<制約付>JRきっぷの「乗車後」の変更の可否

乗車後のきっぷの変更

JRきっぷの乗車後(使用開始後)の各種変更の可否について一覧化。未使用状態である乗車前と比べると非常に多くの制約が生じる。

乗車券、特急券を中心にそれぞれどんな場合に限って、どのような内容の変更ができるのか調査。

乗車区間、座席の上位種類への変更ができるくらいに限られる。


乗車後でも変更できる内容

<乗車券・特急券の乗車後でも変更できる内容>

乗車券:乗車区間(料金が安くなる場合の返金は不可)

特急券:上位座席へのアップグレード(下位座席へのダウングレードは不可)

参照:【一覧表】JRきっぷの変更/払い戻しのルールと条件

上記以外の乗車券・特急券の変更は基本的にできない。

このような制約があり、基本的には乗車前かつ有効期間内のみに限ってきっぷの変更ができるのが現状。

乗車券:乗車区間の変更

  • 変更後の運賃が安くなる場合:変更自体は可能だが、過剰徴収分の返金はNG
  • 変更後の運賃が高くなる場合:差額分を支払うだけでOK

>>乗車券の区間変更の可否! 事例ごとに一覧化

変更前と比較して、変更後の運賃が高くなる場合なら乗車開始してからの変更でも差額分のみを支払うことで乗車券の区間変更が可能。

一方でその反対パターンは不都合。変更前よりも変更後の運賃の方が安くなる場合は、差額分は返金されない。したがって、お金が多少無駄になることになる。

なお、乗車券の使用開始後とは、駅の改札に入場した後または電車に乗った後のことを指す。電車には乗っていない場合でも、乗車駅の改札に入った時点で「使用開始後」という扱いになる。

区間変更のルールでは、返金が実施されないという点で注意が必要。

運賃が不足する場合だと、単純に差額分を支払うだけでOKだが、過剰になる事例だと払い戻しそのものが不可のため実質的にNGになる。

乗車予定区間よりも手前で降りる場合が要注意といえる。

特急券:座席変更

特急券では座席変更のうち上位種類へのアップグレードができる。

具体的には以下が挙げられる。

  • 自由席→指定席
  • 自由席→グリーン車(グランクラス含む)
  • 指定席→グリーン車(グランクラス含む)

>>新幹線・特急の乗車後の座席変更の可否!

変更前よりも変更後の座席の方が値段が高くなる場合に限って、差額分を支払うことで変更ができる。

手続きは車掌に申し出ることで可能。

ただし、同一列車かつ空席が残っている場合のみ変更ができる。満席の場合は一切できない。

後続列車に空席があったとしても、乗車後の変更では「同一列車のみ」という条件があるため不可能。

なお、座席番号の変更は原則としてできない。乗車後は事実上は指定された座席にしか座れない。

一方で乗車券のように区間変更を行うことはできない。乗り越し精算こそは可能だが、厳密に言うと区間変更とはやや異なる。

乗車後は絶対「変更」が効かない内容

変更不可

<乗車券・特急券の乗車後で一切変更できない内容>

乗車券:日付の変更(運転見合わせや運休を除く)、払い戻しが必要になる区間変更

特急券:日付の変更、区間の変更、指定列車の変更(運転見合わせや運休を除く)

乗車券、特急券のいずれも使用開始後に当たる乗車後は乗車日の日にちを変更することができない。

有効期間内が当日限りの場合だと、その日のうちに使うしかなく、有効期限切れ後にしようしたいとなると最後同額の料金を支払って買い直さないといけない。

乗車券

乗車券は一旦改札の中に入ると使用開始後になる。入場後の払い戻しは基本的にできないため、乗車日の日付の変更はできない。

ただし、乗車券の場合は片道100km以上(大都市近郊区間のみの利用を除く)であれば有効期限が2日以上である。

料金が高い長距離移動だと、一旦改札を出ても次の日なら利用できる可能性が高い。

このほか、払い戻しが必要になる区間変更もできない。

途中の駅にて残りの部分を乗らなくなったからといって、残りの区間分の払い戻しを受けることはできない。

途中下車の可否に関わらず、お金の払い戻しはいずれでも不可能。

なお、買い間違いの場合なら改札入場後であっても実際に電車に乗ってはいない場合なら、駅係員に相談すると払い戻しが受けられる可能性が高い。

特急券

特急券の使用開始後とは、新幹線・在来線特急でそれぞれ異なる。

新幹線は改札入場後のことを指す、在来線特急は列車に乗車してからのことを指す。

いずれも使用開始後になると変更および払い戻しが受けられないため、日付・乗車区間・指定列車(出発時間)の変更ができない。

一方で在来線改札に入った後の場合、新幹線の乗り換え改札に入る前、在来線特急に乗る前であれば変更や払い戻しの手続きが受けられる。

改札内に「みどりの窓口」がない駅の場合は、在来線改札口に駅係員に特急券の変更・払い戻しの手続きをしたいといえば対応してくれる。


広告

おすすめ記事