【早見表】JRの乗車券の有効期間とは!? 条件ごとに一覧化

乗車券の有効期間

JRの乗車券の有効期間について一覧を早見表にて掲載。

基本的には距離ごとで日数が異なる。ただし、大都市近郊区間では距離が長くても「当日のみ」のケースがあり、条件はかなり細かい。

注意点がいくつかあり、これらもまとめてみた。


乗車券の有効期間の日数の一覧

乗車券の距離ごとの有効期間の日数
距離 片道乗車券 往復乗車券
~100km 1日(当日のみ) 2日
101~200km 2日 4日
201~400km 3日 6日
401~600km 4日 8日
601~800km 5日 10日
801~1000km 6日 12日
1000km~ 200kmごとに1日追加 200kmごとに2日追加
大都市近郊区間内のみの利用 1日(距離に関係なく当日のみ) 2日(距離に関係なく)

計算式は以下の通り。

<乗車券の有効期間の日数の計算方法>

(乗車距離)km÷200km+1日=有効期間(小数点以下切り上げ)

片道の営業キロ数が100km以下の場合、乗車券の有効期間は発売日の当日のみ。

また、大都市近郊区間内のみの利用の場合、距離に関係なく、有効期間は当日のみ。

特に注意が必要なのが東京近郊区間。一般的にイメージする首都圏エリアよりもはるかに外側の地域まで含まれる。

片道101km以上の区間でも、大都市近郊区間のために乗車券の有効期間が当日のみのことがよくある。

注意点

乗車券の有効期間に関する注意点

  • 往復乗車券の有効期間は片道の2倍
  • 大都市近郊区間内のみの利用は101km以上でも1日のみ(当日限り有効)
  • 特急券とセットで購入した場合でも乗車券・特急券はそれぞれ有効期限が別々
  • 前売りは原則なしだが、特急券とセット購入の場合のみ発売

JRの乗車券の有効期間は、実際のところはかなりわかりにくいと言わざるを得ない。

色々とある細かい条件が上の4点である。

往復乗車券の有効期間

往復乗車券を購入する場合は、有効期間は片道のみの場合の2倍になる。

例えば、片道210kmの場合だと、片道乗車券の有効期間は3日だが、往復乗車券の有効期間は6日になる。

当日のみ有効になる100km以下の区間でも、往復乗車券では2日間有効になる。次の日までに利用すれば問題ない。

ただし、「ゆき」、「かえり」の運賃がそれぞれ1割引になる「往復割引」が適用されるのは片道当たり601km以上の場合のみ。

600kmまでの利用だと、往復乗車券を購入することで有効期間が長くなるものの、割引は一切ない。

大都市近郊区間は1日のみ有効

大都市近郊区間内のみの利用だと、距離に関係なく乗車券の有効期間は1日のみ。

大都市近郊区間があるのは、仙台・東京・新潟・大阪・福岡の5つのエリア。

※「大都市近郊区間」についてはJR東日本公式HPにて掲載。

発売日の当日限り有効ということで、次の日からは無効になってしまう。

片道当たり101km以上あったとしても、大都市近郊区間の範囲の外の区間が含まれない限りは当日のみ有効となる。

例えば、東京→松本は235kmの営業キロ数であるが、全区間東京近郊区間に該当するため、乗車券の有効期間は当日のみ。

一方で、1駅間でも大都市近郊区間の範囲外の区間が含まれる場合は、この規定は適用されず、距離に応じて有効期間が決まる。

例えば、東京→函南(東海道線の熱海駅の1駅先)の営業キロ数は114kmで、乗車券は2日間有効になる。

一方の東京→熱海は営業キロ数が104kmだが、全区間東京近郊区間に当たるため、乗車券は当日のみ有効。

特急券とセットの場合でもそれぞれ別々

乗車券と特急券それぞれの有効期間

乗車券+特急券をセットで購入する場合でも、有効期間は乗車券と特急券でそれぞれの規定に基づいた日数が適用される。

特急券は基本的に利用日の1日限り有効である。自由席特急券でも利用日の当日のみ有効。

乗車券は距離に応じて有効期間が複数日になる。

このような場合、乗車券と特急券がセットになった切符の有効期間は、乗車券の部分は距離に応じた日数、特急券部分は当日限りとなる。

例えば、東京→新大阪(東京都区内→大阪市内)の場合は次のようになる。

  • 乗車券の部分:4日間有効(営業キロ数=552km)
  • 特急券の部分:1日のみ有効(指定席は指定列車のみ、自由席は当日限り有効)

最も、実際にはほとんどの人が新幹線で東京→新大阪を通しで乗ることから、気にする部分は特急券の部分のみになるだろう。

乗車券は「前売り」は原則不可

乗車券の購入日

JRでは乗車券は原則として利用日より前から発売する「前売り」は行っていない。

利用日の当日からしか発売していなく、特に近距離の利用だと電車に乗る当日になってからしか購入できない。

つまり、乗車券を今日購入して明日使うということはできない。

自動券売機でもみどりの窓口でもこの点は同じ。

ただし、特急券と同時に乗車券を購入する際は例外。

新幹線や在来線特急を乗るために乗車券+特急券をまとめて購入するのであれば、乗車日の1か月前から前売りが行われている。

この時の乗車券の有効期間も距離に比例するが、有効期間の日数にカウントされ始める日は特急券の利用日の日付からになる。

例えば、東京→新大阪の新幹線の切符を10月1日に購入して、10月15日に乗車する場合、乗車券の有効期間は10月15日~10月19日ということになる。

なお、特急券と乗車券をそれぞれ別々に購入する場合、乗車券は乗車日当日でないといけない。

乗車日の前日に購入することができても、有効期間がカウントされ始める日はその日(乗車日の前日)になる。

おすすめ記事