大鵬薬品の平均年収は約800万円、賞与は年間5ヶ月分が支給

大鵬薬品

大鵬薬品工業の平均年収は約800万円。非上場のため正式な金額こそは非公開となっているが、会社規模や事業内容を考量するとこれくらいが有力。

ボーナスは5.0ヶ月分が支給。製薬会社としては珍しく、個人評価はほとんど考慮されない。自動車メーカーのような機械製品の製造業と同じ仕組みで、基準内賃金に対して一律に支給。

製薬会社の中でも給料はやや低め。世間一般の企業の中と比較すると「上位」というポジション。上場企業の平均値よりは約200万円ほど高い金額。大塚ホールディングス傘下の各企業でも高い方に分類。


公式の平均年収は約800万円

年収800万円の目安
大鵬薬品工業工業の平均年収
年度 平均年収
2019年 7,028,155円
2018年 6,912,644円
2017年 6,919,272円
2016年 6,863,665円
2015年 6,806,229円
2014年 8,433,036円
2013年 7,527,719円

大鵬薬品工業では給与に関する資料は公開されていない。そのため、ここでの年収は推定値ではある。

それでも全従業員で換算すると低く見積もっても、平均年収は800万円前後になる。世間一般の大手企業と比較しするとかなり高いレベル。上場企業の平均年収は600万円(業種すべて)のため、これよりも200万円高いきんがく。

これには基本給・賞与・各種手当(時間外手当、家族手当、通勤手当)などすべてが含まれている。

大塚ホールディングスの1つの製薬メーカーであるが、中核会社である大塚製薬と比較すると平均年収は若干低め。それでも、子会社の中では高い金額。

MR職、コンシューマーヘルスケアMR職、学術職、開発職、CMC研究技術職(合成研究)、生産系技術職(生産技術・品質管理)それぞれで給料水準は異なるとはいえ、会社全体で見れば800万円が相場だろう。

賞与は5.0ヶ月分

ボーナス年間5ヶ月分

大鵬薬品工業の賞与は年間5.0ヶ月分

大鵬薬品工業の賞与は年間で5.0ヶ月分が支給される。夏季・冬季それぞれ2.5ヶ月分支給されるのは慣例。

製薬会社では、賞与は個人評価が大きく考慮される成果主義となっているが、大鵬薬品工業はほぼ業績給のみ。したがって、個人評価はほとんど考慮されず、全社員が基準内賃金に対してほぼ一律に支給。

行動評価によって少しは変動するものの、大きな違いはなく、インセンティブのような要素は一切ない。

機械製品の製造業のように「〇ヶ月分」と同じ仕組み。具体的には、トヨタ自動車、日立製作所、三菱重工業などと同じ。製薬会社では、中外製薬や小野薬品工業もこれと同じ。

トータルの支給額の目安では、30歳の社員だと約120万円くらいが相場。世間一般の会社と比較すると、「勝ち組」でも「負け組」でもない「引き分け」と言える範囲だろう。

勤続年数ごとの年収

大鵬薬品工業の勤続年数ごとの年収の目安は下記の通り。

  • 新卒採用3年目:450万円
  • 5年目:500万円
  • 7年目:600万円
  • 10年目:650万円
  • 15年目:700万円
  • 20年目:800万円

定期昇給に関しては、具体的にいくら上がるかは、上司の評価で決まる。営業の場合だと、売上が少ないと昇給ゼロなこともある。

評価は7段階で決められる。S,A+,A,B+,B,C,Dのいずれかが割り当てられる。

ボリュームゾーンはB+またはB。この場合、昇給幅は5,000~8,000ほどとなる。

年齢ごとの年収の目安

年収偏差値60

大鵬薬品工業の年齢ごとの目安は下記の通り。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-400万円 25-30万円 40-85万円
25-29歳 350-500万円 25-40万円 50-80万円
30-34歳 500-700万円 30-50万円 70-100万円
35-39歳 600-800万円 35-55万円 80-150万円
40-44歳 700-900万円 40-60万円 100-150万円
45-49歳 700-1,000万円 40-60万円 100-200万円
50-54歳 800-1,200万円 45-60万円 150-250万円
55-59歳 800-1,000万円 40-65万円 120-250万円

20代は400~600万円、30代は600~1,000万円、40代及び50代は700~1,500万円になるだろう。

ただし、実際のところは、院卒または6年制大学卒を採用の対象とする研究・開発職が他の職種よりも高くなりやすい。

最終学歴で基本給が異なるため、それが高い人だけが属する職種ほど平均年間給与も高めに出る。

最終学歴(大卒・院卒)ごとの年収の差

大鵬薬品工業の最終学歴ごとの平均年収は、院卒は、大卒ともに800万円と推定。初任給こそは大卒の方が低いものの、MR職は特に手当が高いこともあって、年間の収入では院卒の研究職並みになると考える。

最終学歴だけで初任給が大きく異なる。賞与も基本給を基に計算されるため、院卒・大卒では差が出る。

次に初任給について。入社直後の基本給は最終学歴によって差が見られる。

大鵬薬品工業の初任給

  • 学士卒:220,000円
  • 修士了:244,000円
  • 博士了:278,000円
  • 高専卒:180,000円
  • 専門学校卒:180,000円

出典:マイナビ2021「大鵬薬品工業(株)」

本当の基本給に対する初任給に限ってみれば、大鵬薬品工業は一般的な企業と大差ない。製薬会社の中でもほとんど同じ。


広告

おすすめ記事

製薬会社の年収について
業種 会社名
製薬会社 武田薬品工業大塚製薬アステラス製薬第一三共中外製薬エーザイ大日本住友製薬田辺三菱製薬塩野義製薬小野薬品工業参天製薬大正製薬沢井製薬久光製薬ツムラ日本新薬持田製薬
〃(外資) ファイザーアストラゼネカ
化学・素材 三菱ケミカル住友化学旭化成
   

上記では製薬会社各社の平均年収および給料体系について解説。