旭化成の平均年収は750万円、賞与は年間6.03ヶ月分

旭化成

旭化成の平均年収は約750万円。過去7年間では700万円台から900万円台ほどで推移。

賞与は年間6.03ヶ月が支給(2019年度実績)。個人評価はほとんど考慮されず、基本的には全社員へ基準内賃金に対して一律に支給。

会社業績で上下し、毎年決まった金額が支給されるわけではないものの、平均して6ヶ月分ほどが支給される。

全体としては化学メーカーの中では特に高い方に分類。日本国内の上場企業でも高い方。


公式の平均年収は770万円

年収770万円の目安(上流階級)
旭化成の平均年収
年度 平均年収
2019年 7,691,021円
2018年 7,871,666円
2017年 7,645,207円
2016年 7,703,239円
2015年 9,218,391円
2014年 9,022,187円
2013年 8,455,628円

旭化成の従業員の平均年収は「有価証券報告書」にて公表されていて、2019年度では891万円という金額が出ている。

過去7年間ではいずれも700~900万円で推移。ここ最近は上昇傾向が見られる。

これには基本給・賞与・各種手当(通勤手当、住宅手当、家族手当、外務手当)などすべてが含まれている。

事務職、技術職、MR職いずれの職種で基本給等に違いはあるものの、会社全体では年収が平均750円程度。

賞与は6.03ヶ月分

ボーナス6.03か月分

旭化成の賞与は年間6.03ヶ月分

旭化成のボーナスは年間で6.03ヶ月分が支給された(2019年度実績)。

大手化学メーカーでは5ヶ月分以上が支給される会社が多いが、旭化成もその例外ではない。他社と比較して、この点で大きな違いはない。

業績連動型のため、各年度の会社の収益状況にとって上下変動するが、例年も5.5~6.0ヶ月分程度の範囲に入る。

個人評価(成績と行動評価)はほとんど加味されない。余程ことがない限り、基準内賃金に対して一律に支給される。

機械製品の製造業のように「〇ヶ月分」に完全固定されている。

勤続年数ごとの年収

旭化成の勤続年数ごとの年収の目安は下記の通り。

  • 新卒採用3年目:450万円
  • 5年目:550万円
  • 7年目:600万円
  • 10年目:700万円
  • 15年目:800万円
  • 20年目:900万円

営業の社員の場合、勤続年数別の年収ベースの金額はこのような感じになる。

参考:【階級別】年収の目安とは!? レベル別に収入を偏差値化してみた!

定期昇給は年1回、個人評価で昇給幅が決定。

とはいえ、年功序列の要素もゼロではない。基本的に年齢が上がるにつれて昇給され、前年比でダウンすることはそうそうない。

なお、有価証券報告書で記載されている平均年収約750万円という金額は、ある程度の役職にならないと実現しない。新卒採用の場合、入社10年以内に到達するのはまず無理だろう。

年齢ごとの年収の目安

旭化成では院卒・大卒・高専卒・高卒を採用する。

クリエイティブスタッフ(総合職)は大卒以上、プロフェッショナルスタッフは高専卒以上。高卒は主に製造現場が中心。

総合職(大卒・院卒)

年収偏差値65

旭化成の大卒・院卒を対象とした総合職の年齢ごとの推定年収は平均で750万円と推定。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-400万円 25-30万円 40-85万円
25-29歳 350-550万円 25-40万円 50-80万円
30-34歳 500-700万円 30-50万円 70-100万円
35-39歳 600-800万円 35-55万円 80-150万円
40-44歳 700-900万円 40-60万円 100-150万円
45-49歳 700-1,000万円 40-60万円 100-200万円
50-54歳 800-1,200万円 45-60万円 150-250万円
55-59歳 800-1,000万円 40-65万円 120-250万円

年齢別では、20代のうちは年収が300~700万円、30代は500~900万円、40代は700~1,000万円、50代は800~1,200万円が相場。

事務職、技術職でも大きな違いはない模様。

年収1,000万円以上に達するのはいずれも共通。どれかの職種が高い・低いとなっているわけではない。

ただし、技術系として採用される理系の大学院卒を対象とする職種のため、平均年収の金額は文系で学部卒が中心の文系よりも高く出る。

いずれも理系の学部学科を出た人を対象としていることもあって、入社人員の多くは修士了以上。

一方、事務職は文系が中心で、学部卒がほとんど。学部卒と院卒では基本給が異なるため、平均年間給与は理系の方が高く出る。

ただし、MR職だけは営業手当が付き、インセンティブも支給されるため、ふつうの事務職よりは平均年収が高め。年間で100万円くらいの差が付くとも言われている。

製造現場(高卒)

年収偏差値60
年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 400-450万円 25-30万円 75-95万円
25-29歳 450-550万円 35-40万円 100-120万円
30-34歳 550-650万円 40-45万円 120-150万円
35-39歳 600-750万円 45-50万円 120-170万円
40-44歳 700-800万円 45-55万円 150-200万円
45-49歳 750-850万円 50-60万円 150-200万円
50-54歳 800-900万円 50-60万円 150-200万円
55-59歳 750-850万円 45-55万円 120-200万円

高卒採用が中心の製造現場の年齢別年収の目安は上記の通り。全体の平均年間給与は650万円程度と推定。

主な仕事内容は製造現場での業務。もちろん、大卒・院卒、高専卒よりは給料体系が安いのは確か。

それでも、世の中全体としては決して低い給料水準ではなく、職場が大手企業ということで世間一般の大卒並みにはなる。

20代で400万円台前半、30代で500~750万円、40代で700~800万円台、50代で800~900万円が平均的な社員の年収。

最終学歴(大卒・院卒)ごとの年収の差

旭化成の最終学歴ごとの平均年収は、院卒では博士了が900万円、修士了が800万円、大卒(学部卒)が700万円、高卒が600万円と推定。

最終学歴だけで初任給が大きく異なる。賞与も基本給を基に計算されるため、それぞれで差が出る。

次に初任給について。入社直後の基本給は最終学歴によって差が見られる。

旭化成の初任給

  • 大学卒:224,210円
  • 院卒(修士了):248,890円
  • 院卒(博士了):291,510円

出典:マイナビ2021「旭化成(株)」

本当の基本給に対する初任給に限ってみれば、旭化成は一般的な企業と大差ない。化学メーカーの中でもほとんど同じ。


広告

おすすめ記事

製薬会社の年収について
業種 会社名
製薬会社 武田薬品工業大塚製薬アステラス製薬第一三共中外製薬エーザイ大日本住友製薬田辺三菱製薬塩野義製薬小野薬品工業参天製薬大正製薬沢井製薬久光製薬ツムラ日本新薬持田製薬
〃(外資) ファイザーアストラゼネカ
化学・素材 三菱ケミカル住友化学旭化成
   

上記では製薬会社各社の平均年収および給料体系について解説。