秋田新幹線こまち号の混雑状況を時間帯ごとに調査!

秋田新幹線こまち号の混雑

秋田新幹線こまち号の混雑状況を時間帯ごとに調査。平日と休日(土日祝)では乗車率が若干異なる。

全列車が自由席無しの「全車指定席」だが、予約がすべて埋まって満席になることは土日祝の午前中の下り、午後の上り列車を中心にある。平日は比較的空いている。

最も混雑するのは土曜日の午前中いっぱい(9~12時頃)、日曜日の夕方から夜にかけて(14~19時頃)までがピークとなる。区間では東京~仙台間の東北新幹線の区間で混雑が目立つ。

平日は出張等で利用するビジネス客が目立つが、休日よりは空いている。


土日祝の混み具合

<大宮駅で調査>
時間帯 下り 上り
始発-9:00 ★★★★★ ★★
9:00-12:00 ★★★★★ ★★★★
12:00-14:00 ★★★ ★★★
14:00-16:00 ★★ ★★★★
16:00-18:00 ★★★★ ★★★★★
18:00-20:00 ★★★ ★★★
20:00以降 ★★ ★★★

土日祝の場合は週末の行楽客が利用者の中心になる。旅行客に当たる層であるが、秋田新幹線の盛岡~秋田間に限れば朝夕でも満席になることはない。

土曜日の午前中の下り、日曜日、祝日の午後の上りでも秋田新幹線単独区間はまだ空いている。

しかし、東北新幹線の区間を合わせると大混雑になる。

東京駅の時点での下りは空席状況の掲示板上は「×」になりやすい。よくて「△」にとどまる。

上りの東京方面へ向かう便は空席状況でも「△」になることは珍しくなく、三連休になれば「×」になっていることが結構多い。

いずれも秋田新幹線というよりも、東北新幹線の混雑といえる。上り列車だと盛岡駅・仙台駅からの乗車客が多く、下り列車はこれらで降車する乗客が多い。

東北新幹線へ乗り入れている都合上、首都圏に近づくほど混雑が激化する事情が無関係とは言えない。

>>はやぶさ号の混雑状況を時間帯ごとに調査! いつ満席に?

なお、秋田新幹線の混み具合に関する事情は、東京~盛岡間でははやぶさ号と同じと考えてよい。

上り列車は土日祝だとすぐに満席に

土日祝の秋田新幹線の混雑状況をまとめると以下のようになる。

  • 上り:土曜日午前中=空席少ない、日曜日午後=満席
  • 下り:土曜日午前中=満席、日曜日午後=空席少ない

これらの時間帯では、駅のみどりの窓口にある空席状況の電光掲示板でも、普通車指定席は「×」や「△」印が目立つ。土曜日の午前中、日曜日の午後の上りも「×」になる。

首都圏(東京駅・上野駅・大宮駅)と秋田県内を通しで乗るのであれば、かなり前もって指定席を予約しておくことを強くおすすめする。

直前では満席のために乗れないことが想定される。

仙台以北だけの区間なら空いている

<東北・秋田新幹線の空席状況の特徴>

  • 東京~仙台:「×」が目立つ
  • 仙台~盛岡:「〇」がほとんど
  • 盛岡~秋田:常に「〇」かつ低乗車率

一方で仙台駅以北の区間だけの利用であるならば、指定席の空席状況ではほとんど「〇」印がついている。

「×」になるのはあくまでも大宮・上野・東京の3駅を乗り降りする人だけに限った話である。

北海道新幹線のはやぶさ号を見ても、乗客が多い区間はあくまでも東京~仙台に過ぎない。

上り列車でも、仙台駅までなら通路側の座席は少なくとも空席が多い状態になっている。

満席のために新幹線に乗れないということはほとんどない。土日祝であっても朝から晩まで空いている。

盛岡以西になるとさらに空いている。もはやガラガラ以外何ものでもないようなレベルに落ち着く。

平日の混み具合

<大宮駅で調査>
時間帯 下り 上り
始発-9:00 ★★★ ★★★
9:00-12:00 ★★ ★★
12:00-14:00
14:00-16:00 ★★ ★★
16:00-18:00 ★★ ★★
18:00-20:00 ★★
20:00以降

平日に関しては、秋田新幹線の区間だけに限らずに東北新幹線の区間でも空席が残っていることが多い。

朝の時間帯だと東京までだと上り列車で若干だが混雑する。それでも満席になるほどのレベルにはなりにくい。

日中の時間帯ではいつでも上り・下りともにこまち号は空席が目立つ。通路側に人が座っているところは少ない。

通路側の座席を取っている人がいたとしても、それは複数の人で移動している組に限られる。1人行動の人同士だと、通路は空席になっている。

朝早くと午後一番は上りで乗車率高めに

平日でも朝夕だとビジネス客が出張で使う人が多い。

出張等で新幹線を利用する場合、移動する時間のピークは基本的に在来線の通勤ラッシュと重なる。

朝と夕方の上下線は若干ながら昼間よりも乗車率が上がる。通路側の座席にも人が結構座っている姿が見られる。

土日祝と同じ混むのは、午前中は下り、午後は上りである。

満席で「×」印がつくほどではないが、「〇」でもやや混んでいるという印象を受けるかもしれない。

座席も好きなようには選べない。通路側の座席しか空いていないことも少なくなく、複数の人で移動するとしても隣り合って乗るのはできない恐れがある。

午後の15~16時頃に秋田駅を発車する列車も同じことが言える。仙台駅からの乗車で首都圏へ向かうビジネス客が殺到しやすい17時頃のため、それに向かって走る電車も空席が少なくなりやすい。

区間ごとの混み具合

秋田新幹線

秋田新幹線の区間ごとの混み具合は以下のようになる。

前述の通り、秋田新幹線(田沢湖線・奥羽本線)に該当する盛岡~秋田間はガラガラで1日を通して空いている。

途中駅には雫石駅、大曲駅などがあるものの、乗り降りする乗客は少ない。

ただし、秋田新幹線の区間こそはガラガラでも、盛岡駅・仙台駅以南ではすでに指定席の予約がいっぱいのために空席無しになることがある。

区間ごとの混み具合がこれを示している。

>>秋田新幹線こまち号は全車指定席! なぜ自由席が全くないのか?

上り(東京方面)

<上り(東京方面)>
区間 混雑度
秋田~大曲
大曲~盛岡
盛岡~仙台 ★★★
仙台~大宮 ★★★★★
大宮~上野 ★★★★
上野~東京 ★★★★

秋田駅が始発だが、盛岡駅までは乗ってくる人が少ない。

本格的に混み合うのは東北新幹線の区間内。最も細かく言うと仙台駅からである。

大宮駅ではある程度の乗客が降りていくものの、大半は終点の東京駅まで行く。

下り(秋田方面)

<下り(秋田方面)>
区間 混雑度
東京~大宮 ★★★★
大宮~仙台 ★★★★★
仙台~盛岡 ★★★
盛岡~大曲
大曲~秋田

混雑は東京~仙台間が主役。仙台駅からは一気に空いてくる。乗ってくる人もいるが、圧倒的に降りていく人の方が多い。

混雑する時期であっても、下り列車で混み合うのはあくまでも仙台駅以南。どんなに多く見積もっても盛岡駅までが限界である。

秋田新幹線の区間内にて乗車率が気になるようなことがない環境でもある。盛岡駅から乗ってくる人も少なく、降りていく人の方が多い。

盛岡→秋田の区間の途中駅での乗り降りも少ない。大曲駅も含めて小規模な駅ばかりである。

他の新幹線の路線・種別ごとの混雑状況

路線 種別
東海道・山陽新幹線 のぞみ(休日平日
ひかり
こだま
みずほ・さくら
九州新幹線 みずほ・さくら
つばめ
東北新幹線 はやぶさ
やまびこ
なすの
山形新幹線 つばさ
秋田新幹線 こまち
上越新幹線 とき
たにがわ
北陸新幹線 かがやき
はくたか
あさま

参照:【路線別】新幹線の自由席に座れない確率を時間帯・曜日ごとに調査



広告

おすすめ記事