このように、新幹線の指定席を予約している指定列車に乗り遅れると、上のような制約が生じる。

定価の切符、回数券などなら後続の自由席に乗れるという条件は付いているものの、これをあてにして予定を立てるのはかなりリスクが大きい。

新幹線が発車する時刻の30分前には乗車駅には到着しているのが好ましい。

どんなに遅くても15分前くらいには駅に着いておきたい。

そもそも指定席を選ぶ理由は確実に座れるという着席保障があるからではないか。後続の自由席に乗れるといっても、それに空席があるかは不透明。

満席で座れないことも想定される。指定席券の料金そのものも割高なため、乗り遅れて自由席に乗るとなると損することをも意味する。絶対に避けたいところだ。



広告

おすすめ記事