主な鉄道事業者の「往復割引」の有無! 原則JRだけが実施

普通乗車券の往復割引

主な鉄道事業者の普通乗車券の往復割引の実施の有無について。片道券ではなく、同時にまとめて往復券を購入すると安い運賃になる制度がこれ。

結論を言うと、原則としてJR線のみで実施。しかも、往復割引の適用条件は片道の距離が601km以上の場合のみ。

JR線でも近距離では定価のままで割引はない。条件は厳しいため、実際に対象になる人は少ない。

なお、ここでの「往復割引」とか普通乗車券で適用されるもの。企画乗車券は対象外とする。


主要鉄道事業者の往復割引の有無

普通乗車券にて「往復割引」があるのは以下のみ。

  • JR北海道
  • JR東日本
  • JR東海
  • JR西日本
  • JR四国
  • JR九州

いずれもJRグループのみ。

JR全線のみ往復割引あり

往復割引があるJR線

乗車券の距離の計算はJR各社同士であれば通算して計算される。

例えば、JR東日本区間が400km、JR東海区間が300kmの場合、合わせて700kmとして計算される。

JRでも異なる別々の会社だからと言って、距離計算が打ち切りになるわけではない。

これは国鉄時代から継続して存在する制度のため、民営化した後も乗客によって都合が悪くなるようなことを避ける目的でJRグループ全体で残している。

私鉄・公営地下鉄は往復割引がない

往復割引がない私鉄各社

私鉄・公営地下鉄では全社局において普通乗車券の「往復割引」が導入されていない。

JR線との連絡乗車券でも適用外。

企画乗車券では往復セットのプランによって定価の運賃よりも割引されることが多いが、分類上は普通乗車券ではない。

関東地区(首都圏)

鉄道事業者 往復割引の有無
JR東日本 片道601km以上=あり
片道600kmまで=なし
東武鉄道 なし

(JR線との連絡乗車券であっても往復割引はない)

※企画乗車券は除く

京成電鉄
西武鉄道
京王電鉄
小田急電鉄
東急電鉄
京浜急行電鉄
相鉄
東京メトロ
都営地下鉄
横浜市営地下鉄

首都圏においてはJR線と相互直通運転を行っている路線が複数ある関係から、JRとの連絡乗車券が多く発売されている。

私鉄/地下鉄+JR線がセットになった切符のことを指すが、往復割引は適用外。

JR線はそもそも片道601kmからでしか割引がないが、連絡乗車券はこのような長距離のきっぷは発売されていない。

近畿地区(関西)

鉄道事業者 普通乗車券
JR西日本 片道601km以上=あり
片道600kmまで=なし
近畿日本鉄道(近鉄) なし

※企画乗車券は除く

南海電鉄
京阪電鉄
阪急電鉄
阪神電鉄
山陽電鉄
大阪メトロ
京都市営地下鉄
神戸市営地下鉄

近畿地区では、近鉄のように距離が長い私鉄が存在するものの、普通乗車券での往復割引はない。

ただし、関西私鉄では企画乗車券としてお得な往復きっぷが多く発売されている。

ただし、この企画乗車券は分類上は普通乗車券ではない。

その他の地域

大手私鉄としては名古屋都市圏の名古屋鉄道(名鉄)や福岡都市圏の西日本鉄道(西鉄)があるが、こちらも往復割引が導入されていない。

公営地下鉄でも、札幌市営地下鉄、仙台市営地下鉄、名古屋市営地下鉄、福岡市営地下鉄のいずれもない。

1日乗り放題きっぷなどがあるが、これもまた企画乗車券の一種。普通乗車券ではない。

おすすめ記事