JRきっぷの「往復割引」のルールと適用条件

乗車券の往復割引

JRきっぷの各種の往復割引について、種類ごとの条件と適用の有無を解説。

普通乗車券にて片道601km以上の乗車区間を往路・復路同時に購入する場合にのみいずれも1割引きで適用される。

特急券、グリーン券、寝台券は対象外。往復券で購入しても割引はない。


きっぷ各種の往復割引の適用条件

きっぷの種類 割引率 条件と注意点
乗車券 10%引き(往路・復路両方) 601km以上のみ適用。往路・復路同時に購入することが条件。
600km以下は対象外。
自由席特急券 適用なし 乗車券以外のきっぷには「往復割引」は一切ない。
往路・復路を同時に購入しても割引はない。
特定特急券
自由席グリーン券(在来線)
急行券
回数券(回数乗車券)
定期券
指定席特急券
指定席グリーン券
寝台券
指定席券(快速など)
立席特急券
※新幹線・在来線特急などで乗車券+特急券をセットで購入した場合でも、乗車券のみ割引の対象に。

JRのきっぷ各種の往復割引の対象と条件をまとめると、以下のようになる。

往復割引の対象と条件

  • 往復割引があるきっぷ:乗車券
  • 適用条件:片道601km以上、往路・復路同時購入
  • 割引率:往路・復路ともに1割引き

往復割引はみどりの窓口、自動券売機のいずれで購入する場合でも自動的に適用される。

自身で何か特別に申告することはなく、買った時点で自動的に料金が1割引きになる。

乗車券

往復割引の基準

  • 片道601km以上…往復割引が適用
  • 片道600kmまで…適用無し

JRの乗車券では片道当たりの移動距離が601km以上の場合だと「往復割引」が自動的に適用される。

片道601km以上の距離になる場合、「行き」「帰り」のいずれも定価の運賃から1割引きになる。

例えば、東京~岡山(733km)の片道の乗車券の料金は16,600円。

単純な往復運賃は33,200円だが、往復割引(10%引き)になることで31,060円になる。

復路だけでなく往路も1割引きの対象になり、片方だけというわけではない。

ただし、乗車券にて往復割引を適用させるためには「行き」「帰り」を同時に購入する必要がある。

バラバラで購入すると往復割引の対象にはならず、それぞれ定価の料金がかかってしまう。

特急券、グリーン券、寝台券は対象外

往復割引の対象外のきっぷ

  • 自由席特急券
  • 指定席特急券
  • グリーン車指定券
  • 寝台券

※企画切符は考慮せず。

参考:特急券には「往復割引」がない! 乗車券のみの理由とは?

一方の特急券、グリーン券、寝台券では「往復割引」は一切適用されない。

特急券には自由席特急券、指定席特急券があるが、往復割引の対象外という点ではどちらも同じ。

片道601km以上の道のりがあって、同時に「行き」「帰り」のきっぷを購入した場合でも、これらの種類では定価で割引はない。

新幹線・在来線特急では乗車券と特急券などをセットで購入する形になるが、片道601km以上でも往復割引の対象になるのは乗車券の部分のみ。

きっぷが1枚でも2枚の場合でもこの点では変わりない。

例えば、東京~岡山(733km)において指定席特急券(のぞみ号・通常期)の片道の値段は6,990円だが、往復で購入しても合計13,980円。

単純に「行き」「帰り」を合計した金額になる。

自由席特急券でも片道5,930円。往復で購入しても11,860円。こちらも合計した金額。

お得なきっぷは考慮外

ところで、JRでは実際には数多くの割引切符が発売されている。

新幹線・在来線特急のいずれも大都市間の移動にて「〇〇往復きっぷ」などを発売。

ただ、今回の「往復割引」はこれらのお得なきっぷは対象としない。

JR+ホテルがセットになった旅行パック商品の乗車券も往復割引の正規の対象ではない。

そもそもお得なきっぷは企画乗車券に該当するもので、正規の定価の料金ではない。

片道601km以上で適用される往復割引は正規の定価の乗車券で適用される制度である。


広告

おすすめ記事