上越新幹線はなぜ遅い!? 240km/hしか出さない理由とは?

上越新幹線の最高速度は240km/hとなっているが、これは他の新幹線と比較して遅いスピードである。整備新幹線である北陸新幹線が260km/hまでしか出さないことでも評判が悪いが、上越新幹線はそれよりもさらに低く設定されている。




なぜ、時速240キロメートルしか出さないのか。上越新幹線の遅さの理由について、今回は調べた。

上越新幹線は、東京~新潟間を走る路線で、途中の高崎駅までは北陸新幹線と線路を共有している。また、大宮駅以南は東北新幹線と線路を共有している。

E2系

北陸新幹線についても、上越新幹線とシェアする区間である大宮~高崎間は最高速度は240km/hに留まる。

カーブと勾配が多いため

上越新幹線は、他と比べてカーブや勾配が非常に多い。群馬県と新潟県の県境に連なる三国山脈という難所を抱えている。

トンネルで山を越えるとはいえ、地形が悪いところを無理やり建設したため、カーブや勾配が多数ある。カーブと勾配が多いと、列車はスピードを出せない。

上り坂では、最高速度まで加速するまでには時間がかかる。制限速度がかかるカーブに差し掛かれば、減速しなければならない。

最高速度そのものが高くても、カーブと勾配が続けば、安定的に高速運転をすることはできない。所要時間の短縮化は見込めない。

最もカーブがきついのは、中山トンネル内の区間である。建設の際には大量の地下水が漏れ出す出水事故があり、経路変更を余儀なくされた。そのため、トンネル内には半径1,500mの曲線がある。

ここを通過する列車は160km/hまで減速しなければならない。これも、上越新幹線の最高速度が240km/hになっている理由の1つとなっている。

競合相手がいないため

上越新幹線が結ぶ東京と新潟をつなぐ交通手段は、鉄道以外には存在しないといっても過言ではない。航空機による競争はなく、高速バスがあるとはいっても所要時間では圧倒的に新幹線が優勢。

距離もまた、新幹線の中では短い。東北新幹線が、北海道や青森県まで結ぶのに対して、上越新幹線は最長でも東京~新潟の300km程度である。

仮に、上越新幹線の最高速度を引き上げて速達化を達成させることができたとしても、それにかかるコストに見合った需要は大きいとはいえない。

北陸新幹線

北陸新幹線と比べても、金沢や富山は航空機との競争がある都市といことで、上越新幹線の方が必要性は小さい。

速達化には、防音対策の設備や車両の改良に多額の投資が必要となる。今の利用状況から考えると、賢い投資とは言えない。

東北新幹線などと同じように、将来的には多少スピードアップが行われるとしても、当面は今の240km/hのままに収まると考えられる。

おすすめ記事