秋田新幹線「こまち」号の区間ごとの最高速度は何km/h!?

秋田新幹線こまち号の最高速度

秋田新幹線のつばさ号の最高速度は何km/hになるのか。現在のところはすべてE6系で運転され、東北新幹線内ははやぶさ号と連結して走る。

結論を言うと、東北新幹線の区間に当たる東京~大宮間は110km/h、大宮~宇都宮間は275km/h、宇都宮~盛岡は320km/hに設定されている。秋田新幹線単独で在来線を走る区間に当たる盛岡~秋田間は130km/hとなっている。

新幹線という言葉と聞くと全線で高速運転を行うイメージが強い。秋田新幹線は「ミニ新幹線」ということで、これは完全に間違い。ノロノロと遅いところもある。




こまち号の区間ごとの最高速度

区間 最高速度  理由
東京~大宮 110km/h

(2020年頃から130km/h)

騒音対策

急カーブ連続

大宮~宇都宮 275km/h 住宅街が多い、騒音対策
宇都宮~盛岡 320km/h 最速
盛岡~秋田 130km/h 在来線区間

320km/h出せるのは宇都宮~盛岡のみ

こまち号の単独運転

秋田新幹線のつばさ号が使用されている車両E6系が出せる最高速度である320km/hを出せる区間は、東北新幹線内の宇都宮~盛岡間のみに限られる。ここは地方部を走り、直線性に優れている。

大宮~仙台間はノンストップとなる「はやぶさ・こまち」は速達型の種別とされて320km/h運転を実施している。一方の「はやて・やまびこ・なすの」は275km/hとなっている。

使用される車両が300km/h以上の運転に対応していなかったり、ダイヤの都合上からすべての列車が320km/hで走るわけではない。経費削減という見方もある。

それ以外の地域では、さまざまな理由からそれよりも低く抑えられている。さらに、秋田新幹線単独になる盛岡~秋田は130km/hと特急列車と同じ。

「こまち 最高速度」や「秋田新幹線 最高速度」と検索する人も、おそらくこの盛岡駅以西の区間の遅さに疑問を持つ人ではないか。




秋田新幹線=在来線特急と同じ

秋田新幹線が単独区間となる盛岡駅~秋田駅間はふつうの在来線の部分になる。ごく一般的な線路であり、新幹線といえるほどの高規格な設計にはまったくなっていない。

車両はE6系ということで新幹線規格のものであるが、走行する線路が一般的な在来線ということで「ミニ新幹線」と呼ばれている。

  • 田沢湖線・奥羽本線を走行
  • 踏切が存在
  • 単線区間が多数
  • 制限速度がかかるカーブがいくつもある

秋田新幹線の盛岡から西側のエリアには、上のような特徴がある。フル規格である東北新幹線とは大きく異なる。

こまち号=田沢湖線・奥羽本線の特急列車

盛岡~大曲は田沢湖線、大曲~秋田は奥羽本線を走る。普通列車も同じ線路を走っている。その線路を新幹線規格の車両が走るという感じだ。

途中にはいくつもの踏切が存在する。一般交通の往来があることから、高速鉄道のようにスピードを出すのは危険である。

しかもほとんどの部分が単線区間となっている。普通列車、あるいはこまち号同士の列車交換(すれ違い)を行う光景も見られる。

さらに、奥羽山脈を超えるためにいくつものキツイ曲線が存在する。制限速度がかかるカーブということで、減速せざるを得ない箇所が連続する。

最高速度こそ130km/hとなっているが、山越えの部分ではさらに遅いスピードで走ることとなる。当然ながら、新幹線と考えるのは無理だ。

特急料金は在来線特急と同じ

秋田新幹線こまち号の特急料金

秋田新幹線の盛岡~秋田間の料金体系は在来線特急と同じである。全車指定席となっているが、こまち号の運賃は在来線の特急扱いになる。東北新幹線内は新幹線料金になる。

参照:秋田新幹線こまち号は全車指定席! なぜ自由席が全くないのか?

130km/hまでしか出せないエリアは、どうしてもフル規格の新幹線と比べるとスピードが出せないため所要時間が長くなってしまう。

もしフル規格の新幹線と同じ値段だと、乗客にとっては都合が悪く割に合わない。こうした背景から、こまち号の盛岡~秋田間の料金は特急の水準に抑えられている。

制度上、秋田新幹線単独の部分を走るこまち号は田沢湖線・奥羽本線の特急列車で、「盛岡駅から東北新幹線へ乗り入れる特急」という扱いになっている。

おすすめ記事